かにかくに祭(祗園甲部・紗矢佳さん、紗月さん、豆六さん、茉利佳さん)
          
f0155048_127694.jpg
11月8日。
祇園白川のかにかくに碑の前で、吉井勇を偲び、かにかくに祭が開催されました。






f0155048_1274476.jpg
早朝の祇園白川。
桜紅葉が美しい巽橋を渡り・・・


f0155048_1275225.jpg
左へ進むと「かにかくに碑」があります。

この歌碑のある場所は、かつてこの歌の主、吉井勇らが集った「大友」というお店があった場所。
1955年、吉井の古希を祝って、吉井勇、谷崎潤一郎たちによって建立されました。

「かにかくに 祇園はこひし寝るときも 枕のしたを水のながるる」

とにもかくにも、寝る時まで枕のしたを(白川の)水が流れているように聞こえるほど祇園が恋しいよ

きっと、「大友」さんには白川の上にかかるようなお座敷があったのでしょうね。

f0155048_12111489.jpg
今日の参列者が出揃いました。
左はおおきに財団の理事長でもある、大倉敬一氏。月桂冠の元社長・会長でもあります。


f0155048_12112379.jpg
左から、紗矢佳さん、紗月さん、豆六さん、茉利佳さんです。


f0155048_1211468.jpg
お、紗月さん、気づいてくれたかな?
豆六さんとにこやかに談笑中。


f0155048_1211574.jpg
襟替えが年明けに控える紗月さん。
簪はシックに銀杏です。
4年連続4回目のかにかくに祭。これで舞妓姿での出席は見納めですね。


f0155048_23184772.jpg
あ!と思わず・・・。
そう、茉利佳さんのこの着物。紗月さんが初めてかにかくに祭に出た時と同じ着物なんです
デジャヴというか、懐かしいというか・・・。
茉利佳さん、その着物は出世しますよ~(^-^)。


f0155048_12121453.jpg
さぁ、お祭りが始まります。


f0155048_12123611.jpg
まずは紗矢佳さんが、白菊を一本、碑前にお供えします。


f0155048_12125489.jpg
次は紗月さん。
桜紅葉をバックに、やっぱり美しいですね。


f0155048_121358.jpg
吉井勇を偲び、手を合わせます。


f0155048_12132226.jpg
つぎは豆六さん。
春の高島屋での都をどりPRの際は、ニッコリポーズをいただきました(^-^)


f0155048_12134276.jpg
祇園を愛した吉井勇に思いを馳せて手を合わせる豆六さん。

吉井勇といえば、最近NHK朝ドラ「マッサン」でも歌われたゴンドラの唄。
「いのち短し 恋せよ乙女~」の作詞者なんですよ。

f0155048_12135699.jpg
最後は茉利佳さん。
白菊を一本選んで・・・


f0155048_12143125.jpg
碑前にお供え。
いやぁ、4年前の紗月さんを見るようです。
こうやって、大事に着物が受け継がれていっているのですね。


f0155048_12152421.jpg
最後は4人で一礼。


f0155048_12164766.jpg
そして、碑の前で記念撮影です。


f0155048_12165595.jpg



f0155048_12174891.jpg
にっこり紗月さん。


f0155048_12175728.jpg



f0155048_12183751.jpg
わお、目線をありがとうございます(^-^)
4年前と同じように、ビビっと来ちゃいます(笑)


f0155048_12192689.jpg
はい、お疲れ様でした~。
ふと緊張がゆるむ瞬間、いい表情が出ますね(^-^)


f0155048_12195872.jpg
思えば4年前の今日。
紗月さんに出会って、あの笑顔から舞妓さんの撮影が始まったんです。
それを思うと、何とも感慨深い、かにかくに祭です。


f0155048_12201948.jpg
そういう意味でも、吉井勇さん、ありがとう~(^-^)
あなたが遊んだこの場所で、素敵な出会いをさせてもらったことに感謝です。


f0155048_12203017.jpg
4年前も撮ったこのショット。


f0155048_12203934.jpg
さぁ、皆さんお帰りです。


f0155048_12205016.jpg
豆六さんは、桜紅葉の巽橋をわたってのお帰りです。
おつかれさまでした。

日頃は観光客で賑わう祇園白川南通り。
かつてはこの通りに立ち並んだお茶屋さん、
そして、祇園歌人とも呼ばれた吉井勇に思いを馳せる一日となりました。
by kwc_photo | 2014-11-14 00:00 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/23275797
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2014-11-14 06:53
祇園白川の紅葉を背景に、舞妓さんのお揃いの笑顔にバグースです。凄い人出でしたでしょう。かにを食べるお祭りだと思っていたのはアラックだけですね。明日、やっぱり京都行こうかな?
Commented by ei5184 at 2014-11-14 07:53
此の行事へは一度も行っていない(笑)
時季が悪いのでね~ この日は早朝から紅葉撮影日でした!
紗月さん、あっという間の様な気がします!
あまり馴染がが無いのにも拘らず、印象深い舞妓さんでした。
Commented by prado9991 at 2014-11-14 22:58
こんばんは
あの待ち時間と撮影時間の対比は笑けてしまいます。
初めてのかにかくに祭、なんとか楽しめた感じです。
欲を言えばもう少しなにかやって欲しい感じですね。
紗月ちゃんが見られただけでも行った甲斐がありました。
Commented by walkingkyoto at 2014-11-15 00:23
おおっ~、行かはりましたか。
この週末は全滅でした。(>_<)
大量アップですねぇ~
2時間待って5分間と非常に効率の悪いイベントですが、
外せませんねぇ~^^;
お写真で堪能させていただきました。
Commented by もみぢ at 2014-11-15 02:39 x
見ているこちらまでがニッコリしてしまう笑顔、不思議なオーラのある舞妓さん。
素人目には派手に見えるところで、衣装が代々受け継がれていく堅実さに伝統を
感じました。それをキチンと記録されているのも素敵です。
華やかな簪などもお下がりされるのでしょうか?
上質のものを大切に最後まで使う、何て清々しいことでしょう。
Commented by sundaumi-sukai at 2014-11-15 14:20
本当に素晴らしい
お写真を撮られていて
いつ見ても感動いたします
Commented by くすのき at 2014-11-15 20:13 x
当日はお疲れ様でした。
私も長く祇園町を愛せるよう頑張ります。
久々のストリート楽しかったです(笑)
Commented by kwc_photo at 2014-11-16 00:25
>アラックさん
恐ろしい人出でしたよ~。あの白川の通りが満杯になります。
それでも車は通りますから、テンヤワンヤです(笑)
かにを食べるお祭り・・・のような名前ですね、たしかに(笑)
吉井勇さん、ゴンドラの唄が有名です。いい歌ですね。
Commented by kwc_photo at 2014-11-16 00:25
>eiさん
この行事、素晴らしく待ち時間が長いです。
そして、行事は5分を2セットって感じです。
紅葉を追いかける方が楽しいような気もしますが、せっかく
土曜日の開催だったので、かにかくに一本に絞って行きました。
紗月さん、4年前がとても懐かしい・・・あのかにかくに祭に
出くわさなければ、舞妓さんには全く興味がありませんでした。
eiさんとも出会ってませんね(笑)
Commented by kwc_photo at 2014-11-16 00:25
>pradoさん
私としては、茉利佳さんが4年前の紗月さんの着物を着て
出席してくれたのがとても嬉しかったです。
ああ、かにかくに祭に来てよかった、と思いました(^-^)
しかし本当に待ち時間が長いですね。紗月さんの笑顔で
吹っ飛びましたが、来年も日曜日。どうしたもんかなぁ~。
Commented by kwc_photo at 2014-11-16 00:25
>walkingkyotoさん
行ってきました~。紅葉を捨てて、かにかくにモードでした(笑)
一気アップしましたよ。
私は11時まで3時間半まって、その後次に出てこられるまで2時間
待って、帰られるまで1時間まって・・・と恐ろしい待ち時間を
こなしました(笑)まぁ、みなさん一緒なので暇はしないのです
が、恐ろしく効率は悪いですね(^_^;)
Commented by kwc_photo at 2014-11-16 00:25
>もみぢさん
いい笑顔されているでしょう~。紗月さんは初めて会った
時からこのオーラでした。私の舞妓撮影のきっかけになった
方で、売花奨励賞2年連続中の「伝説の舞妓」さんになりそう
な素敵な方です。
着物、「良い着物は長持ちで、時代を超えて素敵なんですよ」
とある芸妓さんから聞いて、とても納得しました。
流行り廃りはあるかもしれませんが、昔の着物もそのまま
今に通用する。素敵ですよね~。
Commented by kwc_photo at 2014-11-16 00:25
>sundaumi-sukaiさん
ありがとうございます。
舞妓さんの行事は華やかです。そして人の集まりも
すごいです(笑)人を避けて撮ろうと思いましたが、
物理的にかなり難しかったです(^_^;)
Commented by kwc_photo at 2014-11-16 00:26
>くすのきさん
当日は本当におつかれさまでした。
脚立で後ろから!というのは使えますね~。
待ち時間前後合わせたら5時間くらい、撮影は15分!
何ともドSな行事だなぁと思います(笑)

祇園、これからも愛して愛して、碑を建てましょう~(^-^)
某お店のまん前に(笑)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 雨中紅葉・艶(比叡山延暦寺/東塔) 高台寺・秋景(前編) >>