祇園祭の宵(祇園祭2015)
          
f0155048_10541160.jpg
祇園祭といえば駒形提灯。
これを見ないと盛り上がりませんよね。

各鉾町の宵の光景をお届けします。






f0155048_10551967.jpg
長刀鉾から月鉾からへ移動。
「月」の文字があしらわれた駒形提灯はやっぱり絵になります。


f0155048_10554750.jpg
鶏鉾を経て・・・


f0155048_10555749.jpg
綾傘鉾の会所を通り・・・


f0155048_10562734.jpg
やってきました船鉾!
この鉾、とても人気が高いですよね。
私も好きな鉾のひとつ。


f0155048_10563321.jpg
やっぱりカッコイイなぁ。
船型の鉾は先祭の殿を行くこの船鉾と、昨年復活を果たした後祭の殿の大船鉾の2つ。
いずれも祭神は「神功皇后」。
先祭は神功皇后の出征の様子、後祭は凱旋の様子を表しています。
非常に重要な意味を持つ鉾なのです。


f0155048_1104227.jpg
舳先には「鷁(げき)が。
「檄を飛ばす」の語源となった、とも言われます。何とも雄々しい顔つき。


f0155048_10564688.jpg
船鉾といえば、この可愛らしいちまき売り。


f0155048_1056508.jpg
学年別?でしょうか。
べっぴんさんが揃ってかわいらしい声をかけています。


f0155048_10565687.jpg
「船鉾のちまき、どうですか~」

動画でもお届けしましょう。



f0155048_10565975.jpg
今回、偶然通りかかった会所前。
何やらたくさんの子達が集まっていましたので覗いてみたら・・・
お腹帯売りの唄がはじまりました。めっちゃ可愛らしい!

「安産のお腹帯は~、常はでません、今明晩かぎり。お信心の御方さまは~受けてお帰りなされましょ♪」

そう、船鉾では腹帯が売られるんです。
これは神功皇后が新羅出征の際に誉田別命(のちの応神天皇)を妊娠中で、
凱旋後に無事出産したという説話にちなんでいます。

もちろん動画で(^-^)



f0155048_10574044.jpg
船鉾の懸装品も素晴らしいものです。
前懸は、他の鉾と違い細長いもの。


f0155048_10574353.jpg
私の一番のお気に入りはこの楫(かじ)なんです。
螺鈿細工が本当に美しい。飛龍と荒波が黒漆に青貝螺鈿細工にて描かれています。


f0155048_10574874.jpg
反対側は飛龍が荒波に挑むかのように下を向いています。
素晴らしい逸品。残念ながら雨の巡行時には取り外してありました。


f0155048_111197.jpg
提灯で彩られる船鉾を後にして、岩戸山へ向かいました。


f0155048_1112832.jpg
岩戸山では屏風祭を見学。
江戸時代の見送りと復元新調された見送「日月竜百人唐子図」が展示されていました。


f0155048_1113621.jpg
ミニチュアの岩戸山。
よくできていますね。
ちゃんと車輪の輪留め、カブラもありますね。


f0155048_1058596.jpg
綾傘鉾では祇園囃子が披露されました。


f0155048_1058827.jpg
風流な音色・・・。
暑さも忘れて聞き惚れました。


f0155048_1058266.jpg
独特の旋律は、ずっと耳に残りますね。


こちらも動画でどうぞ。



f0155048_10584591.jpg
さて、お目当てのこれ!
しみだれ豚饅です。
大人気で、今年も1万5千個が売り切れたのだとか。


f0155048_10585640.jpg
このおいしそうな豚饅をみると、そりゃぁ食べたくなりますね。
結構な大きさ、重さでお腹も満足。


f0155048_1059533.jpg
比較的空いていたので、労せずゲット。
美味しゅうございました(^-^)


f0155048_10593172.jpg
豚饅を食べたら放下鉾へ。


f0155048_10593780.jpg
やっぱり逆さミッキーに見えます(笑)


f0155048_11563627.jpg
愛らしいマーク、実は鉾建ての時にこんなところにも見つけていましたよ(^-^)。


f0155048_10595390.jpg
最後は函谷鉾の祇園囃子を聞いてから帰途につきました。

祇園祭の宵は、祇園囃子と可愛らしい売り子さんの声に癒やされますね。
by kwc_photo | 2015-07-18 20:12 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/24260950
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dejikaji at 2015-07-18 20:54
kwc_photoさん、こんばんはです。
宵山の楽しみは色々ありますが、子供達のわらべ歌は何度見ても可愛らしいですよね~♪(●^o^●)
これを聞くとついつい粽買ってしまいそうになります。
駒形提灯、ご時世でLEDになりましたが、あの色合いをもっと電球色に近付けてくれると嬉しいんですがね。
動画、スマホで撮ってますが、やはり一眼の方が綺麗ですね。
でも使った事がないので、分かりません!(汗
Commented by deepseasons at 2015-07-18 21:04
こんばんは~
駒形提灯は、露出補正を間違えば、文字が飛んでしまったりしますが(←これは、私)、
上手く撮られていますね。 流石にシャープな作品ばかりです。
四条通の人混みに嫌気がさして、毎年帰ってきて反省しています(笑)
Commented by prado9991 at 2015-07-18 21:31
こんばんは
僕もこの日は子供の居る風景を狙っていました。
船鉾にこんなにたくさん子供がいたとは思いもよりませんでした。
少子化の中、この風景は貴重な写真となるかもしれませんね。
Commented by G7_2007 at 2015-07-18 21:34
どれも雰囲気バッチリでいいですね...
男の写真はモノクロにするあたりも、グ〜です!!(笑)
Commented by arak_okano at 2015-07-19 03:57
凄いですね、こななにこまやかに描いていただき感謝します。
祇園祭の奥深さをありがとうございます、バグースです。
雨の前祭りでしたが、良かったですね、中止を心配していました。
さあ、後祭りですね、大船鉾を待っていますよ。
Commented by kirafune at 2015-07-19 07:33
おはようございます!
流石に素晴らしく撮られていますね。
動画も嬉しいです。
腹帯の粽売りの歌、初めて聴きました。
貴重な記録ですね。
Commented by kwc_photo at 2015-07-20 00:37
>dejikajiさん
こんばんは~。今日はおつかれさまでした。
宵山といえばわらべ唄。今年もいろいろな出会いがあって
嬉しかったです。船鉾の子達は本当に可愛らしい歌声でした。
提灯の色合い、電球色よりは白いですね。
雰囲気としては、やっぱり温かみのある電球色のほうが
いい感じになりますもんね~。
腹帯売りの唄はひょいと覗きこんだ会所で突然始まったので
一眼での動画です。立体感が出て、ちょっと映画みたいな感じになりますね。
Commented by kwc_photo at 2015-07-20 00:37
>deepseasonsさん
駒形提灯、ホント露出が難しい~!
鉾の中に合わせるのか、提灯に合わせるのか、
それが問題ですね(^-^)。
四条通はスンゴイ人混みでしたので、裏通りばかり
通って帰途につきました。なので月鉾、函谷鉾はついでみたいな
写真になっちゃいました(^_^;)
Commented by kwc_photo at 2015-07-20 00:37
>pradoさん
子供のいる祭りの風景、いいですよね~。
特に鉾町ごとにちまき売り、ローソク売り、腹帯売り
の声が響く宵のうちを歩くのは本当に心地よいです。
女の子があれだけたくさん・・・船鉾は安泰ですね。
婿をとってくだされ~(^-^)
Commented by kwc_photo at 2015-07-20 00:37
>G7さん
ありがとうございます。
男性のシーンはバックに市バスがあったりしたので
(歩行者天国じゃなかったんですよね)モノクロが
似合うかなぁと思ってやってみました(^-^)
Commented by kwc_photo at 2015-07-20 00:37
>アラックさん
宵を楽しむ祇園祭、今年は一回のアップで凝縮です。
お腹帯の唄が本当に可愛らしくて、これだけでも満足して
しまうほど感激でした。
うちの子たちの腹帯に買ってやりたかった(^-^)。
大船鉾、今日鉾建てがほぼ完了。明日が曳初めです。
Commented by kwc_photo at 2015-07-20 00:37
>kirafuneさん
今日はおつかれさまでした~。
大阪、京都、楽しんでいただけましたか(^-^)
祇園祭はまだまだ奥深くて、毎年新たな発見が
あります。お腹帯の唄は映画のワンシーンのようで
引きこまれました~。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 長刀鉾・注連縄切り(祇園祭2015) 長刀鉾・宵(祇園祭2015) >>