鉾建て・月鉾/菊水鉾(祇園祭2015)
          
f0155048_18281992.jpg
11日の鉾建ての様子、続編です。
本日は月鉾と菊水鉾をお届けします。






f0155048_18283859.jpg
長刀鉾が立ち上がったら、次は月鉾へ向かいました。


f0155048_18285328.jpg
月鉾では真木に取り付けられた赤熊の整形中。
飛び出た藁を切っていきます。


f0155048_1829864.jpg
鉾頭のお月様が登場!


f0155048_18292452.jpg
しっかりと取り付けられていきます。
と、そこへ「神様通りま~す!」


f0155048_18294953.jpg
運ばれてきたのはこちら。
元禄五年壬申五月吉日とあります。
1692年・・・徳川綱吉の治世ですね。元禄文化華やかなりし頃
・・・と想像を膨らませると、祇園祭が一層奥深く感じます。


f0155048_18295590.jpg
天王台の前に神棚を置いてご祈祷。


f0155048_1830662.jpg
鍵が手渡され、観音開きの扉が開きました。


f0155048_18301592.jpg
月鉾の天王は月読尊(つきよみのみこと)。
天王台にしっかりと取り付けられました。


f0155048_18301866.jpg
作業時に直接お顔に触れないように、布がかけてあります。


f0155048_18303025.jpg
さぁ、ジャッキに繋がれた綱を荒縄でしっかり固定。
立ち上げが始まります。


f0155048_18305478.jpg
月鉾は祇園祭の山鉾の中でも最もノッポの鉾と言われています。


f0155048_18312142.jpg
さぁ、テイクオフ!
榊の中央に八坂神社の御神紋が翻ります。


f0155048_18313211.jpg
さすがにノッポの月鉾。
真木が長く、グッと反り返ります。


f0155048_18321335.jpg
鉾頭の三日月が空高く登っていきます。


f0155048_18331591.jpg
お日様へ向かって。
何て高い鉾なんでしょう!


f0155048_18335380.jpg
月鉾は、鉾建てにも音頭取りさんが声を張り上げます。
エイヤラヤー!


f0155048_18343945.jpg
バランスを取りながらジャッキを操作。真剣です。


f0155048_18352329.jpg
天高くお月様があがりました。
圧巻の立ち上がりです。


f0155048_18374491.jpg
次にやってきたのは菊水鉾。
鉾頭をこんなに近く見られるのも、鉾建てと解体の時だけです。


f0155048_1838038.jpg
天王人形は既に取り付けられ、布がかぶせてありました。
菊水鉾の天王は彭祖(ほうそ)。中国の伝説の長寿仙人です。


f0155048_18384052.jpg
榊には無数の紙垂が。


f0155048_18384844.jpg
菊水の扁額もこんなに近く見られます。
龍の額縁の意匠が見事。


f0155048_1839182.jpg
最後の仕上げ。
禿柱がしっかりと縄で固定されていきます。


f0155048_18393439.jpg
芸術的な縄のかけ方ですね。


f0155048_18394215.jpg
立ち上げ用の綱がかけられます。


f0155048_18395989.jpg
これは鉾の側面になる部分。
縄のかけ方は雌蝶と呼ばれます。
確かに羽を広げた蝶のようですね。


f0155048_18402862.jpg
鉾の底面。
菊水鉾の真木は鉾のやや後方に固定されていますね。


f0155048_184193.jpg
ここが支点となって鉾が立ち上がります。
横軸の丸太が回るように縄がかけられているのですね。


f0155048_18414438.jpg
真木の上に立った大工方から榊につけられた紙垂の量を見て指示が飛びます。


f0155048_18421544.jpg
町の人だけでなく、一般の観光客にも紙垂が渡され、取り付けに参加できるみたい。


f0155048_18422262.jpg
というわけで、私も一本付けさせてもらいました。

・・・と思ったら、「背が高い人、もっと上の方に足して!」とお願いされ、5~6本お手伝いしました。


f0155048_1843661.jpg
立ち上げ前に、塩と酒でお清めが行われました。


f0155048_18431438.jpg
真木にもお清め。


f0155048_18433988.jpg
天王台にも塩がまかれていました。
菊の御紋が輝いていますね。


f0155048_1844417.jpg
さぁ、ジャッキのワイヤーが綱に取り付けられました。


f0155048_18445462.jpg
真横でギギギ!と鉾が軋む音がひびきました。
さぁ、テイクオフ!


f0155048_18451953.jpg
支点となる丸太を、テコの原理を使って補助します。


f0155048_18453013.jpg
ググっと鉾が持ち上がります。


f0155048_18461882.jpg
扁額の文字が高々と上がっていきます。
あの左側の紙垂の中に、私の取り付けたものがあるんだなぁとしみじみ(^-^)


f0155048_18463861.jpg
鉾の脚が地面につきました。
竹が敷かれて水が撒かれ、滑りが良くなっています。


f0155048_18481270.jpg
一気に立ち上がりました。


f0155048_18482334.jpg
目指す着地点はこのアスファルトに埋め込まれた石。
ドッキング間近です(^-^)


f0155048_18492476.jpg
見事立ち上がった菊水鉾!
堂々たる姿です。


f0155048_18493841.jpg
天王の彭祖のお人形は、両手を広げて何だか楽しそうな姿勢なんですね。


f0155048_18494573.jpg
誇らしげに菊水の扁額が見下ろしていました。

豪快な鉾建て、これも祇園祭の醍醐味ですね。
by kwc_photo | 2015-07-13 12:25 | 京都(Kyoto) | Trackback(4) | Comments(12)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/24240729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ◆Akira's.. at 2015-07-13 21:31
タイトル : 祇園祭2015 鉾建て 〜月鉾(前編)〜
祇園祭2015、鉾建ての3番目は月鉾です。 ここでの狙いは、飾り付けの終わった長〜い鉾を立ち上げるところ...    * 画像クリックで拡大... 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. ...... more
Tracked from ◆Akira's.. at 2015-07-13 21:31
タイトル : 祇園祭2015 鉾建て 〜月鉾(後編)〜
月鉾の立ち上げ、ベストポジションではないけれど、初めて撮ってみました。 そばには顔見知りのブロガーさんがいっぱいでした...(笑)    * 画像クリックで拡大... 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. ...... more
Tracked from ◆Akira's.. at 2015-07-13 21:32
タイトル : 祇園祭2015 鉾建て 〜菊水鉾〜
祇園祭2015、鶏鉾の鉾建ての次は菊水鉾です...    * 画像クリックで拡大... 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. ...... more
Tracked from ぴんぼけふぉとぶろぐ2 at 2015-07-16 00:32
タイトル : 祇園祭2015 山鉾建始まる〜 長刀鉾・月鉾編
 前回に引き続き鉾建ての鉾立てです。撮影日は7月11日です。写真枚数が無駄に多く似たようなものばかりになっています。 函谷鉾を後にして月鉾へ。1.職人の方々が作業中。2.鉾の柱一本に、複雑ですね。3.中心に通らないんですね!初めて知りました。4.5.しなりもすごい。6.7.榊取付中。で、見ていたら立ち上げが始まらずひと休憩時間になったようなのでぶらぶらしたら長刀鉾が始まるところでした。8.四条通りを挟んで撮ってみました。9.そろそろ始まりそうです。10.これがテコの原理となる支点になるようです。11....... more
Commented by kurese0535 at 2015-07-13 13:51
こんにちわです。
月鉾もニアミスしてますね〜。
自分は松竹梅の東側にいました!
あんな状況でもさすが見事にポイントもおさえ撮られてますね!
菊水は見ずに帰りましたので拝見できて嬉しいです。
Commented by cynchia at 2015-07-13 20:33
こんばんは、なかなか見れませんね!
詳しく見せていただき、ありがとうございます。
Commented by G7_2007 at 2015-07-13 21:36
いやぁ、どちらもしっかり撮られてますね...
特に菊水は狭い通りなのに、あちこちからほぼ全過程を撮られているのがすごいです!!
Commented by arak_okano at 2015-07-13 22:01
京都に、祇園祭に、皆さんにバグースです。
アラック、全くお祭り経験がありません。
Commented by prado9991 at 2015-07-13 23:39
こんばんは
細かく撮られてますね。
ご神体、撮っても良いものか迷ってしまいました。
狭い道なので全体的に撮るのは難しいですよね。
部分的に撮るのがここは正解かもしれませんね。
Commented by もみぢ at 2015-07-14 06:10 x
細部もしっかり撮られていて、ヘェ〜・ハァ〜・うわっ!です。
鉾頭がとても美しくて、お饅頭も...(笑)
後半、若い方々の登場で少しひと安心ですが、この縄を作る人や
縄の原料を栽培する人なども後継者が不足しませんように!
T シャツのロゴが横文字の STAFF 、外国人観光客だとお土産に欲しいかも?




Commented by kwc_photo at 2015-07-16 23:27
>kureseさん
あ、やっぱりニアミスでしたよね(笑)
カットがめっちゃ似ているのがありました。
アングルほとんど変わらないなぁって思ってましたよ(^-^)
菊水鉾の鉾建てがなかなか楽しかったので、また来年も
参加させてもらいたいなぁと思ってしまいました。
Commented by kwc_photo at 2015-07-16 23:27
>シンシアさん
鉾建ては初めて見たのですが、なかなか勇壮です。
こんな風にして組みあがり、立ち上げられ、みんなが
お祝いするんだなぁと、改めて「町衆のお祭」を実感
していました(^-^)
Commented by kwc_photo at 2015-07-16 23:27
>G7さん
ありがとうございます~!
菊水鉾はアットホームだったので、鉾への紙垂取り付け
なども参加させてもらい、楽しく撮影させてもらいました。
Commented by kwc_photo at 2015-07-16 23:27
>アラックさん
祇園祭は長く楽しめるので、7月10日頃から24日までは
毎日何かしら行事がありますよ。
ぜひ来年は7月を狙ってきてくださいね。
宵々山あたりからは宿もとれないと思いますが、
ちょっと前なら大丈夫だと思います。
Commented by kwc_photo at 2015-07-16 23:27
>pradoさん
ご神体、いずれは鉾の上で見えているものなので大丈夫
かと思いましたが、取り付けて鉾を立ち上げるまでは
布をかけて、見えないようにしているのが普通のようです。
菊水鉾は細かく取材が出来たので楽しかったです。
紙垂もいっぱいつけさせてもらいましたし(^-^)
Commented by kwc_photo at 2015-07-16 23:27
>もみぢさん
ありがとうございます。
鉾頭、あんなに間近で見たのは初めてですが、
それが高い鉾の上にそびえているのだと思うと
感慨深いですね。
縄のご心配まで・・・ホントですね。
すごい量の縄を使っておられるので、あれがなくなったら
大変!です。
鉾のSTAFFシャツ、私もほしい!(笑)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< キリシマツツジの庭(曼珠院門跡) 沙羅の花と花菖蒲(法金剛院) >>