サツキ咲く芬陀院
          
f0155048_23491273.jpg
サツキの季節はこちらのお寺も花の彩りが美しい。

緑輝く芬陀院。独占させていただきました(^-^)

(※5月23日撮影)






f0155048_23494341.jpg
緑の生け垣、そして苔の美しい玄関先。
芬陀院への参道は端正な佇まいです。
向こうに少しサツキが見えますね。


f0155048_23521694.jpg
お寺に入ると先客がおられましたが、私が入ってすぐに出て行かれました。
おかげで完全独占状態です(^-^)


f0155048_23522520.jpg
こちらの手水鉢には、必ずお花があしらわれています。
涼し気ないけ花に思わずホッコリ。


f0155048_2353818.jpg
サツキの花はまだポツポツ咲きでしたが、見どころは別。
障子の手を掛ける場所は、押し花になった色々な植物の葉が飾られているのです。
こちらは南天でしょうか。


f0155048_23542655.jpg
一つ一つ、貼られている植物が違うので、これだけでも楽しめてしまいます。


f0155048_23545641.jpg
ほら、こんなに障子がありますからね(^-^)。


f0155048_2355766.jpg
もちろん、モミジも貼り込まれています。
おや、こちらのサツキはまずまずいい具合。

f0155048_23561256.jpg
南庭の端のドーナツ型のサツキもいい具合に花が開いていました。


f0155048_23563061.jpg
こちら、南庭は重森三玲が荒廃していた庭を復元させたものですが、
元々は絵師、雪舟が京都で唯一つ手がけたお庭。
これが、芬陀院が「雪舟寺」と呼ばれる所以でもあります。


f0155048_2357444.jpg
茶室の窓が見えました。
芬陀院へ来たら、この茶室に入らずにはいられません。


f0155048_2359350.jpg
その前に茶庭をば。
小さな苔庭ですが、実は結構味があって好きなんです。


f0155048_2359570.jpg
こちらもお茶室。
一輪挿しが何ともシブイ。


f0155048_23591387.jpg
そしてやってきました、メインのお茶室「恵観堂」。


f0155048_23591866.jpg
やはり美しい丸窓からの東庭の光景。
サツキの株が手前と奥に。この一幅の掛軸のような光景に引き込まれます。
ただ、いつもこんなふうにシンメトリーに、真正面から撮ってしまうのですよね。
丸窓の魅力、いや、魔力でしょうか。


f0155048_00229.jpg
なので、今回はこの完璧な丸窓に挑むべく、真円を崩しにかかります。
ふむ、まずまず。


f0155048_004763.jpg
窓は最小限にして、掛け軸風に緑をメインにして切り取る。


f0155048_005675.jpg
あえて円の両端を切る。
うん、キライじゃないです。


f0155048_01399.jpg
でも、やっぱりこの円の持つ力には負けてしまいました。
安定と調和。ここから見える景色が計算され尽くしたお庭。
落ち着いた構図に、まさに「落ち着いて」しまいました。


f0155048_013032.jpg
円の「完璧」に挑むにはまだまだ。もう一度修行しなおしておいで・・・・
ドーナツ型の「円」のサツキに、帰り際にそう笑われたような気がしました(笑)
by kwc_photo | 2015-06-03 23:58 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/24094706
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2015-06-04 06:35
おはようございます。今日も夢の世界をありがとうございます、バグースです。あ、電車、座れないな。
Commented by misat at 2015-06-04 12:46 x
素晴らしいお庭ですね^^
障子も様々に意匠がこらしてあって素敵です。
しかも独占とは、羨ましいです。
丸窓の色々な構図面白いです!
視覚的にはもちろん、その時の気持ちによっても見え方が色々変わってきそうですね。
Commented by kurese0535 at 2015-06-04 23:26
こんばんわです。
ここ、去年に行きましたけどあんまりうまく撮れず。
あと誰もいなさ過ぎで撮っていいのか?と思ってしまいます。
丸窓ベースのお写真たちに、なるほどこう撮るのか〜と
とても勉強になります。
Commented by 阿修羅王 at 2015-06-05 06:52 x
まだ苔が綺麗なときに行かれたんですね。いいなぁ。
開山堂へは行けましたが、方丈もこちらも、
時刻が遅くなって入れずで、機会を逃しました。
う~ん、もう一度行ってみようかな。
Commented by kwc_photo at 2015-06-05 12:20
>アラックさん
サツキといえば、東福寺。東福寺にいったら塔頭も!と
毎年行ってしまう芬陀院さんです。
一度しっかり積もった雪景色が撮りたいなぁ。
Commented by kwc_photo at 2015-06-05 12:20
>misatさん
ここの障子の取手は本当に面白いです。
貼替えもされるので、訪れるたびに変わるのも楽しいです。
こちらは、結構高い確率で独占になりますよ。ゆったりできる
いいお庭です。丸窓の茶室から見える光景、サツキの時は
格別です(^^)。
Commented by kwc_photo at 2015-06-05 12:20
>kureseさん
ゆっくりできますよね~。
鶴亀の庭は、お花が咲いたらちょっと印象がかわりますが、
普段は本当に落ち着いたお庭です。
こちらは障子の取手のところがポイントかなぁと思います
ので、それをアクセントに入れて撮影しています。
丸窓は・・・いつも真正面ばかりだったので、ちょっと
違う構図を試してみました(^^)。
Commented by kwc_photo at 2015-06-05 12:20
>阿修羅王さん
一週間前に訪れました。ちょっとサツキには早めでしたが、
雨の後だったので良かったです。
そして、丸窓からのサツキはちゃんと咲いてくれていましたしね。
今週だったら、まだ行けるかも??ですね。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 普賢象咲く梅宮大社 八重桜咲く頃(同志社大学・平野神社) >>