鉾建て/曳初め・大船鉾(祇園祭2015)
          
f0155048_23401855.jpg
やっぱり人気は船の鉾。
後祭の主役といえば、唯一の鉾である「大船鉾」ですね。

鉾建ての様子、懸装品装着の様子から曳初めまでをお届けします。






f0155048_23404034.jpg
青空のもと鉾建てが進む大船鉾。
すでに船の形になっていました。


f0155048_23404355.jpg
縄がらみもお見事!


f0155048_23404632.jpg
ほぼ出来ているように見えましたが、ここからが難関!
船の上の唐破風屋根部分など、細かいパーツがいっぱいです。


f0155048_23404832.jpg
縄をまとめる背中。
大船鉾は神功皇后が新羅遠征から凱旋する様子を描いた鉾なのです。
「凱」の文字がとてもカッコイイ!


f0155048_2341528.jpg
翌朝見に行くと、すべての部品が取り付けられ、すっかり船が出来上がっていました。
あとは懸装品を掛けるだけですね。


f0155048_23411480.jpg
懸装品掛ける前は、こんな感じなんですね。


f0155048_23412154.jpg
網代に編んだ部分がなかなかオシャレ。
青空に白木の船体が似合います。


f0155048_23421581.jpg
懸装品を掛ける前にお昼休憩になったようです。
それじゃぁ、と後祭りのお楽しみ、屏風祭をば。


f0155048_23423997.jpg
藤井絞の格子窓の向こうは、ミニチュア北観音山といけ花、そして見事な屏風の世界。


f0155048_23425145.jpg
無名庵もべんがら格子を外して広々と室内を公開されていました。


f0155048_23425417.jpg
ちまきが山積み。


f0155048_2343106.jpg
何とも涼やかなお部屋でした。


f0155048_23433190.jpg
さて、戻ってくると懸装品取り付けが始まっていました。


f0155048_23435919.jpg
今年のトピックスは大船鉾のこの前懸。
昨年、巡行に復活した時は、焼け残った江戸時代の古い前懸を使っていました。
しかし、傷みが激しく、曳初めの時はつけておられましたが、巡行時は取り外しておられました。
これを美しく新調されたんです。


f0155048_234541.jpg
躍動感あふれる龍。
「紅地雲龍青海文綴織」です。
今年はこの真新しい前懸で巡行です。


f0155048_23464239.jpg
車輪の輪留めには「四」をあしらってあります。
これも「凱」と同じく、大船鉾のマーク。


f0155048_23474452.jpg
ほらね、背中に四の文字。
さぁ、大金幣も取り付け完了。いよいよ曳初めです。


f0155048_23483920.jpg
音頭取りさんが乗りました。
一気に観客も色めき立ちます。


f0155048_23521662.jpg
さぁ、動き始めました。
人の波をかき分け、いざ出港!


f0155048_2353284.jpg
昨年もすごかったですが、今年も交差点には人が溢れました。


f0155048_23532797.jpg
いやはや、見事な船出です。



f0155048_2355927.jpg
さぁ、戻ってきましたよ!
大船鉾、バック開始です。


f0155048_23553932.jpg
新町通りは狭いので、ド迫力!


f0155048_23554960.jpg
あっという間に通り過ぎて行きました。
いやぁ、カッコイイ!


f0155048_0243823.jpg
高辻まで行った大船鉾は、再び会所に向けて出発!
ここの曳初めは値打ちがありますね~。
屋根方さんのポーズも決まって、お気に入りの一枚となりました(^-^)。


f0155048_2357573.jpg
さぁ、会所前。
再び勢い良く曳き手さんたちが流れ、大船鉾が姿を表しました。


f0155048_23571567.jpg
曳初めもクライマックス!


f0155048_23573825.jpg
会所に詰めておられた関係者の方々、観客の方々からも大きな拍手が飛びます。


f0155048_2358695.jpg
あ、バックするから今日は楫をつけていないのですね。
刺繍の立派な楫、後で見に行こうっと。


f0155048_2359499.jpg
というわけで、神功皇后のご神体人形や懸装品を鑑賞。
船鉾の黒漆に螺鈿細工の楫もいいですが、この立派な刺繍も見事です。


f0155048_23591493.jpg
曳初めを終えて、堂々たる姿で鎮座した大船鉾。


f0155048_23592222.jpg
傾いたお日様の光が大金幣を煌めかせます。

やっぱり祇園祭といえば、船鉾、大船鉾の存在が大きいですね。
今年も曳初めに参加できて楽しかったです。
by kwc_photo | 2015-07-24 18:12 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/24280834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2015-07-24 18:57
大船鉾の、鉾建てから曳初めまでの臨場感あるいっぱいの報告をありがとうございます。笑顔がもらえて、バグースでしたね。昨年はKatu達が撮影をする頃、雨で諦めて新幹線に乗った馬鹿なアラックです。明日は母の納骨なんですが、一つ良いことがありました、バリ島旅行が一日延びたんです!
Commented by prado9991 at 2015-07-24 23:20
今日はお疲れ様でした。
やっぱり大船鉾は画になりますね。
巡行もどうにか見れて本当に良かったです。
知ちゃんの温かい心遣いに感謝ですね、これからも上七軒をご贔屓に。
Commented by cynchia at 2015-07-25 11:28
おはようございます、素晴らしいですね。
なかなか見れませんので、貴重な写真感謝申し上げ舞ます。
Commented by kurese0535 at 2015-07-25 16:43
こんにちわです。
大船鉾、船型はやはりかっこいいですね。個人的にめっちゃ好きです。
まだ車輪をあの宵山の柵越しにしか観たことないんです。
装飾直前の姿もよいですね。
迫力ある曳き初めのお写真ありがとうございます。
Commented by dejikaji at 2015-07-25 20:08
kwc_photoさん、こんばんはです。
大船鉾に密着されていたんですね(笑
自分は北観音山が好きなのと、天の邪鬼な性格もあって、人気のある大船鉾は余り撮っておりません。
もう二・三年したら、落ち着くでしょうから、その時は密着しようかと思ってます(^_-)-☆
しかし、あの大金幣の存在感は半端ないですね!
それと、車輪止めのくさび、あれ「四」なんですね、何のマークなんやろって思っていて、分かってスッキリしました!
Commented by deepseasons at 2015-07-25 20:11
こんばんは〜
大船鉾の曳きはじめは、2年連続見られなかったなあ。
今年も、こちらで楽しませてもらいました。
細かい骨組、組み立てキットなれば、売れるかもしれませんね。
もしかしたら、もうあるのかなあ〜
Commented by G7_2007 at 2015-07-25 22:18
たしか去年は直前にゲリラ豪雨に見舞われたのに、すごい人出だったのを覚えていますが、
快晴の2年目はとんでもない混雑だったんですね...
四条通りの交差点が無法地帯のようです〜
Commented by pengini at 2015-07-26 15:31
こんにちは。
大船鉾の屋根方さん格好良いですね。
「船」だけあって、保津川下りか嵐山の屋形船の船頭さんみたいに竿なんですね。
祝日なので凄い人ごみですね。
Commented by 市知の客 at 2015-07-26 20:39 x
市知の写真を撮るのはいいのですが、ブログに
載せることを許可した覚えはありません。本人
と客の了承がない写真を勝手に載せると、肖像
権の侵害になります。
早急に削除し、以後無許可で載せないように
警告しておきます。
Commented by kwc_photo at 2015-07-26 22:45
>アラックさん
去年はすごい雨が直前に降りましたからね~。
あの日、京都におられたのでしたね。残念でした。
今年は快晴のもとでの鉾建てと曳初め。気持ち良い
船出でした。
バリ旅行行かれるのですね~!リフレッシュしてきて
くださいね(^-^)
Commented by kwc_photo at 2015-07-26 22:45
>pradoさん
大船鉾の曳初め、今年も見られて良かったです。
巡行も見られないかと諦めていましたが、うまい具合に
見られて良かったです。
市知さん、有りがたかったですね~。
でもお客さまが連れられている時の写真は、舞妓さんだけ
の写真でもアップしないほうがいいですね。
今回、学習しました。
Commented by kwc_photo at 2015-07-26 22:45
>シンシアさん
ありがとうございます。
今年も曳初めが土日に重なりましたので、大船鉾の曳初め
を見てきました。間近で見ると本当にすごい迫力なんですが、
少しでも伝わっていればうれしいです(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2015-07-26 22:45
>kureseさん
懸装品が飾られる前の大船鉾の骨組みもいいですよね。
まだ新しい木の感じも残っています。中身はこうなって
いるんだなぁとシゲシゲと見つめてしまいました。
曳初めは大賑わいですね。狭い通りを駆け抜ける感じで
すごい迫力です。
Commented by kwc_photo at 2015-07-26 22:45
>dejikajiさん
直前までは北も南も鉾建ての様子を見ていたのですが、
曳初めは大船鉾にしぼりました。
やっぱり格好いいですよね。船出、という雰囲気が出て、
曳初めの時は特に注目度が高いです。
車輪止め、あれも格好いいですよね。四条町大船鉾、という
名前から、「四」の文字が採用されているようです。
Commented by kwc_photo at 2015-07-26 22:45
>deepseasonsさん
大船鉾、注目度が高いようで、曳初めの手前の時間帯から
もう会所前はギュウギュウでした。
骨組みはあんなにバラバラになるんですね。もう少し
形のままで保存しているのかと思いましたが、意外でした。
大船鉾のクラフト、あったら人気が出そうですね。
Commented by kwc_photo at 2015-07-26 22:45
>G7さん
昨年は直前がすごい雨でしたね・・・。ある意味思い出深い
曳初めでした。四条通まで出ようとされましたが、人が多くて
断念されてました。今年は最初から四条通手前まで、と決めて
おられたようで、信号もたたまれませんでしたね。
曳き手さんと観客が入り混じり、交差点は人が溢れました。
Commented by kwc_photo at 2015-07-26 22:46
>penginiさん
大船鉾の屋根方さん、こちらを向いて踏ん張っている姿
がとてもキマっていました。
新町通は狭いので、電線が左右に迫ります。上手にあの
竿を使って避けておられました。
Commented by kwc_photo at 2015-07-26 22:46
>市知の客さん
失礼いたしました。写真は削除いたしました。
撮らせていただきありがとうございました。
今後は気をつけます。すみませんでした。
Commented by 市知の客 at 2015-07-27 11:48 x
当方の趣旨を御理解いただき、感謝しております。
今後は花街のルールを御理解いただき、ブログ等
に載せる際は「お花代」を出している人の許可を
とってから載せるようにお願いします。
Commented by kwc_photo at 2015-07-27 12:03
>市知の客さま
こちらこそすみませんでした。理解が足りませんでした。
先般の曳初めの際も撮らせていただいたことに、周りの一同
感謝いたしておりました。撮った写真についてはブログ等への
掲載は控えるように連絡済みです。
またどこかでお会いした際はご挨拶させていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Commented at 2015-08-02 03:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kwc_photo at 2015-08-04 22:58
>鍵コメさん
ありがとうございます。そう言っていただけると救われますm(_ _)m

仕込みさん、少しだけお見かけしたことがあります。
本当に頑張って欲しいですね。お姉さんが偉大だけにプレッシャーも
あるかと思いますが、お屋形の系譜にふさわしい気品を感じましたよ(^-^)。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 後祭・宵々山(祇園祭2015) 方丈庭園・サツキの頃(東福寺) >>