まねきの簪(叶笑さん、富久春さん、紗月さん、亜矢子さん、知余子さん、まめ藤さん、佳つ扇さん)
          
f0155048_22571092.jpg
今日は2014年の舞妓さん記事の最終アップです。

京料理展示大会で祇園東のお二人の舞を見てきました。
式包丁の披露の様子、そして、最後に12月の「まねきの簪」特集をお送りします。




f0155048_22574127.jpg
まずは生間流式包丁のシーンから。
初めてみましたが、素手で魚を触ることなく捌いていかれます。
「見せる」包丁さばきですね。


f0155048_2259512.jpg
鯉は背を残して3つに切られました。


f0155048_2259922.jpg
そして、胴の身だけが三枚におろされ、さらに開かれます。


f0155048_22591757.jpg
なんと、あっという間にこんな飾り切りに!


f0155048_22593530.jpg
「神巌の鯉」お見事でした。


f0155048_230153.jpg
次は鯛です。


f0155048_2302045.jpg
包丁だけで三枚におろされて・・・


f0155048_2302285.jpg
ヒレを藻に見立て、そこを泳ぐ鯛を表します。
これが「藻がくれの鯛」です。


f0155048_2303868.jpg
さぁ、次は舞妓のお二人の出番です。
まずは「京の四季」から。


f0155048_2312443.jpg
祇園東の藤間流では、可愛らしい笠をもって舞われるのですね。


f0155048_231281.jpg
富久春さん、昨年の神宮道商店街で舞を拝見して以来です(^-^)
あ、祇園をどりは見せていただきましたね。


f0155048_2313693.jpg
叶笑さんの舞はやっぱりお姉さんらしく、しっかり腰の座った落ち着きがあります。


f0155048_2314267.jpg
おや、富久春さん、もうおふくを結っておられたのですね。


f0155048_2315574.jpg
二人の舞は、こういう掛け合いのシーンも素敵です。


f0155048_2322828.jpg
花笠をもって舞われる様子に魅了されました。


f0155048_234567.jpg
次は「祇園小唄」。
叶笑さん、お着物の色もいいですね~。


f0155048_23154961.jpg
富久春さん、目ヂカラあります(^-^)


f0155048_23191032.jpg
私にしては珍しくですが、ちょっと前衛的に水平を崩してみました。


f0155048_23194941.jpg
祇園小唄の名シーン。


f0155048_231925100.jpg
私、このポーズが好きなんです。
祇園小唄のクライマックス、と思ってます(^-^)


f0155048_23191975.jpg
息のあった、美しい舞を年末に楽しませていただきました。


f0155048_2320638.jpg
さて、12月といえばこの「まねきの簪」。
京都南座で行われる、「吉例顔見世興行」のまねきを模した簪は、
総見の際にご贔屓の役者さんに実際にサインしてもらわれるんです。
富久春さんは仁左衛門さんと藤十郎さん。


f0155048_23201348.jpg
おや、叶笑さんも同じでしたね。


f0155048_2323726.jpg
まめ藤さんは何と3つもまねきが!
仁左衛門さんと藤十郎さんは上のお二人と一緒でしたが、
中村壱太郎(かずたろう)さんからもサインをもらわれたんですね。


f0155048_23231318.jpg
知余子さんは勘九郎さんと七之助さん。
えくぼが素敵な舞妓さんです。


f0155048_23232442.jpg
亜矢子さんは仁左衛門さんと勘九郎さん。


f0155048_23233072.jpg
佳つ扇さんは仁左衛門さんと友右衛門さん。


f0155048_23234066.jpg
紗月さんは幸四郎さんと七之助さんでした。

こうやって見ると、仁左衛門さんが人気!ですね。


f0155048_23364915.jpg
これが本物の「まねき」です。
年末を迎え、顔見世興行も26日で千秋楽を迎えたので、南座のまねきも取り外されました。

さぁ、明日は大晦日ですね。明日も欠かさず記事書きますよ~(笑)
by kwc_photo | 2014-12-30 22:51 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/23495370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 阿修羅王 at 2014-12-31 07:10 x
おはようございます。
この日程はタイミングが悪かったです。
行きたかったなぁ。49日の法事は欠席するわけにはいかないし。
皆さんのところでたくさん拝見できたのでよしとします。
でも顔なじみの舞妓たちに逢いたかったなぁ(泣;

さて、今年もたくさん御世話になりました。
ありがとうございます。
来年もどうかよろしゅうおたの申します。
元旦寒波の雪が微妙です。どうしたものかと思案中。
Commented by cynchia at 2014-12-31 09:21
おはようございます、始めて見ました、
今日ラスト、何が登場するか楽しみです。
Commented by kurese0535 at 2014-12-31 12:26
こんにちわです。
料理の鉄人かと思いました(^^)
こんなイベントだったんですね〜♪
舞妓さんの舞も拝見できて嬉しいです。
Commented by arak_okano at 2014-12-31 14:03
2014年も本当にありがとうございました。
いつも、勝手にメールをしてばかりなのに、
親切に連絡を頂き感謝ばかりです。
2015年も勝手なアラックをお許しください。
それでは、良いお年をお迎えくださいませ。
Commented by deepseasons at 2014-12-31 17:29
こんばんは~
年の瀬も多くの舞妓ちゃんに出会えたようで羨ましい限りです。
今年もいろいろとお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。
Commented by kwc_photo at 2014-12-31 20:27
>阿修羅王さん
13日はご家庭のほうで法事があったのですね。
この日は事始めで甲部・上七軒、こちらの京料理展示大会
で東の舞妓さんにあえた、「舞妓デー」でしたよ(笑)

元旦寒波、2日に期待、ですかね。
明日の朝は、なんとなくまだのように思います。

それでは、良いお年をお迎えください(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-12-31 20:27
>シンシアさん
私も式包丁は初見でした~。儀式として魚を捌くって
なかなか格好いいものですね。
今日はやっぱり・・・除夜の鐘でした(^-^)
試し撞きの様子をお届けします。
Commented by kwc_photo at 2014-12-31 20:27
>kureseさん
ホント、料理の鉄人的なパフォーマンスでした。
ポーズがバチッと決まるところがかっこいいですね。
捌き方で名前がついているなんて知りませんでしたよ。
舞妓さんは今年はたくさんお会いできていい年でした(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-12-31 20:27
>アラックさん
いえいえ、京都を愛してくださるアラックさん、応援させて
いただきます(^-^)
2015年もがんばって京都通いしてくださいね。
良いお年を~!
Commented by kwc_photo at 2014-12-31 20:27
>deepseasonsさん
年の瀬にたくさん夢をみせていただきました。
式包丁は初めて見ましたが、なかなかのパフォーマンス
ですね。翌日も行こうかと思いましたが、さすがに
年の瀬、やめておきました(笑)

良いお年をお迎えくださいね~(^-^)
Commented at 2015-07-26 08:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kwc_photo at 2015-07-26 11:47
>鍵コメさん
おおおおっ、そんな(深)ヨミができますか(^^)
黒主山からの超飛躍ですが、さもありなんですね。
いや、まだまだ藤ちゃんには頑張ってもらわねば(笑)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 除夜の鐘(知恩院) 虹色・瑠璃光院 >>