葵太夫お披露目・奉納舞(下鴨神社)
          
f0155048_231729.jpg
葵太夫の奉納舞。
その気品と艶やかさに惚れ惚れしました。
記事末に動画も公開します。本当に艶やかな太夫の舞、ぜひ御覧ください。

葵太夫お披露目・太夫道中/仮視の式(下鴨神社) はこちら





f0155048_232167.jpg
仮視の式が終わり、舞に備えてお色直し。
司太夫さん、母であり、先輩である凛々しいお顔です。


f0155048_2321894.jpg
さぁ、奉納舞のために再び舞台に立つ葵太夫。


f0155048_2323396.jpg
中央に座ると、ふぅっと一息。精神集中です。


f0155048_2323848.jpg
さぁ、始まります。


f0155048_2325286.jpg
決意に満ちた眼差し。


f0155048_2331032.jpg
深々と礼をされました。


f0155048_2332990.jpg
長い、長い礼でした。


f0155048_2333585.jpg
扇を構える葵太夫。素敵です。


f0155048_2335065.jpg
立ち上がると、得も言われぬ艶やかさがパァッと広がります。
これが葵太夫の会得した気品なのでしょう。


f0155048_2335296.jpg
扇を背にクルリと回り・・・


f0155048_2341132.jpg
スッと扇を構えました。


f0155048_2341339.jpg
見るものが皆、この葵太夫のまとう雰囲気に呑み込まれていきます。


f0155048_234349.jpg
扇を開くシーンの表情は気高く・・・


f0155048_2345137.jpg
この美しさに観客すべてが魅了されていきました。


f0155048_2353053.jpg
艶やかな衣装、そして、美しい舞。
伝統文化の粋を集めた美しさは本当に見るものを惹き込みます。


f0155048_236932.jpg
流し目・・・


f0155048_2365821.jpg
恥じらい・・・


f0155048_2371438.jpg
そして羽ばたく鶴のように舞はクライマックスへ。


f0155048_237239.jpg



f0155048_2373286.jpg



f0155048_2381278.jpg
こんなに間近でこの舞を見られた幸せ。お見事です!


f0155048_2383580.jpg
指折り数えるシーン。
この唄の中身も知りたくなりました。


f0155048_2384681.jpg
凛とした葵太夫のその視線には・・・


f0155048_239883.jpg
しっかりとした意思が宿っていました。


f0155048_2392673.jpg
美しき奉納舞。
堪能させていただきました。


f0155048_2393572.jpg
禿ちゃん。実は正座でしびれが切れちゃいました(^-^)
寄り添う二人が可愛らしく、思わず背中をパチリ。
葵太夫の名前を背負って、今日は大役おつかれさまでした。


f0155048_2394515.jpg
門を出た葵太夫さんは、マスコミの取材に囲まれ、これからの決意を語っておられました。

かくして禿、振袖太夫の修業を経て、50年ぶりに正式な手続きを経た太夫が誕生しました。
葵太夫さん、今後のご活躍を期待したいと思います。

 ↓ 奉納舞の様子です。動画でもどうぞ。

by kwc_photo | 2014-12-01 23:41 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(26)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/23374222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by walkingkyoto at 2014-12-02 00:05
おお~、流石に最前列のベストポジション。
流れが巧く纏まり判り易いです。こう云うのは苦手でして、羨ましいです。
やっと現像が終わった所でして、後日ゆっくりと。^^;

本当に、素晴らしい舞でしたね。
葵太夫さんの益々のご活躍を祈念いたします。
Commented by cynchia at 2014-12-02 00:34
こんばんは、素晴らしさに圧倒されています。
Commented by 阿修羅王 at 2014-12-02 05:56 x
おはようございます。
いやぁ、美しかったです。素顔でもとておお綺麗な方ですが、
本職の姿ともなるとより一層素敵でした。
動画まで撮るとは凄い余裕・・・ 
でも行かれなかった方にはよく解りますね。
司太夫が、撮影会に呼んでねと言うてきはりましたが、
お花代が・・・(^_^;)

再設定、何度も試みてので上限オーバーで、
24時間後にならないとだめみたいです。
今夜以降になりそうです。
なんでこんなことになったのやら(大泣;
メッセも使えないんですよね。
Commented by arak_okano at 2014-12-02 06:53
凛々しいなかに圧倒的な存在感のある、50年振りの太夫さんに感動しました。KWCさん、バグースを有り難うございます。太夫の衣装や神社の赤や朱色の、遠い後ろの木々が紅葉ではなく、緑色なのは計算されているのでしょうね。
Commented by davidmittu at 2014-12-02 08:50
息を呑むほど美しいとはまさにこのことですね。
見るものすべてを釘付けにする姿は一度拝見してみたいです!
日本の伝統文化ここにありです(^^)
Commented by youpv at 2014-12-02 11:01
こんにちは~。
素晴らしいですね。
流石に行けませんでしたので
見せていただけて良かったです。

実際に見たかったなぁ。
Commented by misat at 2014-12-02 12:41 x
本当に煌びやかですね~^^
お衣装も表情も美しい・・・。
伝統を背負ってらっしゃる方の凛とした表情と優美な舞、素敵です。
とても貴重なお写真と動画を有難うございました。
Commented by deepseasons at 2014-12-02 16:32
感動が蘇りますね。
赤メインの衣装が情熱的で、かつ高貴に感じました。
重たいのに優雅でキレのある舞、さすがでした。
Commented by rollingwest at 2014-12-02 22:32
憧れの下鴨神社、早く行ってってみたいです。天皇祭祀の根本はこの神社に受け継がれているんですからね~!葵太夫、豪華すぎる~!もう正月が来たような感じ!
Commented by kwc_photo at 2014-12-03 12:05
>walkingkyotoさん
ベスポジでした~。どこがいいのかわかりませんでしたが、
ちょっとアングルついていたことで平面的ではなく
立体的に見ることができました。
優雅な舞、初めて間近で見ましたが素晴らしかったですね。
Commented by kwc_photo at 2014-12-03 12:06
>シンシアさん
ありがとうございます。
間近で見る太夫さんは本当に圧倒的美しさでしたよ(^^)
Commented by kwc_photo at 2014-12-03 12:06
>阿修羅王さん
ふふふ、動画は舞殿の桟におかせてもらったiPhone様が
撮ってくれました(笑)
撮影会に葵太夫・・・すごそうですが、お花もすごいでしょうね(笑)
FBアカウント、いよいよダメですか。何事でしょうね?
かくいう私も、先日メールアカウントを乗っ取られ、スパムメール
を大量配信されてしまいました。ウイルスじゃないので、おそらく
パスワードを割られたのだと(^_^;)
Commented by kwc_photo at 2014-12-03 12:06
>アラックさん
神社は火災除けのために常緑の木々を周りに巡らせる
ことが多いので、下鴨神社もそうなのだと思います。
紅葉する木々の中を道中、そして、緑が覗く朱の社殿で
赤い着物で・・なんとも豪華絢爛でしたよ。
Commented by kwc_photo at 2014-12-03 12:06
>davidmittuさん
まさに息を呑みました。一挙手一投足に皆さん引きこまれて
いくようでしたよ。芸舞妓さんの優美さも良いですが、
太夫さんの豪華さはまた別ものですね。
伝統文化の粋を集めた衣装も素晴らしい物でした。
Commented by kwc_photo at 2014-12-03 12:06
>youpvさん
満を持しての振替休日!でした(笑)
朝から紅葉も欲張ったのですが、何とか間にあえてよかった
です。見事な衣装、そして道中も、かしの式も、舞も
素晴らしかったです。
Commented by kwc_photo at 2014-12-03 12:06
>misatさん
伝統文化を背負っての舞、お見事でしたよ。
動画は先頭にいたものの特権で、舞殿の桟にiPhoneを
置いての撮影ができてラッキーでした。
雅なお披露目、堪能しました。
Commented by kwc_photo at 2014-12-03 12:06
>deepseasonsさん
いやぁ、感動でした。素晴らしいお披露目でしたね。
豪華な装飾、そして、優雅な舞。
太夫さんの舞というのはこういうものなのかと、
目を奪われながらの撮影でしたね~(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-12-03 12:06
>rollingwestさん
下鴨神社、由緒正しき神社にてこのようにお披露目された
葵太夫さん、本当に美しく、豪華でした。
赤基調の着物が素敵でした。鶴が舞っていますよ~。
Commented by さつき。 at 2014-12-03 14:33 x
はじめまして。葵太夫の検索をしておりましたら、こちらに。
この日太夫の奉納した舞は 地唄の「鶴の声」です。
この地唄はかの谷崎潤一郎も愛した曲とのこと。
曲や唄の歌詞、意味解説はネットであちこちに。初々しさと切なさを感じる恋の唄ですが、おめでたい詞が多いことからご祝儀ものとしてもよく舞われるようです。打掛もこの曲にあわせたのでしょうね・・まるで花嫁衣装のように豪華でしたね・・直接観に行けなかったのが残念です。
Commented by kwc_photo at 2014-12-03 21:59
>さつきさん
はじめまして~!
この舞は「鶴の声」というのですね!ありがとうございます。
指折り数える仕草が、きっと恋の歌だろうなぁと思っていました(^-^)。
本当に花嫁衣装みたいでした。鶴の柄と「鶴の声」。
教えてもらって、改めて感激が戻ってきましたよ。

今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by 葵太夫 at 2014-12-09 18:38 x
観に来てくださるだけじゃなくお写真に有難いお言葉まで><
ほんまおおきに(泣)
お写真いただいてもよろしおすか??
これからさらに頑張っていきますので、よろしゅうおたのもうします(*^∀^*)
Commented by kwc_photo at 2014-12-09 22:54
>葵太夫さん
おおおおおおお!何と、ご本人さまでしょうか!
見ていただきましてありがとうございます(^-^)
そして、ご襲名、おめでとうございます。
素敵なお名前、そして由来の下鴨神社での仮視の式と舞。
本当に見惚れさせていただきました。
これからいっぱい引っ張りだこだと思いますが、お体大切に
がんばってくださいね!

写真、また連絡させていただきますね。ブログの写真は
縮小しちゃっているので、印刷等には使えないと
思いますのでね~。
Commented at 2015-04-27 09:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kwc_photo at 2015-04-28 00:52
>鍵コメさん
はじめまして~!ようこそです。
ご使用いただく際は、このブログのページから借用した、
という旨を明記いただければ結構です。リンクも貼っていただければ完璧だと思います。

と言いますのも、以前私の写真を無断使用された際に、
両方のページを見られた方から
「◯◯さんの写真を勝手に使ってませんか?」と・・・。

こういった無用のトラブルを避けるためにも、
出典先明記が一番良いと思いますので、
ご理解いただけるようでしたらどうぞです(^-^)。
Commented by 和の素敵 葉室 at 2015-04-28 13:28 x
ありがとうございます。
素敵な葵太夫の写真使わせていただきます。
もちろん、リンクをはらしていただきます。
感謝!
Commented by 和の素敵 葉室 at 2015-04-29 10:25 x
鍵コメさん
ありがとうございます。
葵太夫の写真使わせていただきました。
和の素敵のFB
https://www.facebook.com/suteki.japan
和の素敵のHP
http:///www.wanosuteki.jp
です。
ありがとうございます。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 苗秀寺・錦秋 雲龍院・紅葉ライトアップ(泉涌... >>