盆山(狂言会・金剛能楽堂)
          
f0155048_0153213.jpg
9月28日。金剛能楽堂にて狂言会が開催されました。
主催は京都かなもじ会。茂山あきら社中の皆さんが熱演してくださいました。

今回は、お茶屋「吉うた」の女将さんでもある、
高安みみ子さんが演じる「盆山」特集です。





f0155048_0163888.jpg
此中世間に盆山の流行るはおびただしいことでござる。
誰殿と申して盆山をあまた所持いたされた人がござる。
常々所望いたせども、ひとつも呉れられぬ。


f0155048_0164766.jpg
今宵、密かに忍び入ってひとつふたつ盗ってまいろうと存ずる

此中普請をせられたと聞いたが、これはなかなか厳しいていじゃ。
これでは入られまい、裏へまわってみよう。
このよし垣を破ればあなたは坪の内じゃ。
このようなこともあろうと鋸を用意いたした。


ズカ、ズカズカズカズカとのこぎりで垣を切り、
メリ、メリメリメリメリ!と垣根を壊す擬音と仕草が印象的。


f0155048_017137.jpg
さてもさても、鳴ったり鳴ったり!
今のめりめりに驚いて、身共が耳をちゃっと塞いだ。
身共が耳を塞いだと言うて、人が聞くまいことは、
さりながら誰も聞きつけはせぬか。

おおっ!自分で壊しておいて「大きな音がした」とビックリ(^-^)
自分の耳を塞いでしまいます。

盗人の愚かさと滑稽さ、表情と仕草で表現されます。


f0155048_017839.jpg
物音のおかげで、誰か来やしまいか、とヒヤヒヤ。


f0155048_017121.jpg
暗闇を手探りで蔵の扉を探します。
パントマイムのような仕草がお見事でした。


f0155048_0172387.jpg
サラリサラリサラリサラリ、パッタリ。
扉を開ける時の擬音です。高校の時、習ったなぁ(笑)


f0155048_0173535.jpg
この辺りにおびただしゅう盆山がある。
これにいたそうか、これが良かろうか、ああ、これも見事なり。


f0155048_0173855.jpg
これは見事じゃ~!
宝の山に興奮を隠せない盗人。そこへ・・・


f0155048_0174776.jpg
物音に気づいた盆山の主が刀を抜いて現れます。
盗人め、そこにいるのはわかっておる!出てこい!!


f0155048_0175098.jpg
暗闇のなかで交錯する盗人と当主。


f0155048_0175492.jpg
イカン!そうだ、この盆山の陰に隠れよう!
小さな盆山の陰に隠れようとする滑稽さ。小さな扇が盆山に見立てられています。
こんな陰では、隠れようがありませんよね。


f0155048_0175884.jpg
当主は、盆山の陰に盗人がいることをわかっていて、あえていたぶります。

あの盆山の陰に隠れたるは、あれはサルじゃ。
サルならば身せせりをしてなきそうなものじゃが。

盗人は「おお、サルだと思うておるわい」と真に受けて、
背中を丸めて「きゃぁきゃぁ」と鳴きマネをします。


f0155048_018310.jpg
当主は更に嬲ります。
「おお、サルだと思うたが、あれは犬じゃわい。犬なら鳴きそうなものじゃ。」

盗人は「びょうびょう」と犬の鳴きマネをするはめになります(笑)

狂言では、犬は「びょうびょう」と鳴くのですね(^-^)

f0155048_018627.jpg
盗人がノッてくるので、当主は調子に乗ります。

「犬かと思えば、あれは鯛じゃ、鯛ならヒレを立てそうなものじゃが・・・」

真顔で扇をヒレに見立てて固まる盗人。
会場からも笑い声が起きていました(^-^)

ここで、クライマックス。
「鯛ならヒレを立てたら鳴きそうなものじゃ。
鳴かぬなら弓を持ってきて射殺してしまおう」
・・・当主は盗人の浅はかさをあざけて、こんなことを言います。

盗人はもちろん、魚である鯛の鳴き声など、誰も聞いたことがありませんよね(笑)

答えに窮した盗人は苦し紛れに「タイ~!」と大声で叫び、
怒った当主が「おのれ憎いヤツ!やるまいぞ!やるまいぞ!」と追いかけ、
盗人は「ゆるいてくれい~」と逃げ、二人は舞台の袖に消えていきます。

ケチな盆山の主に、浅はかな盗人。ケチも浅はかもハタから見れば滑稽なもの。
狂言は滑稽の中に教訓を隠していますね。

吉うたの女将さん、高安さんのハリのある声とユーモラスな所作に
笑わせていただいた「盆山」でした(^-^)
by kwc_photo | 2014-10-02 19:05 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(14)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/23044510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from THE PHOTO DI.. at 2014-10-02 20:51
タイトル : 狂言! ~京都かなもじ会 金剛能楽堂~
御所のご近所、金剛能楽堂で京都かなもじ会主催の狂言が行われました。 茂山社中の皆様方による狂言はとても滑稽で楽しいものでした。 今回は祇園町の親愛なるお母さんお茶屋「吉うた」の高安みみ子さんによる「盆山」特集です。 堂々たる舞台演技に釘付けになりました。 吉うたのお母さん、お疲れ様でした そして、撮影ありがとうございました。 LENS/ EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM EXTENDER EF1.4×III ...... more
Commented by ei5184 at 2014-10-02 19:31
此れは見逃してしまいました。以前から高安美三子さんが
狂言をしているとお聴きしていたのですが・・・
今度お会いした時に詳しくお聞きします。
Commented by 阿修羅王 at 2014-10-02 19:48 x
狂言はとにかく楽しいですよね。
下手なお笑い芸人なんて、足元にも及びません。
Commented by dejikaji at 2014-10-02 20:41
kwc_photoさん、こんばんはです。
色々な物撮られてるんですね~!
狂言、最初は取っ付きにくそうですが、見てみると意外と面白いんですよね。
Commented by prado9991 at 2014-10-02 20:51
こんばんは
同じ日にUPとなりましたね。
許可が出て良かったですね。
良しうたのお母さん、堂々たる演技に感心しました。
他の方はセリフが曖昧なところがありましたが、お母さんは大したもんです。
ますます、ファンになりました。
Commented by davidmittu at 2014-10-02 22:33
タイ~(笑)
とても細かい描写でその場にいるような気持ちになり、笑いながら
拝見させてもらいました(^^)笑
嬲り方も可笑しいです(笑)
狂言見に行ってみようかなあ!
Commented by くすのき at 2014-10-03 01:04 x
お母さんはじめ、演者の皆さんイキイキとされてましたね。
緊張感より会場と一緒に楽しんでる感が伝わり毎回、元気をもらっています。
私も初老の(笑)育児が一段落したら何か芸事を始めたいと思います。
Commented by arak_okano at 2014-10-03 06:50
アラック、能は難しく感じて見たことはないのですが、狂言は身近に感じて大好きです。演者の表情がリアルに伝わってきますね、バグースです。また、一つの京都を有り難うございます。
Commented by kwc_photo at 2014-10-03 12:13
>eiさん
ご案内を直前にいただいたので行ってきました~。
私も一度見てみたいと思っていたところでしたので、
とても良い機会でした。
茂山あきら社中は、以前平安神宮でも狂言をされていて、
その時に演じておられた方も、今回出演されていて
懐かしく思い出しつつ見せていただきました。
また、他の方の様子も近々アップします。
Commented by kwc_photo at 2014-10-03 12:13
>阿修羅王さん
いくつも演目を見せていただきましたが、どれもクスリと
笑えるツボがあって、面白かったです。
狂言は、昔における「吉本新喜劇」みたいな感じだった
のでしょうかね(笑)
Commented by kwc_photo at 2014-10-03 12:13
>dejikajiさん
えへへ。狂言はあまり数は撮ってないのですが、見るのは
楽しいですね。セリフも古文ながらわかりやすいですし、
身振り手振りで面白さがわかるので、子供でもある程度
理解できるみたいです。
Commented by kwc_photo at 2014-10-03 12:13
>pradoさん
許可いただけてよかったです~(^^)。
やっぱり「鯛」のポーズは秀逸でしたね。あの生真面目な
顔でのポーズだから、余計面白いです。
滑舌よく、ユーモラスなセリフ回しに聞き入りましたよ。
見に行って良かったです~。
Commented by kwc_photo at 2014-10-03 12:13
>davidmittuさん
盆山のセリフ回しはとてもユニークで、しかも狂言の基本の
ような擬音づかいが目白押しなのですよ。
ズカズカとか、メリメリ、サラリサラリなどは、見どころの
一つですが、すべて入ってましたのでね~。
どの狂言も、クスリと笑わせる滑稽が入ってて面白いですよ。
Commented by kwc_photo at 2014-10-03 12:14
>くすのきさん
吉うた母さま、本当にいきいきされていました。
狂言の台詞の言い回しは、ともすれば棒読みのように聞こえて
しまうものですが、とても味のある発声。さすが芸事の道に
生きてこられた方だなぁと見入ってしまいました。
くすのきさんが狂言をされても似合いそうな気がしますよ。
裃とかキマるんじゃないですかね(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-10-03 12:14
>アラックさん
狂言はセリフが付いているものがほとんどで、とても
ユーモラスなので見ていても楽しいですね。
先日の狂言会でも子供の笑い声も聞こえるくらいですから、
ちょっとむずかしい言い回しでも、そこは日本人DNAで(笑)。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 初秋の花景色(真如堂・迎称寺・... 彼岸花咲く里山(木津川市加茂) >>