蹴鞠(京都御所一般公開)
          
f0155048_18471658.jpg
11月1日。京都御所では一般公開の催しとして、蹴鞠が行われました。

雨天のため、毎年の場所ではなく、新車寄の屋根の下での開催です。






f0155048_18482264.jpg
蹴鞠保存会の方々が入場。いつもの面々ですね。


f0155048_18483351.jpg
二又にわかれたもみじの枝に挟まれた鞠。
鹿革を二枚張り合わせた、とても軽いものだそうです。


f0155048_18483923.jpg
長老に枝ごと手渡されます。


f0155048_1848537.jpg
長老は鞠を持って・・・


f0155048_18485563.jpg
中央部で袖で隠しながら鞠を解き、中央に鞠を置きます。


f0155048_184949.jpg
枝を背に一礼する姿がキマってました。


f0155048_18495955.jpg
鞠足(鞠を蹴る人の面々)の皆さん。
さぁ、出番です。


f0155048_1850331.jpg
一人ずつ礼をして入場します。
蹴鞠の装束は烏帽子(えぼし)、鞠水干(まりすいかん)、鞠袴(まりばかま)、沓(くつ)。
雅ですね。そして格好いい。


f0155048_1850615.jpg
蹴鞠は8名で行われます。全員が鞠庭(今回は新車寄の下ですが)に入り、蹴鞠の始まりです。


f0155048_18513627.jpg
まずは長老から一人ずつ鞠の蹴り具合を確かめます。


f0155048_18515348.jpg
さぁ、はじまりました。
天井や柱の制約もあり、少し窮屈そうでしたが、次第に躍動感が出てきます。


f0155048_18521734.jpg
来た!


f0155048_18522092.jpg
あ・・・お見合いしちゃった!


f0155048_18522326.jpg
思わず苦笑いが浮かびます(^-^)


f0155048_18535658.jpg
鞠を目で追う8人の鞠足。


f0155048_18541616.jpg
表情も真剣です。


f0155048_18544051.jpg
鞠は足の甲で蹴るのがルールです。
サッカーボールのように空気が入っているわけではないので、反発力は弱い。
つまり、正確にヒットさせないと、鞠はちゃんと上に上がってくれません。


f0155048_18553612.jpg
裾がまくれちゃいましたが、装束の詳細がわかりますね。
これ、沓(くつ)が脱げないように、襪(しとうず)と縫い付けてあります。
鴨沓(かもぐつ)と呼ばれるのは、鴨のくちばしに似ているからだそうですよ。


f0155048_18561657.jpg
鞠が弾むたびに、観客も沸きます。


f0155048_18565881.jpg
中央の長老の装束に注目!
鞠水干は香金紗、鞠袴は左右の色が違いますね。この袴は片身替と呼ばれます。
烏帽子も紫の緒で結ばれています。これが蹴鞠界では最も位の高い装束です。
ちなみに、ここに見える袴の色で蹴鞠の段位がわかるんです。
浅葱(スカイブルー系)が初級者、次いで、柿色、下のほうが萌黄(緑)、
桔梗(青紫系)、紫、朽葉(茶)、萌黄、の順に上手な人、ということになります。


f0155048_185804.jpg
中央に鞠が置かれ、一同平伏して蹴鞠が終わります。


f0155048_18571793.jpg
鞠が鞠庭から出されます。


f0155048_1858336.jpg
みなさま、お疲れ様でした。


f0155048_18584125.jpg
雅な装束の蹴鞠保存会による蹴鞠。
雨の中でしたが、楽しませていただきました。
by kwc_photo | 2014-11-03 05:45 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(21)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/23219579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2014-11-03 09:04
凄いですね、こんなにまじかでの蹴鞠ですね。
お嬢さんの笑顔にロックオンですね、バグースです。
アラック、連休は航空祭りも諦めて、カメラを修理と
ランニングにしました。
実は水中用のD300の充電器がないんです。
Commented by davidmittu at 2014-11-03 09:27
おはようございます。
詳しい解説でより楽しんで拝見できました!
とくに蹴鞠界の装束の話は目から鱗でした。
来年は生で見てみたいです♪
Commented by ei5184 at 2014-11-03 10:24
成る程袴の色で段位が違うのですね!
中々拝見する機会が無い、貴重な写真をありがとうございました。
何時か練習中に出会った事がありました。
見覚えのあるお顔もチラホラと(笑)
Commented by kurese0535 at 2014-11-03 13:53
こんにちわです。
あー、行かれてたんですね。
行こうとしてましたが20m歩いたら足元どぼどぼになったので諦めました(´・_・`)
拝見できて嬉しいです(^ ^)
なぜか御所一般公開、自分が行くとき雨が多いです(´・_・`)
Commented by kotonoha222 at 2014-11-03 16:09
こんにちは~
蹴鞠の一般公開ですか^^
雅な世界ですね~
蹴鞠保存会というものがあるんですね~
衣装もそれぞれ美しくて見入ってしまいました^^
    しおり
Commented by cynchia at 2014-11-03 18:00
こんばんは、蹴鞠も見れるんですね、
来週、仙道御所を予定しています。
Commented by miyakokoto at 2014-11-03 18:19
(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
 居ながらにして珍しい光景を魅せて頂き有難うございます。
本当に幸せに思います<(_ _)>
沢山の神事、行事にお出かけは大変でしょうネ
お身体も労わって下さいませσ(゚ー^*)
Commented by dejikaji at 2014-11-03 19:10
kwc_photoさん、こんばんはです。
この連休の雨で、蹴鞠も雅楽もいつもとは違う場所でやられてみたいですね。
いつもとは違う光景で、入り口の金細工が意外と好いアクセントになって、画になりますね。
屋根が高いとは言え、結構蹴り上げるのに、プレッシャーになりそうでが。
いつも思うのですが、色々な事よくご存じですよね~。
細かな説明はホンマに勉強になります。
Commented by 阿修羅王 at 2014-11-03 21:58 x
雨降りでどうされているのかと心配しましたが、
屋根の下でしたか。
確かに窮屈そうですね・・・(^_^;)
ハプニングも一興。楽しそうな表情がこちらにも伝わってきます。
いつものことながら、詳しい解説をありがとうございます。
Commented by prado9991 at 2014-11-03 22:53
こんばんは
雨でどうしようか迷いました、あの雨じゃ出鼻をくじかれますよね。
でも。お写真を拝見して少し悔しい気持ちです(笑)
蹴鞠中は上がっていたみたいですね、数年前に見に行った時もここでした。
やっぱり晴天の下で見たいですよね。
Commented by kwc_photo at 2014-11-04 00:25
>アラックさん
蹴鞠、女性の方もいらっしゃるので、頑張ってる様子を
追っていたら、笑顔に出会いました(苦笑いですが)
カメラ、修理に出されたんですね。
紅葉に向けて、早く直るといいですね。
Commented by kwc_photo at 2014-11-04 00:25
>davidmittuさん
今年は残念でしたね。私も諦めかけていたのですが、家でいても
何もすることがないし!と出かけたら、やっぱり雨でした(^_^;)
でも、そこは晴れ男。二回目の蹴鞠は途中で雨もやんで、じっくり
撮ることができました。一回目の途中で入りましたが、片手に傘、
大粒の雨では撮るに撮れませんでしたのでね(^_^;)
Commented by kwc_photo at 2014-11-04 00:25
>eiさん
そうなんですよ~。説明の方が、長老の衣装を詳しく説明して
くださいました。なるほど、左右で染めの色が違う!と感心し、
いろいろ調べてみましたよ。
蹴鞠といえば、この方々ですね。普段は白峯神宮で練習されて
いるそうです。
Commented by kwc_photo at 2014-11-04 00:25
>kureseさん
行ってきました~。実は朝の時点ではへこたれてたんですが、
9時頃雨がやんだので出発。でも電車の中ではまた雨。
ついた時も雨。あああ、と思っていたら、二度目の蹴鞠の
途中で雨がやんでくれました(^-^)。
ど真ん中の先頭列で待っていたので、その点ではゆっくり
行ったにしては満点でした(笑)
Commented by kwc_photo at 2014-11-04 00:25
>しおりさん
ホント、あの装束はとても雅で美しいです。
蹴鞠保存会と書いて「しゅうぎくほぞんかい」と読みます。
と、説明の方が言っておられました(笑)
明治天皇が蹴鞠の文化を遺せ、とおっしゃったのだそうで、
おかげで現代でもこの宮中行事を見ることができますね。
Commented by kwc_photo at 2014-11-04 00:26
>シンシアさん
仙洞御所に行かれるんですね~!紅葉も進んでいるし、
とてもいいと思います。
私、修学院離宮しか行ったことがなくて・・・
仙洞御所、桂離宮も行ってみたいなぁと思っています。
Commented by kwc_photo at 2014-11-04 00:26
>miyakokotoさん
雨だったんですが、一般公開も春と秋だけなので、やっぱり
行くかぁ~と、ちょっと出遅れ気味ながら出発しました。
一回目の蹴鞠には遅れたんですが、雨の中だったので二回目
に最前列で見て正解でした。途中で雨もやみましたしね。
休みの日、家に閉じこもっているとかえって体調が悪化します(笑)
Commented by kwc_photo at 2014-11-04 00:26
>dejikajiさん
雨だとこういうフォーメーションか、と勉強になりました。
雅楽は承明門の下だったようですね。
意外とこの場所は、バックに人が入らないので面白かった
のですが、天井の制約があったり、柱があったりで、蹴る人
は窮屈そうでした(^_^;)
蹴鞠中に説明してくださる内容が興味深くて、あとで調べて
るんですよ。とても勉強になります(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2014-11-04 00:26
>阿修羅王さん
そうなんです。新車寄の大きな屋根の下でしたので、蹴鞠の人たちは
雨がかからないんですが、屋根から落ちてくる水もあって、観客側は
たいへんでした(^_^;)。大きな傘の人も多くて、一列目の人しか
見えないような状況でしたよ(苦笑)
二回目は途中から雨がやんだので良かったです。
蹴鞠保存会の方が詳しく説明してくださるので、聞き覚えたものを
あとで検索して補強してます(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2014-11-04 00:26
>pradoさん
そうなんです。私もう~んと悩んでから、ちょっと遅れて
家を出ました。
結局ついた時は雨で、ありゃりゃ、と思ったのですが、
二度目の蹴鞠の時は途中で雨は止みましたので、何とか撮れました。
昨年、青空のもとだったので、まぁ気分が変わって良いかと
前向きにとらえて撮影しましたよ(笑)
Commented by 京りんたろう at 2016-10-13 07:33 x
リンク希望
初めまして、7月から京都御所が通年公開(無料)となり、これを機会に京都御所のブログ作成に挑戦しています。なにぶん、これからなので、紹介させていただく写真や資料が乏しく、内容充実のため、こちら様の素晴らしいブログをリンクさせていただけないでしょうか?
ぜひよろしくお願いします。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 季節外れのホテイアオイ満開(本... 鮮やかな山紅葉(大台ケ原・シオ... >>