雲龍院・雪景色(泉涌寺塔頭)
          
f0155048_22113457.jpg
お正月の雪景色、まだとってありました(^-^)
泉涌寺塔頭、雲龍院。
こちらもお花を愛しておられる、大好きなお寺です。

(※1月3日撮影)





f0155048_22122320.jpg
東福寺から歩いて向かった泉涌寺。
降り積もった雪は参道を真っ白に染めていました。


f0155048_22131612.jpg
向かったのは塔頭の雲龍院。
お寺に入る石段は一本だけ足あとが残ります。


f0155048_2216134.jpg
雪かきを控えめにしていただいたのが嬉しい(^-^)
見事な雪景色が境内を彩っていました。
大黒天の幟の赤さがとても印象的。


f0155048_2216717.jpg
睨み龍がお出迎えしてくれました。


f0155048_22162356.jpg
新しい坪庭は、屋根の加減から砂庭に一本の雪ラインができていました。


f0155048_2218671.jpg
まず向かったのは色紙の窓があるお部屋。
開け放たれた扉の向こうは、想像以上の雪景色。
本当にすごい降雪量だったのですね。


f0155048_2219154.jpg
やっぱり閉めさせていただいた引き戸。
色紙の窓に映るのは、雪・雪・雪。


f0155048_22195210.jpg
定位置に移動すると、わたぼうしを被った灯籠が姿を表してくれましたよ(^-^)


f0155048_22253711.jpg
さぁ、次のお部屋へ移動しましょう。
こちらのお庭もふかふかのお布団みたいな雪に覆われていますね。


f0155048_22262053.jpg
やって来ました、この見事なパノラマが楽しめるお部屋。
雪見窓が、本当の雪見窓になった瞬間ですね。


f0155048_22295788.jpg
本当に素晴らしい雪景色。
雲龍院に来て良かった、と思えた光景です。


f0155048_22305929.jpg
窓を開けてみると、屋根から落ちた雪の上に、更に雪が積もって・・・
すごい積雪量になっていました。


f0155048_2231320.jpg
さぁ、次の間へ。
お正月らしく、紅白の水引をかたどったお華の展示が。
この通せんぼがわりに飾られるお華たちも私が雲龍院さんが大好きな理由のひとつです。


f0155048_2232829.jpg
いやはや、すっごい雪です。
青空のもと、一面の雪に包まれたお庭。すべてを白く塗り尽くしていますね。


f0155048_22394872.jpg
悟りの窓の向こうの梅の木も雪の華が咲いています。


f0155048_22395761.jpg
迷いの窓の向こうも雪景色。


f0155048_22424023.jpg
雪に彩られた景色をこの窓越しに見たのは初めて。
本当に嬉しい光景でした。


f0155048_22461577.jpg
緋毛氈と板の間のコントラストが面白かったこの構図。


f0155048_22465292.jpg
雪景色の屏風のようです。


f0155048_22472572.jpg
静かな額縁風景。


f0155048_22503757.jpg
先ほどの板の間と緋毛氈の境目は、2つの部屋の間なのでした。


f0155048_22525265.jpg
お隣の「月窓の間」では、お月様の向こうに雪景色。
香炉も綺麗な逸品でした。


f0155048_2254893.jpg
こちらのお部屋でお茶を頂きました。
このお茶菓子、最高でした。美味しかった~。


f0155048_22541839.jpg
とおせんぼの蝋梅を用いたお華を見て、次へ。


f0155048_22543782.jpg
泉涌寺らしい、菊のご紋をあしらった砂庭のあるお庭。
石灯籠の回りには、綺麗に菊の模様が浮き上がっていましたよ。


f0155048_2255260.jpg
最後に本堂から雪原となった前庭を眺めて、泉涌寺を後にしました。


f0155048_22552541.jpg
帰り道も見事な雪景色。
さぁ、秋の紅葉→雪景色のパターンに続き、今度は雪景色から春景色に変えていきますよ~(^-^)
by kwc_photo | 2015-03-11 23:24 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/23771098
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by G7_2007 at 2015-03-11 23:36
こんばんわ。
雪見窓からの日差しがいい雰囲気ですね...
ここからの春景色、期待いたします〜
Commented by prado9991 at 2015-03-11 23:39
こんばんは
てんこ盛りの雲龍院、そして独占状態の空間、本当に楽しめましたね。
今年はここは必ずと狙っていたんでほんと良い風景にであえて良かったですね。
迷いの窓もほんと画になる風景で素晴らしい風景でした。
悩んだ香炉も良いじゃないですか~。
Commented by arak_okano at 2015-03-12 06:32
これは山門までも大変な雪ですね。しかし、期待通りになりましたね。お見事バグースです。老梅も河津桜も今は満開でしょうか。
Commented by nararanran at 2015-03-12 10:53
パノラマ風景
感無量の思いで拝見させていただきました。
しばし、一緒に佇んでいたかった(^^)
Commented by misat at 2015-03-12 12:37 x
わぁ、美しいですね ^^
やっぱり雪景色も好きです。
このお寺は素敵なお部屋が沢山あって私も好きなお寺です。
雪の菊の御紋もいいですね ^^
春の景色も見せて頂けるのですね。
楽しみにしております。
Commented by kurese0535 at 2015-03-12 13:42
こんにちわです。
雪景色の雲龍院さん、良いですね〜(^^)
しかも独占とは羨ましい限りです。
雪はもう無理でしょうから
次、こちらに行くのはいつがいいでしょうか?
Commented by deepseasons at 2015-03-12 16:40
こんにちは〜
雲龍院の雪景色は、憧れです。
表は陽射しに溶け始めていますが、書院裏は木々にも雪が残り
最高ですね。 坪庭の雪も京都らしく情緒があります。
先日に紅梅を見に寄らせてもらいましたが、閉門前で時間がなく
お薄をいただけませんでした。
本わらびでしょうか? 美味しそうですね。
Commented by cynchia at 2015-03-12 19:34
こんばんは、素晴らしいです。
ありがとうございます。
Commented by 阿修羅王 at 2015-03-12 19:36 x
あの感動が蘇りまする~(^^;)
香炉のすったもんだに、お茶碗のすったもんだ、
苦労しましたが、それもとても楽しい思い出になりました。
それ以上にこちらの雪景色が撮れたのがもっといい記念でした。
Commented by dejikaji at 2015-03-12 20:38
kwc_photoさん、こんばんはです。
泉涌寺からの帰り道でお会いした時のですね~。
あの時無理してでも撮りに行ったら良かったな~と、写真みて今になって後悔しております。
菊のご紋が干菓子に見えちゃいますね(*^_^*)
Commented by mituamikko109 at 2015-03-12 20:53
雲龍院の雪景色、一度は見たいと思っていました。
だって雲龍院まで、行く雪道もすべりそうで怖いですよ。
素晴らしい雪見窓からの風景に感嘆します。
そして、素敵な菊紋のお茶碗と御菓子にグッと引きつられてしまいました。
お茶菓子も、どこのかな?と食い気がいっぱいです^^
Commented by kwc_photo at 2015-03-14 23:19
>G7さん
雪見窓、ここは広々してて本当に見応えがあるんです。
ここで雪が見られたらなぁと思っていたので、念願かないました。
春の花も咲き始めたので、雲龍院へも何度も通う季節がやって
きます(^-^)
Commented by kwc_photo at 2015-03-14 23:19
>pradoさん
雲龍院、雪もたっぷり、そしていろんな光景が楽しめた、まさに
一粒で何度も美味しい感じでしたね。
香炉、思いの外ちゃんと写ってました(笑)
先日撮った悟りの窓の向こうの紅梅とのセットでのアップで、
秋冬セットから冬春セットへの移行です(^-^)
Commented by kwc_photo at 2015-03-14 23:19
>アラックさん
山門から期待が高まる雪景色でした。雪見窓も、悟りの窓・迷いの窓
も本当に感激の雪景色でした。
老梅のはねず梅は3月末頃が満開です。河津はもう数日後から
来週末がきっと綺麗だと思います。
Commented by kwc_photo at 2015-03-14 23:20
>nararanranさん
このパノラマ、最高ですよね~。
秋のライトアップでこの雪見窓を広々と撮らせてもらった時、
本当に雪が見られたら最高だろうなぁと思っていたのです。
東福寺まですごく雪が積もっていたので、これは泉涌寺へ!と
思って出かけましたが大正解でした~!
Commented by kwc_photo at 2015-03-14 23:20
>misatさん
本当に美しい雪景色でした。ここの雪景色は初撮影でしたよ。
お部屋ごとに個性があり、美しい景色があり、楽しいお寺
ですよね~。お華がいけてあるのもうれしい気遣いです。
春景色もこれから何度か通います~(笑)
Commented by kwc_photo at 2015-03-14 23:20
>kureseさん
雪景色の雲龍院は初だったのですよ。この雪なら絶対残ってるはず!
と頑張って歩きました。
雲龍院に向かったのは3人だったのですが、ホント、ほぼ独占でした。
次、行くならもう今週と来週、いやその次の週もいいですよ~。
今週はまだ悟りの窓から紅梅が残ってますし、来週は河津桜と紅梅。
再来週ははねず梅が満開になると思います(^-^)
Commented by kwc_photo at 2015-03-14 23:20
>deepseasonsさん
あの日、車は諦めて電車にのって光明院。そして、東福寺を
経て「泉涌寺まで歩こう!」ということになりました。
ツルッツルの道でしたが、汗ばみながら歩きましたよ(^-^)
お薄、雪中行軍の疲れもあって、迷わずいただいちゃいましたが
これがまた美味しかった~!わらびか葛か・・・多分くず餅で
アンコを包んできな粉をふりかけたお饅頭だと思います。
冷たくて、そしてお薄が温かくて、最高でした。
Commented by kwc_photo at 2015-03-14 23:20
>シンシアさん
ありがとうございます~。
ここの雪景色は初めてでしたが、本当に綺麗でした。
東福寺からすべりながらも頑張って歩いて行った甲斐が
ありましたよ~(^-^)
Commented by kwc_photo at 2015-03-14 23:20
>阿修羅王さん
ホント、あの日はどこへ行っても大当たりな日でしたね。
青空もあり、雪の量もあり。そして美味しいお茶とお饅頭。
香炉はいろいろ試しましたね~(笑)
私の中では、あの雪見窓からの雪景色が眺められたのが
一番の収穫でした。そして、悟りの窓、迷いの窓ですね(^-^)
Commented by kwc_photo at 2015-03-14 23:20
>dejikajiさん
泉涌寺から降りてきたところでお会いしましたね~。
雲龍院まで上がるのは裏からだったのですよ。
お天気が良すぎて、どんどん解けてきていましたが、
雲龍院は日当たりの関係からか、まだ雪は保ってました。
菊の御紋、たしかに干菓子みたい(^-^)
Commented by kwc_photo at 2015-03-14 23:21
>miyakokotoさん
雲龍院の雪景色、念願かないました~。
あの雪見窓からの雪景色、絶対見たいと思っていましたよ。
簡易アイゼンを靴にセットして、ザックザック音を立てての
雪中行軍でした(^-^)
お茶菓子、どこのでしょうかね。葛餅に包まれたアンコ、
そこにきな粉がけ。最高の組み合わせでした(^-^)
温かいお茶に冷たいお餅。また食べたい!です。
Commented by もみぢ at 2015-03-15 01:19 x
雲龍、名からして美味しそうな(笑)
皇室ゆかりとなると菊の御紋に貴人台、畏れ多くて口が腫れそうですが
その黄な粉も宮内庁御用達だったりして。
こうして次々と見せていただくと、灯台下暗し。
近場はいつでも行けると高を括っていたのが危うくなってきました。(´・_・`)
これだけ深雪になると諦めもつきますが、せめて
お薄 + 和菓子 だけでも辿り着けないかと.....(汗・汗)

Commented by kwc_photo at 2015-03-15 10:24
>もみぢさん
雲龍といえば、俵屋さんですね(笑)
雲龍院では雲龍は出てきませんが、出しても面白いかもですね(^-^)
雲龍院、これから河津桜も梅も満開を迎えますので、
ぜひぜひ!そして、4月半ばには海棠桜が丸窓から見えますよ。
これも見事です。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 梅咲く雲龍院(泉涌寺塔頭) 智積院・梅花見 >>