長刀鉾懸装品装着(祇園祭2015)
          
f0155048_0174936.jpg
11日に立ち上がった長刀鉾。
翌日には懸装品が装着されていき、完全体になります。

手際よい鉾の懸装品装着の様子をお届けします。






f0155048_0175611.jpg
長刀鉾へ到着。
ちょうど車輪をとりつけるところでした。


f0155048_0175951.jpg
すでに屋根も取り付けられ、長刀鉾の雰囲気は出ていますね。


f0155048_0181156.jpg
正面の屋根裏には、鶴。
松村景文の「金地著彩群鳥図」の一部です。
後ろには孔雀も。


f0155048_0181574.jpg
先ほど取り付けられた車輪を磨いていきます。
くろぐろとした車輪は人の背の高さほどあります。


f0155048_0183211.jpg
青空にそびえる長刀鉾の鉾頭。


f0155048_0361763.jpg
長刀鉾の天王は「和泉小次郎親衡(いずみこじろうちかひら)」。
昭和60年の復元品です。


f0155048_0183526.jpg
鯱はお城のシャチホコとは逆に、外を向いて取り付けられます。


f0155048_018576.jpg
細い棒が何本も登場。


f0155048_0401418.jpg
なるほど、胴懸、見送りなどを掛けるときの枠ですね。
釘を使わず組み上げていく様子はお見事。


f0155048_0184659.jpg
八坂神社の御神紋が現れました。


f0155048_0185158.jpg
懸装品の下に取り付けられる幕なのですね。


f0155048_018556.jpg
角と長辺の中央には紅い帯が懸けられました。


f0155048_019149.jpg
さぁ、前懸が登場です。


f0155048_0192072.jpg
まだ「下着」状態の長刀鉾。
ちょっとレアな姿ですね。


f0155048_019342.jpg
上水引も装着。
いよいよ鉾らしくなってきましたよ。


f0155048_0193714.jpg
友禅染の白孔雀の胴懸が登場。
2006年の新調品です。


f0155048_021124.jpg
しっかりと結んでいきます。


f0155048_0211262.jpg
二番水引。
四神(青龍、朱雀、白虎、玄武)と八珍果(りんご、銀杏、びわ、桃、ざくろ、柿、梨、レイシ)が
刺繡されています。


f0155048_0212128.jpg
綺麗に二番水引がついた後は、下水引。


f0155048_0213130.jpg
上下でしっかり結んで固定します。
おや、高欄の金具が登場。

f0155048_0213829.jpg
これも四隅をはめ込み式で組み立てます。
スライドして・・・


f0155048_0214328.jpg
カチリ。綺麗にはまりました。


f0155048_0214965.jpg
この金具、天保七年の作。
各種動物が描かれている(三十六禽)のですが、こちらの面はなかなかユニーク。
右から、ミミズ、蛇、ナメクジ、クジカ、馬です。
じっくり金具のナメクジを見たのは初めてかも(笑)


f0155048_021586.jpg
お、懸装品取り付けが完了ですね!


f0155048_022775.jpg
青空のもと、見事な姿を表した長刀鉾。午後からの曳初めに備えます。

いよいよですね!盛り上がってきました(^-^)
by kwc_photo | 2015-07-14 07:14 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/24245345
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2015-07-14 08:05
来ましたね、もうバグースです。行きたかったですが、諦めました。今年も楽しみに見させていただきます。
Commented by cynchia at 2015-07-14 08:08
おはようございます、昨日に続き、
ありがとうございます、楽しませていただきます。
Commented by もみぢ at 2015-07-14 09:18 x
ウン?天保7年、思わず調べると179歳でした(笑)
骨組みの全体が先に紹介されているので今までとは違って見えます。
まさに「鉾の着付け」。 毎年、振袖の礼装って感じです! (´∀`=)
連綿と受け継がれる伝統、ここまでのクォリティーは日本の財産ですね。



Commented by kwc_photo at 2015-07-16 23:35
>アラックさん
いよいよ長刀鉾が完成すると、盛り上がりますね。
いい天気のもとでこの勇姿が見られたのが嬉しかったです。
明日は天気どうでしょうか・・・(^_^;)
Commented by kwc_photo at 2015-07-16 23:35
>シンシアさん
ありがとうございます~。
祇園祭、山鉾巡行までの間も見どころがいっぱいなので、
いろいろ楽しんできました。
あらためて奥深い祭りだなぁと思いますね。
Commented by kwc_photo at 2015-07-16 23:35
>もみぢさん
鉾は動く美術館と言われますが、これが組み上がって
行く様子もまた芸術的ですよね。
飾り付けられていく様子は「着付け」に違いないです(^-^)
それに、鉾によっては懸けられる装飾品が年によって
異なるものもありますので、ファッションショー的な
要素もありますね(^-^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< サツキ咲く東福寺界隈 キリシマツツジの庭(曼珠院門跡) >>