雪景色の高桐院
          
f0155048_23193832.jpg
この光景もいつかは撮りたかったんです。

雪景色の高桐院、お天気が良すぎましたが、お届けします(^-^)






f0155048_23195853.jpg
晴れ上がった空。
太陽に照らされた雪がどんどん解けていきます。
急がねば~(笑)


f0155048_2320472.jpg
でも、日陰になっている部分はまだまだ大丈夫。
これは期待出来そうですね。


f0155048_23201585.jpg
枝振りの良い松に雪が積もって、いい雰囲気の入口の門。


f0155048_23204026.jpg
おお~、残っていてくれました。
この青竹の上に雪があってくれて良かった。


f0155048_23204390.jpg
淡い雪でしたが、苔にも残っていていい感じ。
京都の雪景色、という感じがします。


f0155048_23205418.jpg
キラリ。お天道さまが狙っています。
もう少し上がってしまうと、全体に日当たりが出てしまうので、早く中へ!


f0155048_2321567.jpg
・・・と、思いますが、なかなかこの入口の風情が良くて、歩みが進みません(笑)


f0155048_23214059.jpg
青空バックに、モミジの木の雪の華が綺麗。


f0155048_23215653.jpg
やっと内門をくぐりました。
さぁ、中へ入らせていただきましょう。


f0155048_23215970.jpg
受付のところからの額縁。
お庭もまだ雪が残っていそうです。良かった~。


f0155048_23222126.jpg
日陰なので十分雪はありました。
おや、右の建物、一部ブルーシートが見えます。なんでしょうね?


f0155048_2323641.jpg
メインの苔庭が見えてきました。
薄くですが、真っ白く染まったお庭。
逸る気持ちを抑えて、額縁で一枚。


f0155048_2323205.jpg
やってきました~!
ちょっと雪の華が寂しいですが、雪の高桐院、初めて撮ることができました。


f0155048_2324225.jpg
外へ出てみると、苔庭は真っ白。
ん、なんだかちょっと物足りないような?


f0155048_232433100.jpg
奥には外庭があります。これも額縁で。


f0155048_23252831.jpg
そして、お庭を歩いてみましょう。
笹の上にも雪が積もっています。


f0155048_2326437.jpg
加藤清正が好んでいたという手水鉢。
いたずらがあって、苔むした風情は失われましたが、また再び自然と一体化しつつあります。
良かった。


f0155048_2327374.jpg
細川ガラシャのお墓にはスイセンがお供えしてありました。
このお墓の墓石に使われているのが、苔庭に立つ「切欠き灯籠」の対となる灯籠です。


f0155048_23275599.jpg
墓所からの出口を額縁に。


f0155048_2328535.jpg
細川三斎が使ったという井戸も雪化粧。


f0155048_23282490.jpg
本堂に戻ってきました。
あ、なるほど、物足りなかったのは緋毛氈でしたか(^-^)


f0155048_23293833.jpg
外庭を巡っている間に、お寺の方が広げてくださったようです。
雪の白に緋毛氈は似合いますね。


f0155048_23301547.jpg
手洗いの方には、ちょっと変形型の華頭窓が。


f0155048_23304495.jpg
華頭窓越しに本堂を眺めてみましたよ。


f0155048_23311679.jpg
お日様が登ってきました。
キラっと光る太陽。そして、雪の華がオレンジ色に輝く、美しい瞬間でした。


f0155048_23312422.jpg
帰り際。ブルーシートのわけが分かりました。
畳の表替えをされていたようで、畳が納品されてきたのです。
見事まっさらの青々とした青畳が並びました。
雪景色にピカピカの青畳。なかなかレアな光景だったかもしれません(^-^)。
by kwc_photo | 2015-03-20 23:51 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/23805522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by prado9991 at 2015-03-21 00:06
こんばんは
なんとか間に合いましたね。
高桐院の雪景色、年に数度なので上手く土日に当たらないと見れませんものね。
近くに住んでる僕も2、3回しか見ていません。
やっぱり、画になりますね、欲を言えば参道にもう少し欲しかったですね。
Commented by arak_okano at 2015-03-21 05:40
素晴らしいですね、参道にうっとり、引きの額縁にうっとり、そして何重にも重なる額縁にもう、眼が点になりました。
もう、たまりませんね、バグースです。
Commented by 阿修羅王 at 2015-03-21 05:52 x
おはようございます。
今シーズンはとうとう機会を逃しました。
折角手に入れた広角なのに・・・
苔や竹林のとの対比が綺麗な雪景色。
雷シーズンはこちらに行かねば。

青畳、ここまでい草の香りが来たような気がしました。
Commented by kwc_photo at 2015-03-21 21:50
>pradoさん
この日はお疲れ様でした。
どうしてもここと瑞峯院は行きたかったので、念願かないました。
今年は土日、土日で雪が降ってくれて良かったですね。
参道の雪景色、これはまた次回の課題とします。お天気が良すぎ
でしたもんね~(^-^)
Commented by kwc_photo at 2015-03-21 21:51
>アラックさん
高桐院の雪景色、やっと撮れました~。
額縁光景がいっぱい。そして、お庭の雪の量もまずまず良かったです。
参道は日当たりがいいので、ちょっと出遅れるとすぐ解け始めていました。
帰りには青竹の上にはまったく雪がなかったです(^^ゞ
Commented by kwc_photo at 2015-03-21 21:51
>阿修羅王さん
私は今シーズン、やっとこさ大徳寺の雪景色にありつきました(笑)
ついつい雪が降ると南を攻めてしまいますので、意外と北に
たどり着かないんです。北に行くときは大原だったり、詩仙堂
だったり(笑)。
なので、今回は絶対大徳寺、と決めて出かけましたよ。

青畳、すっごくいい香りでした(^-^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 有楽椿(等持院) 光明院・雪景色(後編) >>