半夏生(建仁寺塔頭・両足院)
          
f0155048_20544689.jpg
今日は七十二候のひとつ、半夏生(はんげしょうず)。
そして、そこから作られた雑節の暦日、半夏生(はんげしょう)。

そんな日にお届けするのは両足院の半夏生です。

(※6月30日撮影)






f0155048_20551765.jpg
まだ新しい前庭。
苔が青々してて気持ち良いですね。


f0155048_20552518.jpg
閼伽井庭を抜けて書院へ。


f0155048_20562277.jpg
屋根瓦の紋。星月紋です。


f0155048_20571021.jpg
静かに、そして碧く輝くお庭には、真っ白な半夏生。


f0155048_2059814.jpg
落ち着いた空間にしばし息を呑みながら、お庭を楽しみました。


f0155048_20592450.jpg
もう一つの窓でも額縁を。


f0155048_205958100.jpg
でも、やはりこちらですね。
苔も青々していて、艶めいています。


f0155048_2101379.jpg
さぁ、お庭を歩きに行きましょう。


f0155048_21171298.jpg
苔の美しさに感激。



f0155048_21171479.jpg
丸窓から見えるのも緑の世界。


f0155048_21171633.jpg
この蹲、好きなんです。
澄み切ったお水を満々と湛えて、本当に美しい。


f0155048_21174177.jpg
入口が変更になって、見られなくなった光景。
たまたま庭師の方が開けてくださいました。
お!まさかの青空が背後に迫っていようとは・・・(^_^;)


f0155048_211818100.jpg
急いでお茶室へ向かいましょう(笑)
しかし、緑が美しすぎて・・・なかなか進めません。


f0155048_21182254.jpg
お庭が見えてきました。
高いところから見ると・・・
青空が映りこみました(笑)


f0155048_21202528.jpg
しかし美しいお庭です。
半夏生のためにあるかのような。
鶴が翼を広げた姿なんですよ。


f0155048_2120385.jpg
お茶席には着物姿のご婦人が。
今日のお点前をしてくださる裏千家の方々です。


f0155048_21214531.jpg
お茶席の前の踏み石は苔に包まれるように・・・。
踏み外さないように、そっと歩きます。


f0155048_21231860.jpg
いい香りがすると思ったら、クチナシの花が咲いていましたよ。


f0155048_21241025.jpg
半夏生に囲まれる池。
何とか曇ってくれていますので、深い色が出ています。


f0155048_21251029.jpg
さぁ、お茶席へ。
後ろからお二人を撮影させていただきました。
着物姿は絵になります。(※許可をありがとうございました)


f0155048_21265795.jpg
臨池亭から見るお庭。
あ、ちょっと日が差し始めました(^_^;)


f0155048_21271051.jpg
お茶をいただきます。
独占する茶室。静かです~。


f0155048_21275551.jpg
おなじみ、星月紋が入ったおまんじゅう。屋根瓦と同じ紋ですね。
その名も「半夏生」です。


f0155048_21283251.jpg
半分に割ると・・・
うぐいす餡が入ったこの様子、まさに半夏生ですね。


f0155048_21313315.jpg
満開の半夏生。
花は房状になっている、このモジャモジャ部分。
虫に受粉してもらうため、上から3枚くらいの葉が白くなって花のフリをします。


f0155048_21314245.jpg
そんな不思議な植物、半夏生のお庭なんですね。


f0155048_21335141.jpg
緑色だった葉が真っ白に・・・
これが、花の季節が終わると、また緑に戻るというから不思議です。
よく見ると、もう緑に戻りつつある葉も見えますね。


f0155048_213412100.jpg
本当に落ち着いた美しいお庭。
水に映り込む半夏生のラインも綺麗です。


f0155048_21342596.jpg
青空が迫ってきました。
夏空と半夏生も・・・まぁ、いい組み合わせですかね。


f0155048_2135919.jpg
雨も十分降った後。苔の美しさもあって、本当に見事な半夏生の花景色です。


f0155048_21354965.jpg
初夏の旋律。
二本のラインが美しい。


f0155048_21405972.jpg
こちらは亀島。
突き出た岩の部分が亀の頭なんです。


f0155048_2141145.jpg
亀の瀬がこの緑色の苔で包まれた築山。
この日は本当に緑が美しかったです。


f0155048_21363636.jpg
大満喫した、静かな両足院。
今年は白くなり始めた時期が早かったものの、気温が上がりきらなかったお陰で長く楽しめたようです。
by kwc_photo | 2015-07-02 22:44 | 京都(Kyoto) | Trackback(2) | Comments(14)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/24206336
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 京都写真(Kyoto P.. at 2015-07-02 23:02
タイトル : 両足院(建仁寺塔頭)
半夏生咲く両足院へ 順路に沿って進んでいくと、小さな門の向こう側に 見頃を迎えた半夏生が見えてきました。 祇園にあるとは思えないくらいの静けさと美しさ。 半夏生の向こう側には2つのお茶室。 左側が「水月亭」、右側が「臨池亭」。ここからの眺めが好きです。 書院からの眺めも見事の一言。 ここは是非とも正座をして眺めていただきたいですね。 綺麗に手入れされた苔庭と白い半夏生が綺麗です(^^) 先程、見えていたお茶室へ行くと庭園を歩く事が出来ます。 半夏生越...... more
Tracked from Deep Season  at 2015-07-03 10:53
タイトル : 建仁寺塔頭両足院
 雨の中、  曇りの予報だったけど、  すっかり晴れてしまった。  そこで再訪したのが  雨が降りしきる日でした。  清楚な書院前庭に雨が似合います。  降り止まぬ雨の中、庭に出る事が許されました。  臨池亭で雨音を聞きながら  お抹茶をいただく。  至福のひとときです。  白く化粧を施した半夏生に  降る雨粒が見えますか。  閼伽井庭と呼ばれる坪庭、そして  もう一度、書院から庭を眺めました。      今年も、...... more
Commented by prado9991 at 2015-07-02 23:11
こんばんは
平日の特権を最大に活かされていますね。
僕が撮れなかった写真がいっぱい、羨ましい限りです。
額縁も前庭も撮りたかったな~
この種のイベントは土日はダメですね。
Commented by kurese0535 at 2015-07-03 00:40
こんばんわです。
あああ、30日ですか。
この日は天得院さんにいったのですが人だらけでした。
やはり再訪すべきでだったとプチ後悔。
丁度一週間前はだだ混みでお茶席も混雑で庭にでるのは2、30分待ちと・・・。
はあ、平日に行ったのについてないです^^;
Commented by arak_okano at 2015-07-03 06:16
おはようございます、緑の京都をいっぱいありがとうございます。
景色もお菓子の餡も戻りですね、良いですね、バグースです。
アラック、しばらくはおとなしくします。
桔梗も楽しみにしていますね。
Commented by もみぢ at 2015-07-03 09:11 x
葉っぱは ♪ 枯れておしまいよ〜 ではなくて緑に戻るとは!
星月紋「katsu さま 雨が〜 」かと思いましたが、晴れ男さんとはお人違いのようで(笑)
お茶席の、特に左の方の、単衣の着物の季節感が涼しげですね。
Commented by misat at 2015-07-03 12:45 x
この季節の両足院さんが大好きで私も6月にお邪魔していました。
でも土曜日だったせいか人が凄かったです・・。
何故こんなに無人のお写真が撮れるのでしょうか?!羨ましいです^^
半夏生、本当に植物の神秘を感じられますよね。
Commented by deepseasons at 2015-07-03 18:43
こんばんは~
定番の青空も顔を出していますが、全体的にええ感じの抑え目の陽射しですね。
私が行った日にたっぷりと雨が降り、この日も雨が降った後でしょうか。 水分補給した青苔に
半夏生がいきいきしています。 
実は、今日も半夏生を見たのですが、三宅八幡はまだ写真に耐えられる状態、妙満寺前はなんと
ほとんど白くならずに花穂だけが咲ききっていました。
Commented by revoir-dima at 2015-07-03 23:03
両足院の半夏生、私も何年か前に見に行きました。
本当に不思議な植物ですよね~。
これって家で育てるのが本当に難しいとか。
私も浴衣着て、久しぶりに行ってみたくなりました。
Commented by kwc_photo at 2015-07-04 18:46
>pradoさん
この日はラッキーでした~。
10分前には並びましたが、全然誰もいなくて。
係の方と談笑していたら、5分前に開門~!
後にも誰もいなかったので、序盤は急ぐことなく
無人タイムでした。お茶席も私が飲み終わるまでは
誰も来られずで、ノンビリゆったりでした。
ピーク過ぎかと思いましたが、それがまた人が少なかった
要因でしょうから、ありがたかったです(^-^)
Commented by kwc_photo at 2015-07-04 18:46
>kureseさん
30日の朝イチはホントに人が少なくて、10分も無人が
あったら満腹になりました(^-^)
そして、次のお客さんが入ってきたタイミングでお茶席
へ一番乗りしたら、お茶席でもお話が弾んでとても
楽しく過ごせましたよ。
今年はお茶席への入場制限があったので、写真を撮るには
有りがたかったですね。お庭に人があふれることがなかった
です。
Commented by kwc_photo at 2015-07-04 18:46
>アラックさん
緑色の餡で半夏生。本当に洒落ていますよね。
このおまんじゅうたが楽しみで、毎年お茶席は外せません。
例年、同志社や府立大学の茶道部のお茶席にあたって
いましたが、今年は裏千家でした(^-^)
Commented by kwc_photo at 2015-07-04 18:46
>もみぢさん
ふふ、月形半平太は私には演じられそうにはありません(笑)
差し詰め、「Katsu様、また日差しが・・(^_^;)」になって
しまうこと請け合いです(^^ゞ
お茶席のご婦人は本当に良い方でした~。私がおまんじゅうを
撮っていてお茶が少し冷めてしまったでしょう?と、お話を
している間にまた熱めのお薄を持ってきていただきましたよ。
Commented by kwc_photo at 2015-07-04 18:47
>misatさん
土日はすごい人だったようですね。
私は人混みを嫌ってズルズルと・・。気がつけば6月も
末になっていて、あわてて行ってきましたよ。
この日は10時の開門時は私だけ。そして、5分前に入れて
もらえたうえ、後ろから来た次の方は本堂で説明を受けたり
しておられたので、ゆったり一番乗り撮影できました。
そして、お茶室ももちろん一番乗りで。ホントにゆったり
無人撮影でした~(^-^)
Commented by kwc_photo at 2015-07-04 18:47
>deepseasonsさん
ドン曇り・・・だったんです。直前までは。
一度八坂神社で晴れ始めて焦りましたが、また曇り、
開門待ちの間に日差しが差し・・・綱渡りな感じ。
お茶室にいる間は晴れてました(^_^;)
三宅八幡、まだ行けますか~!今日は出張だったので、
明日目指してみましょうかね(^-^)
Commented by kwc_photo at 2015-07-04 18:47
>revoir-dimaさん
半夏生といえば両足院ですよね~。
植物のちえ、というか、ちゃんと花に見せかけるように
白い葉をつけるなんて、とてもクレバー!(^-^)
これだけ美しく見せていただける両足院さんは本当に
丁寧に育てておられますよね。
この日も副住職さんが池に入ってお手入れされていたそうですよ。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< クリンソウ咲く古知谷阿弥陀寺 石光寺・芍薬と牡丹 >>