後祭・北観音山/南観音山の山建て(祇園祭2015)
          
f0155048_2326399.jpg
祇園祭も後半戦に突入。
後祭(あとのまつり)の山建てを見学してきました。
町の方々が手際よく山を組み上げていく様は圧巻です。

(※7月19日、20日撮影)






f0155048_23304423.jpg
北観音山の山建てに遭遇。
縄がらみにより組みあがった胴体部分に、長い木材を二本差し込んでいます。


f0155048_23331820.jpg
この二本に斜交いに補強を入れていきます。
縄を掛ける職人さん、カッコイイ!


f0155048_2333333.jpg
作業の間に真木の松を見学。
この松、二本仕入れたものを、北観音山と南観音山の間でくじ引きで選ぶそうです。


f0155048_2333379.jpg
この松の中には、オナガドリが取り付けられるんですよ。
昨年新調されましたのでとても綺麗。
実は、2年前まで、オナガドリは南観音山についていました。江戸時代の絵図が間違っていたと判明。
昨年から新調されたオナガドリを北観音山に、同じく新調された鳩を南観音山に乗せています。



f0155048_23335669.jpg
さて、ここからどうするかというと・・・
太い綱を胴体に絡ませて南北に渡します。


f0155048_23344374.jpg
南側から引っ張って胴体を倒し、北側から支えながら、ゆっくりと着地させます。


f0155048_23355419.jpg
カラフルな北観音山のTシャツのみなさんが、真木の松を担ぎあげました。


f0155048_23362875.jpg
胴体の真木取り付け部分に突入!


f0155048_23364937.jpg
しっかりと固定されました。


f0155048_23382773.jpg
そして、再び立ち上げます。
今度は北側から引っ張りあげ、南側はブレーキ役となります。


f0155048_23384735.jpg
見事青空に高々と松がそびえました。
観客からも拍手が巻き起こりました(^-^)。


f0155048_23423695.jpg
さて、こんな可愛らしいモニュメントを見ながら南下。


f0155048_23424553.jpg
同じように、南観音山でも真木を差し込む作業にかかりました。


f0155048_23432943.jpg
まずは胴体を倒します。
力が入りますね!


f0155048_23451512.jpg
ゆっくりと、ゆっくりと。
設置部分には縄の束が置かれて緩衝材にされていました。


f0155048_23453224.jpg
去年も思いましたが、この背中の「後祭復活」の文字、カッコイイですよね~!


f0155048_23481927.jpg
さて、こちらも真木が差し込まれ、テイクオフ!


f0155048_23482842.jpg
・・・のはずが、ちょっとハプニングが。
支点となっていた軸と胴体をつないでいた縄が緩み、歪んでしまった南観音山。
この後、復旧までに時間を要したため、撮影はここで終了しました。


f0155048_23503184.jpg
しかし!
翌朝出かけてみると、もうすっかり車輪も入って屋根や懸装品がついた南観音山が。
青空をバックに、とても美しい姿を見せてくれています。


f0155048_23512229.jpg
いやぁ、無事立ち上がって良かったですね。
メデタシメデタシ!


f0155048_23521353.jpg
色鮮やかな懸装品も取り付け完了。
ちょっとホッとしましたよ。


f0155048_23522867.jpg
車輪に刻まれた文字も誇らしげですね。


f0155048_23532594.jpg
お次は北観音山。
こちらはこれから車輪が取り付くところでした。
背丈ほどもある車輪を10人以上の大人が運びます。


f0155048_23534429.jpg
取り付け位置にスタンバイ。


f0155048_23541050.jpg
長い木材をつかって、テコの原理で胴体を持ち上げ、車輪をはめ込みます。


f0155048_23543472.jpg
四輪ともこのような形で取り付けられました。


f0155048_2355644.jpg
さぁ、出来上がり!
これまた青空をバックにして、堂々たる威容を誇ります。


f0155048_23553039.jpg
破風下の木彫雲鶴は片岡友輔の作。
いきいきと飛び立つ様子が見事ですね。


f0155048_23561287.jpg
バッチリ出来上がった北観音山。
奇跡的に無人のような写真です。
狭い新町通に建つ姿がいいですね。


f0155048_23563127.jpg
梅雨もあけて、すっかり眩しい夏空に変わった京都。
コンコンチキチンの祇園囃子も、いよいよ聞き納めが近づいていますよ~(^-^)。
by kwc_photo | 2015-07-23 00:24 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(12)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/24277345
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2015-07-25 08:49
タイトル : 祇園祭後祭
今日は京都祇園祭の後祭の日。 鉾町では 数日前から着々と祭りの準備が進められていた。 屏風祭も華やかに 道行く人を楽しませてくれた。 これだけ頑張ったからあとは君に任したよ。 北観音山の松の枝でオナガドリがこくんと頷いた。 ★雲母舟からのお願い ランキングに参加してます。 お気に召したら、クリックしてね♪     ↓ ↓ <a ... more
Commented by pengini at 2015-07-23 03:22
おはようございます。
いよいよ、後祭の更新が始まりましたね。青空の中の山建て、絵になります。
暑い中、職人さんたちは大変ですが・・・。
松坂屋さん跡地も、面影を残す建物でほっと一安心です。
景観規制も大事だけど、鉾町という心意気と、京都を売りに出来るホテルで結実したデザインですね。
おそそわけありがとうございます。
Commented by arak_okano at 2015-07-23 06:53
おながどりの話し、面白いですね、どこで間違えてしまったのでしょう。青空に、後祭の山建て、良いですね、バグースです。大船鉾もお願いします。
Commented by dejikaji at 2015-07-23 07:26
おはようございます。
朝の雨も上がり、気持ちのいい青空の下始まった真木立てでしたが、まさかあんな事が起きるとは思ってもいませんで、驚きましたね〜!
自分たちも含めて、怪我人が出なかったのが、不幸中の幸いでした。
来年からは規制が厳しくなるでしょうね。
Commented by 阿修羅王 at 2015-07-23 22:02 x
making鉾建て、いいですね。
なかなかここまで見られることはありませんから、
興味新々です。
尾長鶏、かわいいですね。なにか言いたげな顔。
Commented by prado9991 at 2015-07-23 22:23
こんばんは
あの時はどうなることかと思いました。
翌日、立派な南観音山は見れてホッとしました。
この日はほんと良い天気で鉾建てには持ってこいの一日でしたね。
暑かったですが、じっくり見れて良かったです。
Commented by kwc_photo at 2015-07-24 21:57
>penginiさん
後祭りの鉾建ても見ることができました~。
前祭と後祭に分かれてから、祇園祭がなが~く楽しめる
ようになった気がします(^-^)。
松坂屋あとのホテルはすっかり馴染んでいますね。
景観保全の意味では100点満点ではないでしょうかね(^-^)
Commented by kwc_photo at 2015-07-24 21:57
>アラックさん
尾長鶏、おもしろいでしょう?
昔の文献等はすべて北観音山に尾長鳥だったようですが、
絵図だけが逆になっていたようで、昨年北観音山と南観音山
が相談されて、文献通りにしよう、ということになった
そうですよ。
大船鉾、まずは曳初めからアップしました~。
Commented by kwc_photo at 2015-07-24 21:57
>dejikajiさん
青空が気持ち良い日でしたね~。
朝の雨は嘘みたいでした(^-^)
あのハプニングはビックリでしたが、雨降って地固まる。
今日は立派に巡行されましたね(^-^)
Commented by kwc_photo at 2015-07-24 21:57
>阿修羅王さん
鉾建て、キッチリアップしてみました。
縄をかけるところから撮れたら完全なメイキングなんですが、
ほぼ胴体が出来てから、の部分になっちゃいました(^-^)
尾長鶏、新しいものになりましたが、バッチリついていましたね。
今朝は鳩も確認できました(^-^)
Commented by kwc_photo at 2015-07-24 21:57
>pradoさん
ホント、ビックリの一瞬でしたが、無事立ち上がっていて
嬉しかったですね。
南観音山の車輪回りの豪華な装飾、好きなんです。
いい天気で鉾建て、曳初めが見られてよかったですよね(^-^)
Commented by kirafune at 2015-07-25 10:59
katsuさんの記事で、南観音山が無事鉾建も完了して
巡行も滞りなく終えられたことを確認でき、ほっとしました。
ハプニングの時はびっくりしましたね。
思わず、隣にいたkatsuさんの腕に
しがみついちゃいました。
その節はお世話になり、ありがとうございました。
楽しかったです。
また、よろしくお願いします。
Commented by kwc_photo at 2015-07-27 12:09
>kirafuneさん
あの日はドタバタと大阪、京都を走りましたね~。
ハプニングもありましたが、すべて無事執り行われまして、
祇園祭もあとは夏越祓を残すのみです。
松が眼前に迫った時は慌てましたね~(^_^;)

また京都に来られた際はお会いしたいですね~(^^)。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 方丈庭園・サツキの頃(東福寺) 廬山寺・桔梗 >>