晩秋・直指庵
          
f0155048_2227215.jpg
晩秋といえば、直指庵の静かな落葉の光景を見たくなる私です。
そっと仕舞っておきたくなるような光景がいっぱいの直指庵、お届けします。

(※11月30日撮影)






f0155048_22274939.jpg
直指庵に入ると、ピークを迎えた紅葉が出迎えてくれました。


f0155048_2228297.jpg
足元には落葉が敷き詰められています。
真っ赤な絨毯ですね。


f0155048_22354652.jpg
まだまだ鮮やかな紅葉がたくさん。
期待に胸をふくらませて進みます。


f0155048_2228428.jpg
本堂へ向かう石段の前にも見事な紅葉!


f0155048_22282422.jpg
お気に入りの場所。
真っ赤になる紅葉の足元には、愛逢い地蔵さん。


f0155048_22283159.jpg
紅葉に埋もれる蹲には、白い山茶花が。
紅白で素敵です。


f0155048_22284244.jpg
ハラリハラリと紅葉が落ちてきます。
まさに命を燃やし尽くすような、そんな美しさの木。


f0155048_22284484.jpg
色が混じりあい、何とも美しい紅葉の屋根が出来上がっていました。


f0155048_2229127.jpg
山茶花咲く石段は紅葉に彩られています。
登って行きましょう。


f0155048_22291293.jpg
石段上では青空をバックに、燃えるような紅葉が待っていてくれました。


f0155048_22291793.jpg
足元には散ったばかりの紅葉。
ああ、この晩秋光景は毎年見たくなる美しさです。


f0155048_22294444.jpg
再び本堂前へ。
ちょっと日差しが和らぎました。コントラストが少し押さえられて、鮮やかさが増しました。


f0155048_2230337.jpg
さぁ、本堂へ。
本堂内は撮影禁止ですが、外を向いての撮影は可となりました。


f0155048_2230646.jpg
タテで額縁光景を撮っていたら、あら。
蹲が見えますね。


f0155048_22303021.jpg
こちらは山茶花とともに、センリョウ、紅葉が。
このお心遣いはうれしいですね(^-^)


f0155048_22311919.jpg
隣の茶庭は苔と羊歯で青々。
蹲には白い山茶花が一輪。シブイなぁ~。


f0155048_22313561.jpg
再び外へ。
池の上にも散りかかる真っ赤な紅葉。


f0155048_22315219.jpg
道場へ向かいます。
鮮やかな紅葉越しに見えるのは、吹き替えが終わった真新しい道場の茅葺き屋根。


f0155048_22321112.jpg
道場前のお庭も晩秋の様相。


f0155048_22322584.jpg
左の木が真っ赤な頃も綺麗なんですよ(^-^)


f0155048_22335736.jpg
道場の縁側からは、素敵な鉢アート。


f0155048_2234450.jpg



f0155048_22341112.jpg
センスが光りますね。
嬉しい展示です。


f0155048_2235044.jpg
さぁ、そろそろお暇しましょう。
見下ろす紅葉も素晴らしいです。


f0155048_22351419.jpg
傾いた日を浴びて、紅葉もキラキラ。


f0155048_2235366.jpg
大きな石灯籠越しに、もう一度本堂の方を仰ぎ見て、直指庵を後にしました。
by kwc_photo | 2015-02-16 22:02 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/23677369
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2015-02-17 00:25
タイトル : 嵯峨野晩秋Ⅱ
見納めの秋。 晩秋の色は夢か幻か。 嵯峨の弁天さんで敷紅葉の上を進むと、 苔むしたつくばいに水音だけが響いていた。 嵯峨野の秋が波紋とともに深まってゆく。 護法堂弁財天から歩いて大覚寺さんへ。 大沢池の周囲をぐるり取り囲む赤い並木道を、大好きな仲間たちとそぞろ歩く。 打ち捨てられた一艘の舟を秋の陽が照らしていた。 嵯峨野の野辺はおおらかだ。 農家の方が育てているコスモスや まるっこい茄子が道端を彩っていた。 北嵯峨の奥にある...... more
Commented by deepseasons at 2015-02-16 22:38
こんばんは~
見事な発色です。 散りが美しすぎます。
何回か行かれたんですか。 ベストタイミングで撮られていますね。
昨シーズンは足を運べなかったけど、おもてなし溢れる蹲も見させてもらい、
訪れたくなりました。
Commented by kirafune at 2015-02-17 00:23
こんばんは!
11月30日。
同じ日に撮影されていますね。
散りが本当に見事な北嵯峨の秋でした。
晴れると、紅葉の色がひときわ鮮やかに照りますね。
手水鉢に映る紅葉も見事です。
TBさせてください。
よろしくお願いします。
Commented by arak_okano at 2015-02-17 07:45
素晴らしい色になりましたね、こんな景色に出くわしたら泣いてしまいますよ、バグースです。
Commented by もみぢ at 2015-02-17 09:52 x
最初のは補色もアースカラーで秋も深まってきましたね。
水盤の山茶花、花より男子? い~え、団子の目には
どれも主菓子に見えて.....お相伴いたします(笑)
青々とした茶庭は実際より青寄りでしょうか?
ヨーロッパの童話か物語が始まりそうなロマンチックさです ☆☆☆
Commented by youpv at 2015-02-17 10:29
おはようございます~。
私も2回訪れましたが、ここは毎年綺麗に
色づいてくれますよね(^^)
見事な風景に魅了されるばかりでしたよ(^^)
Commented by kwc_photo at 2015-02-17 22:23
>deepseasonsさん
今年はこの一回きりでしたが、バッチリビンゴでした。
11月末の嵯峨野はあまり外すことがないので安心です(笑)
蹲も綺麗にされていますし、道場の鉢の展示もなかなか
オシャレです。直指庵、大好きです(^-^)
Commented by kwc_photo at 2015-02-17 22:23
>kirafuneさん
11月30日、あの宝筐院の後です。
落葉狙いでしたが、バッチリあたりました。
29日の雨が良かったみたいですね。30日もいずこも
素晴らしい雰囲気になってくれていました。
宝筐院が一番散りすぎてて寂しかったくらいです(笑)
TBありがとうございました。こちらからもさせてもらいますね~。
Commented by kwc_photo at 2015-02-17 22:23
>アラックさん
本当に綺麗な紅葉でした。散りと両方見られると贅沢な気分
になれますね。
11月末がおすすめですよ~。
それほど人も多くなかったので良かったです(^-^)
Commented by kwc_photo at 2015-02-17 22:24
>もみぢさん
アースカラーの補色、ですね、たしかに(^-^)
水盤に浮かべた山茶花は、確かに美味しそうにみえますね。
彩りもよし、まるでゼリーみたいに(笑)
苔の茶庭は、日陰なのでちょっと青が強めに出てるかもですね。
直指庵はロマンチストが集まるようで、訪れた方が書き記す
ノートがいっぱい溜まってて、見ることもできますよ(^-^)
Commented by kwc_photo at 2015-02-17 22:24
>youpvさん
直指庵は散り紅葉を楽しみにしている場所の一つですね。
今年はこの一回きりでしたが、いい感じに散ってくれて
いました。ちょっと光線がキツかったですが、それも
また出会いですね(^-^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< Valentine's... 北野天満宮・豆まき(上七軒・尚... >>