峰定寺・深まる秋
          
f0155048_2145842.jpg
花背・峰定寺。
滋賀県との県境にも近いこのお寺は、京都市左京区にあります。

晩秋の様相も楽しめた峰定寺の秋、ご覧ください。

(※11月15日撮影)






f0155048_2164844.jpg
花脊の山中、峰定寺に到着。
いつもの薪がいっぱい詰まった民家、美しい紅葉の背景に癒やされます。


f0155048_2185417.jpg
喧騒の市中の紅葉とは違う、静寂の世界。
鮮やかな紅葉だけが賑やかに出迎えてくれました。


f0155048_219037.jpg
参道の紅葉を見上げると、青空に晩秋の色を湛えたモミジの葉たち。


f0155048_219391.jpg
川沿い、鮮やかな紅葉が誘う参道。


f0155048_219168.jpg
その様子だけでも十分にもみじ狩りが楽しめるが・・・


f0155048_21111374.jpg
カエデと杉木立の向こうに見える仁王門に、ここが寺だったことを思い出す。


f0155048_21124481.jpg
大きながエデが覆い尽くす空。


f0155048_21125155.jpg
仁王門手前には葉を散らしたモミジ。
そして、背景には盛りを迎えようとするカエデ。


f0155048_21135224.jpg
盛りと散り。晩秋の様相が既にこのお寺にはありました。


f0155048_21152883.jpg
修験道のお寺。
仁王門をくぐったところは修行の場。


f0155048_21153699.jpg
静かに外から眺めさせていただくことにしましょう。


f0155048_2116189.jpg
再び元来た参道を振り返ると、散り紅葉が岸を染めています。


f0155048_21175699.jpg
さぁ、橋をわたって戻りましょう。


f0155048_21175885.jpg
散り紅葉が埋め尽くす。


f0155048_21191895.jpg
振り返ると、力強い杉に鮮やかなカエデが見送ってくれる。


f0155048_21195238.jpg
山紅葉ならではの様々な色が・・・


f0155048_2120898.jpg
参道を飾ってくれていた。


f0155048_21201744.jpg
この輝く紅葉は、「摘草料理」で有名な料理旅館の美山荘。


f0155048_2121694.jpg
この彩りを目に楽しむ料理はさぞ美味しかろう。


f0155048_21211957.jpg
散りゆく紅葉が水路を埋める。
その流れを見ながら、いつかここでゆっくり楽しむ紅葉もよかろう、と思ったり(^-^)。

晩秋の様相を一足先に楽しめた、峰定寺でした。


f0155048_21221273.jpg
花背で見つけた大銀杏。
オレンジ色のカエデ、赤い紅葉と秋の三重奏。


f0155048_21222020.jpg
足元は黄金の絨毯。


f0155048_21224134.jpg
見上げても黄金色に包まれる。

京都の紅葉もまだまだたくさん隠れた名所がありそうです。


<紅葉情報 2014年11月24日>
・一休寺・・・参道がやっと見頃を迎えました。真っ赤になるまであと数日というところです。
       御廟前の参道は見頃終盤。
by kwc_photo | 2014-11-25 00:08 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(16)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/23335316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Deep Season  at 2014-11-25 20:43
タイトル : 峰定寺
 幽山深く  寺谷川沿いの参道に  長閑な風情が続く  摘草料理で有名な美山荘  色鮮やかな紅葉に彩られていた  参道の先が峰定寺、  紅葉が水鏡に映り  せせらぎに映える  木橋の向こう、仁王門奥は  修験者の修行の場でもある  細い渓谷の流れも    桂川の源流の1つとなる  幽山深い地で紅葉を堪能する  ... more
Commented by ei5184 at 2014-11-25 04:45
人里離れた処も好いですね~
数年前は三十三カ寺の紅葉を訪ねていたのですが、
最近は京都市内に集中していますので、とても新鮮に映ります。
Commented by 阿修羅王 at 2014-11-25 05:57 x
おはようございます。
色づきの良さに、もう一度行って見たくなりました。
大きなイチョウも見事な絨毯になりましたね。
気になっていたので拝見できて嬉しいです。
Commented by arak_okano at 2014-11-25 06:32
素晴らしいですね、アラックにとっては幻想の世界です。まだいっぱいの紅葉なのに散りも綺麗なんですね、バグースです。行けないな。
Commented by lecouple at 2014-11-25 06:42 x
おはようございます。
志明院には行ったことがありますが、ここはまだありません。
雰囲気も似ていると聞いていますが、ここもなかなか足が向かず。
Katsuさんの行動範囲の広さにバグースです。
(あ、これはアラックさんの....。)
Commented by mituamikko109 at 2014-11-25 10:40
峰定寺には、二度行きましたが、紅葉シーズンは、来たことなくて。
素晴らしいですね。
外からだけで、崖っぷちの峰定寺には、登っておられない?
あの高さから、眺められる紅葉って、どんな風景だったんでしょうね。
見たいけど、峰定寺までの道は、もう大変ですからネ^^

Commented by davidmittu at 2014-11-25 12:17
こんにちは。
下界とは隔離された空間、色付く紅葉も、
生き生きして見えますね♪
カエデも銀杏も本当に大きくてたくましい!いつか訪れてみたいものです。笑
Commented by kurese0535 at 2014-11-25 13:50
こんにちわです。
静かそうで良いですね〜。
そう考えたら市内の混雑は・・・・。
桜は賑やかでも多少は良いんですが
紅葉って静かに眺めたいです。
そういう気分で鑑賞させて頂きました。
ありがとうございます。

Commented by kwc_photo at 2014-11-25 23:17
>eiさん
市中の喧騒からは隔絶された感がありますね。
本当に静かな場所です。
このところ、京都観光名所に疲れてきているので
(というか、今年の観光渋滞はひどいですね~)
こういう場所を中心に回っている感じです(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-11-25 23:17
>阿修羅王さん
いい日に来たなぁ!と思いましたよ。散り紅葉、そして
盛りの紅葉、両方が楽しめました。
常照皇寺とは例年セット、昨年までは朽木小入谷の雲海と
セット訪問でしたが、今年は愛宕山からのこちらでした(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-11-25 23:17
>アラックさん
ここは観光で行く場所ではないので、なかなか行きにくい
ですね。車があれば、というところです。
紅葉と散り、両方が楽しめるいい時期に行くことができました。
Commented by kwc_photo at 2014-11-25 23:17
>lecolupleさん
志明院と確かに仁王門付近の緊張感が似ています。
さすが修験道のお寺さんです。
常照皇寺とここはセット訪問ですね(笑)
バグース見たのでアラックさんが連投したのかと思いました(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-11-25 23:18
>mituamikkoさん
峰定寺、紅葉を早めに楽しむにはぴったりですね。
この日はいくつも予定があって、夕刻が迫っていたのもあり
外から眺めさせてもらっただけです。
山の上から紅葉、眺めてみたいですね。写真撮れませんけどね。
Commented by kwc_photo at 2014-11-25 23:18
>davidmittuさん
ホント、外界とは違う雰囲気を持ったお寺です。
入口から結界が張られたような緊張感があります。
紅葉も美しいし、人はいないので、おすすめです。
行くのが大変ですが(笑)
Commented by kwc_photo at 2014-11-25 23:18
>kureseさん
ここは静かです。観光客はいませんね。
静かに紅葉を、しかも京都市内で、というと、ここがいいでしょうね(笑)
ぎりぎり京都市内です。
修験道のお寺なので、静かに鑑賞させていただくのが一番です。
場所はちょっと行きにくいですが、行く価値はありますよ~。
Commented by kirafune at 2014-11-25 23:55
わわあ、これは凄い。
渋い山寺の雰囲気が紅葉の色で美しく彩られ
溜息の出る景色になっていますね。
静かな感じがまたいいです。
これは行ってみたいなあ。
Commented by kwc_photo at 2014-11-26 19:29
>kirafuneさん
ありがとうございます~。
ここは常照皇寺に行ったら、セットで行きたい場所ですね。
昨年は朽木からこちらを回って、常照皇寺にむかいました。
いずれも山寺ですが、また異なる魅力がありますね~。
人が少ないのがありがたいです(^-^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 色とりどりの紅葉に包まれる境内... もみじ苑奉納太鼓(北野天満宮) >>