プロローグ・大原雪景色
          
f0155048_2350668.jpg
12日はグッと冷え込みました。
朝のライブカメラでの情報収集で、市内北部に積雪!慌てて走りました。
向かうは高雄か、大原か・・・
悩みましたが、写友のアドバイスもあって大原を選択!結果、大正解!
たくさん撮ってきましたが、現像が追いつきません。まずは序章のみをば(^^ゞ






f0155048_23501033.jpg
三千院へ続く道すがら。
朝日が差した樹氷があまりにも美しく、車を停めました。


f0155048_23501324.jpg
木々も屋根も雪化粧。
ミツマタの木はモコモコっと雪を蓄えています。


f0155048_23502624.jpg
川沿いの木々のこの繊細な雪コーティング。
素晴らしい造形美です。


f0155048_23503486.jpg
長く続く樹氷ロード。素晴らしい眺めです。

道路はこんな感じでしたので、普通に車で上がりましたが・・・

後に大雪が降り始め、一気にジュルジュルシャーベット状に。
4WDにシフトチェンジし、時速5Kmのエンジンブレーキのみの速度で下ることになりました(;´Д`)


f0155048_23514627.jpg
こちらは帰り道の大原念仏寺。
すごい雪が降ってきていました。
しめ飾りのある朱の門の向こうには・・・


f0155048_23515386.jpg
わたぼうしを被ったお地蔵様がいっぱい並んでいましたよ(^-^)


f0155048_23504354.jpg
ガレージに到着。
この時点では青空が広がり、一面雪化粧をした大原の集落の景色が楽しめました。


f0155048_235285.jpg
律川にかかる末明橋。
モノクロームな世界の中、朱色が鮮やかです。

f0155048_23505331.jpg
そして実光院前。
覆いかぶさる樹氷が素敵です。


f0155048_2351666.jpg



f0155048_23512483.jpg
再び末明橋から三千院方面。

この日の大原の美しさが垣間見えるプロローグとなりましたでしょうか(^-^)
by kwc_photo | 2015-01-14 00:09 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/23550169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kurese0535 at 2015-01-14 00:41
こんばんわです。
あああ、実光院前のお写真。
橋と実光院の間の道階段・・
去年滑ってコロンで肋にヒビいった場所が!!
階段の角に直撃でした、痛い思い出です(笑)
大原、見事な雪景色です、山が美しいですね。
羨ましいです。
Commented by ふっくら at 2015-01-14 01:31 x
今年も相変わらずフットワークが軽いですね。
見事な大原の雪景色、真っ白な世界に朱色の橋がとっても印象的です。
次回からどんな風景が始まるのか楽しみです。
Commented by 阿修羅王 at 2015-01-14 05:58 x
おはようございます。
随分と晴れ間も出たんですね。
雪景色と相まって、良い景色だこと。
そんなんだったら私もこっちにすればよかったかなぁ、と
ちょっと残念です。
高雄と悩んだんですがもう時刻が遅かったので、
敢えて違うところに。昨年大原は撮っていたのでね。
さあ、続きが楽しみです。私は時系列で行きます。
Commented by arak_okano at 2015-01-14 06:32
見事に一面が雪の大原の里ですね、赤や朱色が効いていますね。雪がふると固まってしまうアラックと違い素早い行動のKWCさんにバグースです。
Commented by lecouple at 2015-01-14 06:50 x
おはようございます。
青空と雪が見事なコントラストを作っていますね。
書かれている文面からも満足感が溢れています。^-^v
Commented by youpv at 2015-01-14 14:02
こんにちは~。
今回は大原で大正解でしたね。
貴船も凄かったですが、
それ以上に積もっていました。

嬉しい誤算でした(^^)
Commented by misat at 2015-01-14 14:23 x
お地蔵様の写真、絵本に出てくる様な風景でとってもいいですね!!
今週末、京都にお邪魔して大原にも行く予定にしているのですが、雪が残ってくれてたら嬉しいです ^^
Commented by miyakokoto at 2015-01-14 18:17
京都も原風景が残って居ますネ
神社仏閣に目が行きますが素晴らしい光景です。
雪が無くても行かれないのに雪景色を魅せて頂き
有り難うございます。
Commented by deepseasons at 2015-01-14 18:52
こんばんは~
先日はお疲れ様でした。
参道で雪でコーティングされた草木を見ているだけでも、テンションあがってきますね。
しかも、青空や更に降りしきる雪と変化に富んでいます。
私は、今シーズンは大原に雪すら見られていません~
Commented by kwc_photo at 2015-01-14 21:31

>kureseさん

実光院前で転んで肋骨にヒビ。いたい〜!

私も2日の雪で転びました。車から出て二歩で(汗)

尻餅ですんでよかったです。

大原、朝起きるのが少し遅れたので、出遅れたかと思いましたが、

三千院の開門にギリギリ間に合いましたのでよかったです。
Commented by kwc_photo at 2015-01-14 21:32
>ふっくらさん

えへへ。ありがとうございます。
雪予報は意識していたのですが、前日の撮影と現像で2時まで起きてた
ので、朝は寝過ごして7時過ぎでした(汗)
三千院が9時開門になったんで、ギリギリ間に合いましたよ。

そういえば一休寺の続編もまだアップしてない!がんばります(笑)
Commented by kwc_photo at 2015-01-14 21:33
>阿修羅王さん
そうなんです。青空が出てきたので、3日の再来かと思っていたら、
勝林院ではかなり降ってきてびっくり。
見ている間に積もりましたので、慌てて坂を下りました。
車が滑ったらコトですからね〜。
でも、367が大丈夫だったので、寂光院も行っちゃいました(笑)
Commented by kwc_photo at 2015-01-14 21:33
>アラックさん
大原、行ってビックリのすばらしい景色でした。
ライブカメラで積もっているのは確認したのですが、ここまで
きれいになっているとは思いませんでしたよ。
ちょっと寝過ごした感があったのですが、間に合ってよかったです。
Commented by kwc_photo at 2015-01-14 21:33
>lecoupleさん
青空が出たんですよ〜。
なので、また正月の再来か、と慌てましたが、今度は逆。
10時過ぎから大雪になりました。
慌てて坂を下りましたが、八瀬まできたらまた晴れ。
天気に翻弄されましたよ(笑)
Commented by kwc_photo at 2015-01-14 21:33
>youpvさん
大原、大正解でした。高雄と迷いましたが、やっぱり東側が当たりですね。
でも、西側も捨て難いので、次回は西側にも積もってくれないかなぁ〜。
大原野神社〜勝持寺あたりの雪景色が撮りたいです。
Commented by kwc_photo at 2015-01-14 21:34
>misatさん
お地蔵様の写真、私も大雪の中で撮った一枚としてはとても
気に入っています。絵本かぁ、なるほど、そうですね(^^)
今週末は大原予定ですか。寒い日が続けば雪も残っているでしょうし、
もしかすると週末の雨予報は、大原じゃ雪かも?です。
そうだといいですね。
Commented by kwc_photo at 2015-01-14 21:34
>miyakokotoさん
大原の景色はたしかに京都の原風景ですね。
山も畑も家の屋根も雪化粧した集落を上から眺めるのはなかなか
気持ちよかったです。
雪景色の大原、何時撮れるかなぁと思っていたので、1月に
早々と撮影できてよかったです(^^)
Commented by kwc_photo at 2015-01-14 21:34
>deepseasonsさん
昨日はおつかれさまでした〜。
雪撮影で疲れた後の昨日でしたが、寒さと待機のツラさでいうと
昨日の方がツラいですね(笑)
今年はうまい具合に休みの日に雪が当たります。
またきっと当たりますよ(^^)
Commented by もみぢ at 2015-01-15 00:35 x
お顔を描きたくなるような、お地蔵さまの綿帽子。
笑顔はもちろん、、、ですね (笑)
舞っている雪も不思議と寒さを忘れそうです♪

Commented by kwc_photo at 2015-01-15 00:41
>もみぢさん
お地蔵様のわたぼうし、すごく積もっててロシアの帽子みたいですよね(笑)
どちらがお顔がわからなくなるくらいの大きさ。確かにニコニコマークが書きたくなります(^-^)
私、寒いのは苦手なんですが、雪が降ると走り回りたくなります(笑)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 金蔵寺・錦秋 十日ゑびす・残り福(祇園甲部・... >>