龍吟庵・晩秋(東福寺塔頭)
          
f0155048_2101977.jpg
重森三玲のお庭のある東福寺塔頭・龍吟庵。

散りが楽しめる秋の特別公開、最終盤に出かけてきました。

(※12月1日撮影)





f0155048_2103995.jpg
臥雲橋と同じく、洗玉澗を渡る橋、偃月(えんげつ)橋。
晩秋色が欄干の間を彩ります。


f0155048_2105153.jpg
下をのぞき込むと、何とも見事な散り紅葉。
降りしきる雨のおかげで、どんどん散っています。


f0155048_2111822.jpg
さぁ、龍吟庵へ入らせていただきましょう。


f0155048_2171654.jpg
一番乗りでした。本当に静かな空間が広がります。
竹垣の稲妻が何とも重森三玲らしい遊び心です。

f0155048_2184626.jpg
こちらの龍吟庵の扁額は、室町幕府第三代将軍足利義満の筆によるものなんです。


f0155048_2185219.jpg
この額縁は見事。
紅葉も散りも美しい。


f0155048_21101264.jpg
青石を使ったお庭。
龍吟庵の名前に由来して、雲間に遊ぶ龍を表しています。
奥の竹垣はこちらも稲妻です。


f0155048_2111308.jpg
龍の頭に散りかかる紅葉。


f0155048_21131661.jpg
雨で青石が濡れているのもいい雰囲気に一役買ってくれました。


f0155048_21133584.jpg



f0155048_21135095.jpg
白砂と黒い玉砂利を使って表された雲の躍動感も素晴らしいですね。


f0155048_2113545.jpg
雲間に赤いお星様(^-^)


f0155048_21144183.jpg
こちらのお庭は紅葉が遅いんです。
東福寺全体が終了しかかった頃が見頃になりますね。


f0155048_2119412.jpg
こんな額縁も。


f0155048_21222917.jpg
お、龍の頭がこちらからも見えました。


f0155048_212248100.jpg
突然強く降り始めました。
この雨粒の滴り方ですごい降り方だったことがわかってもらえるかと思います(笑)


f0155048_21225575.jpg
蹲のまわりも散りがどんどん進んでいました。


f0155048_21232445.jpg
東庭は赤い砂を敷き詰めた珍しいお庭。石の配置が面白いですね。


f0155048_21233394.jpg
龍吟庵開山の大明国師が熱病にかかり、もう助からないと山中に打ち捨てられたとき、
6匹の狼が襲い掛かるのを二匹の犬が守ったというエピソードを表しています。
横たわる細長い石が国師、両横の白と黒が犬、回りの左右3つずつが狼。


f0155048_21262334.jpg
最後にもう一度この額縁に戻ってみると、龍が顔を出して別れを告げてくれました(^-^)
また会う日まで。


f0155048_21265389.jpg
龍吟庵の庫裡を振り返ると、紅葉最後の輝きが視界いっぱいに色を散らせてくれました。
by kwc_photo | 2015-02-24 20:53 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/23713169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kurese0535 at 2015-02-25 00:13
こんばんわです。
冬の旅で行きましたが紅葉時にくるとこんな感じなんですね。
やはり、紅葉時に訪れるほうがよいですね。
あと、今年の冬の旅は・・なんとなく撮影禁止もおおく
個人的にいまいちと感じてます^^;
Commented by arak_okano at 2015-02-25 06:33
こちらの紅葉は遅いんですよね、良い具合ですね、バグースです。本当に短い特別拝観ですね。やっぱり京都に住まないと、光明院さんと雲龍院さんと三つをベストは無理だと毎年思いながら新幹線に乗ります。
Commented by kwc_photo at 2015-02-26 21:15
>kureseさん
ここはやっぱり紅葉で来たい場所ですね。
4年前にも来ましたが、11月24日でまだ全然早かったので、
今回は一週間遅らせてみました。ビンゴですね。
冬の旅、一箇所も行ってません。食指が動くものがなくて。
まだ秋を掲載している時点で、冬枯れの庭をアップする余地
もないと思います(^^ゞ
Commented by kwc_photo at 2015-02-26 21:27
>アラックさん
そうなんです。11月末が12月初旬でちょうどいいくらいです。
この日は雨も降って良いタイミングでした。
特別拝観期間は12月の第一週まであるので、晩秋の京都巡り
に12月初旬っていうのもいいですよ~(^-^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 石光寺・春の兆し 隨心院・散り紅葉 >>