護法堂弁財天・彩りの秋
          
f0155048_22113485.jpg
静かな静かなお堂。
護法堂弁財天はまさに彩りの秋でした。

(※11月23日、30日撮影)





f0155048_22115141.jpg
立ち寄った鳥居本。
平野屋さんの上の紅葉は終盤ながら見事な色を見せてくれました。


f0155048_2212951.jpg
見下ろす紅葉もいいものです。


f0155048_22123944.jpg
つたやさんの茅葺き屋根をバックに、紅葉の輝きが楽しめました。


f0155048_2213836.jpg
そしてやってきたのが護法堂弁財天。
真っ赤に黄色、オレンジ・・・彩りにあふれる境内に感激です。


f0155048_2215817.jpg
見てください、この鮮やかさ!


f0155048_221657.jpg
グッと上を見上げてみると、真っ赤な紅葉が屋根のように。


f0155048_22161672.jpg
枝の下に入ると、真っ赤な紅葉の滝が楽しめます。


f0155048_22162232.jpg
この日の蹲はこんな感じ。
苔むした上に赤い葉っぱ。可愛らしいですね。


f0155048_22164250.jpg
次に訪れたのは一週間後。
真っ赤が散り始めていました。下は赤い絨毯です。


f0155048_22164833.jpg
石段は落葉の彩りでうめつくされています。


f0155048_2217939.jpg
そして・・・待ってました!
この光景が見たかったのです(^-^)


f0155048_22171876.jpg
もみじが散りばめられた蹲。
なんて可愛らしいんでしょうかね(^-^)


f0155048_22174960.jpg
下の池まで紅葉の落葉で綺麗に飾られていました。


f0155048_2218893.jpg
手水鉢の方は、大ぶりの真っ赤と黄色が彩りを添えていましたよ。

やっぱり素敵な護法堂弁財天。
静かに静かに時が流れていく、不思議な場所です(^-^)。
by kwc_photo | 2014-12-09 23:06 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/23413616
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by prado9991 at 2014-12-10 00:33
こんばんは
ここもだんだん有名になってきましたね。
ここの雰囲気は凄く好きなんです、撮影ポジションは少ないですが上手く切り取られていますね。
蹲も華やかで綺麗ですね(笑)
Commented by ei5184 at 2014-12-10 04:49
私は少し早すぎて、染まりかけた時でした。
散紅葉もいい雰囲気です!
Commented by arak_okano at 2014-12-10 06:54
今年も有り難うございます、一週間の素晴らしい変化にバグースです。アラック、来年は一人で行けます。
Commented by misat at 2014-12-10 12:53 x
緑の苔の上の紅葉がまるで金平糖を散らした様でとても可愛いですね^^
紅葉の赤が鮮明で美しいです。
もう落葉も乾燥して割れてしまっている東京ですが、
鮮やかな京都の紅葉写真拝見出来て嬉しいです^^
Commented by at 2014-12-10 17:11 x
こんにちは~
護法堂弁財天の紅葉はなんて美しいのでしょう。
手水の苔に散り紅葉の綺麗な事・・・
素晴らしいですね。
こちらは鳥居本から近いのですか?
Commented by kirafune at 2014-12-10 21:20
やはり1週前がちょうど見頃だったのですね~。
ほんと溜息の出る美しさです。
でも、その1週間後の散りも
蹲踞のところが見事ですね。
両方、楽しませていただきました^^
Commented by kwc_photo at 2014-12-11 00:06
>pradoさん
有名になってきましたね、と言いつつ、やっぱり場所が
わかりにくいのと、ちょっと離れていることもあって、
観光客は寄り付かないのがありがたいですね。
蹲、23日は何となくヤラセ感が漂いましたが、30日のは
全面的に散っていたので違和感がないです(笑)
Commented by kwc_photo at 2014-12-11 00:06
>eiさん
ここもピークの読みが難しいですよね~。
そして、上のピークか、散りのピークか、どちらに合わすか
それもテーマですね。今年は二回行って両方ビンゴ、と行きたい
ところでしたが、散りが課題となりました。蹲は綺麗でした
けどね~。惜しい!です。
Commented by kwc_photo at 2014-12-11 00:07
>アラックさん
一週間でずいぶんと様相が変わりますよね。
私の行った23日は絶好調だったと思いますが、やっぱり
散りが撮りたかったので、改めて30日に出かけました。
散り、もっと鮮やかに撮りたかったのですが、日が悪かった
かなぁ。翌日の雨なら真っ赤だったようです(^o^;
Commented by kwc_photo at 2014-12-11 00:07
>misatさん
金平糖を散らしたよう・・まさにそんな感じですね。
ここの紅葉の鮮やかさはとても素晴しいので毎年たのしみです。
京都もすっかり冬枯れになってきていますが、私のブログは
これからが秋本番!(笑)
2月くらいまで、お付き合いよろしくお願いいたします(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2014-12-11 00:07
>彩さん
弁財天前というバス停があるんで、そこが目印です。
鳥居本からなら歩ける場所ですが、わかりにくいです(^o^;
あの蹲の苔むしたところに散りかかる紅葉は秀逸ですね。
昨年撮り逃がして、今年は狙ってました(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2014-12-11 00:07
>kirafuneさん
そうなんです。30日はちょっとチリチリでしたね。
あの蹲のところは綺麗でしたので、一週間前のと合わせ技一本!
でアップしました。
ここの赤は鮮やかですよね。そして回りのオレンジ~黄色も
鮮やか。本当に綺麗だなぁと感心しますね(^-^)。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 染まりゆく秋(茨木市・大門寺) 京都世界文化遺産登録20周年記... >>