ホテイアオイに彼岸花(本薬師寺跡)
          
f0155048_2115367.jpg
ここは本当に夏の楽しみになっています。
今年は開花が少し遅く、二回訪れてきましたが、それぞれの美しさがありました。

(※9月17日、8月30日撮影)






f0155048_20494812.jpg
最初に訪れたのは8月30日。
青空のもと、ホテイアオイが満開となっていました。


f0155048_20513075.jpg
この花、暑い夏が大好き。
お日様が照りつければ照りつけるほど、喜んで花を咲かせます。


f0155048_20513830.jpg
孔雀の羽のように美しい模様は、全方向を向いて咲く花の「目」のようです。


f0155048_2054425.jpg
とてもかわいらしい花ですよね。


f0155048_2163434.jpg
次に訪れたのは9月。
これまた美しい秋空でした。
彼岸花が田んぼのあぜを彩ります。


f0155048_2185787.jpg
ホテイアオイを背景に咲き誇る彼岸花。


f0155048_219642.jpg
流れる秋雲が美しい。
そして、その前にはモリモリに花をつけた萩。
大きな株でした。


f0155048_2110173.jpg
住宅地の向こうには畝傍山が見えます。


f0155048_21103065.jpg
さぁ、塔の跡へと歩みを進めましょう。


f0155048_21104064.jpg
心柱を建てた礎石の穴にもホテイアオイが生けられていました。


f0155048_21132658.jpg
いやはや、いい光景です。


f0155048_21141167.jpg
この光景に彼岸花が色を添えてくれるとは。
いい日に再訪できました(^-^)。


f0155048_21141792.jpg
ホテイアオイより彼岸花がメインみたいになっちゃいますね(笑)


f0155048_2126247.jpg



f0155048_22212829.jpg
田んぼに彼岸花が映り込んで綺麗。
どうやら、この一角は、この映り込みのために水がはられているようです。
一株だけ稲が植わっていて、実りの季節を迎えていました。


f0155048_21225440.jpg
金堂跡にも彼岸花が咲いていました。


f0155048_21365177.jpg
庚申さんにも彼岸花が供えられていました。


f0155048_2123364.jpg
いきいきと美しいホテイアオイの花。
実は・・・この子達も、この繁殖力から海外では嫌われ者なんです。
ブルーデビル、なんてひどい名前がつけられています。

日本では特定外来生物扱いはされていないのですが、要注意外来生物。
明治時代に観賞用として持ち込まれたのが始まりです。
こちらの田んぼのように、きちんと管理して、みだりに広がらないようにしていかねば、というものなんですね。


f0155048_2127926.jpg
それにしてもこの萩はスゴイ。
まるで滝のようにピンクの花がしだれていました。
その奥にはホテイアオイ、西塔の心礎のある島、そして畝傍山。


f0155048_21333560.jpg
薬師寺が元々あった場所。
その様子や規模は礎石でしか測り得ませんが、跡地でこうやって花が咲いて人が集まることで、
元薬師寺のあった場所、ということが伝わっているというのは素晴らしいことですね。


f0155048_2135158.jpg
里芋の葉とホテイアオイのコラボレーション。
いやぁ、見事な満開っぷりです。


f0155048_2137563.jpg
この日も暑い日でした。
ご機嫌で花を咲かせてくれたホテイアオイ。ありがとう~!


f0155048_2138912.jpg
最後にもう一度、畝傍山を眺めて。

夏の風物詩として定着したホテイアオイ群生。
今年は彼岸花とともに楽しめました(^-^)
by kwc_photo | 2014-09-21 22:37 | 奈良(Nara) | Trackback(3) | Comments(20)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/22975892
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ぶらりねっと at 2014-09-22 07:57
タイトル : 薬師寺と本薬師寺
穏やかな天気の奈良をぶらり。 奈良県西ノ京駅。 ここには「薬師寺」があります。 薬師寺には西遊記で親しまれている、三蔵法師がゆかりの玄奘三蔵院伽藍もあります。 快晴で、雅な空間を堪能。 この薬師寺、平城遷都とともに現在の場所に移されたのですが、 もともとは、壬申の乱後、天武天皇が藤原京の地に建てたといわれています。 それがこのホテイアオイ咲き乱れる、「本薬師寺跡」。 今回はこちらがメインとなります。 今は小さなお...... more
Tracked from 彩の気まぐれ写真 at 2014-09-22 12:57
タイトル : 本薬師寺跡のホテイアオイ
9月9日   本薬師寺跡(橿原市城殿町)周辺で米の生産調整の一環として休耕水田(面積約1.4ha)を利用してホテイアオイが栽培されています。  丁度見事なホテイアオイに出会えました。 「うねび北小学校」の生徒さんも株の植え付けをされています。 良く咲いています。 駐車場すぐの所の眺めです。 お天気の良い日に朝に咲くホテイアオイ、お昼からは閉じてしまうそうです。  金堂跡に咲く百日紅とミカン。 見事な咲き具合です。 陽を受けて綺麗~。 長方...... more
Tracked from Deep Season  at 2014-09-23 06:21
タイトル : 本薬師寺跡
 風物詩  哀愁ある土埃がまう道  晩夏から咲くホテイアオイは寂しくなったが  咲いたばかりの彼岸花の  発色がたまらない  曼 珠 沙 華... more
Commented by cynchia at 2014-09-21 23:46
こんばんは、素晴らしいの一言です。
こういう時期があるのですね。
Commented by kurese0535 at 2014-09-21 23:58
こんばんわです。
うひゃ〜!!!!さすがにお見事です。
同じ日の分だけでも同じ日とは思えないくらい素晴らしいです。
9月、同じ青空でもやっぱり違いますね。
夏空と秋空みたく、雰囲気が違いますね。
そして彼岸花に萩までですか!凄いです〜♪
Commented by walkingkyoto at 2014-09-22 00:18
今日、稲淵棚田へ行ってみました。
これを拝見させていただくとこちらの方が良いような~(>_<)
彼岸花とコラボなんていいなぁ~。
Commented by ei5184 at 2014-09-22 04:39
ほう、彼岸花の時まで咲いていてくれますか!
場所が判りましたので、来年は訪ねてみます(笑)
Commented by 阿修羅王 at 2014-09-22 06:04 x
おはようございます。
夏の時期に一度尋ねたら、また感動が湧きそうですね。
今回は彼岸花とのコラボが目的だったので、
それはそれでよかったですが。

奈良は観光をピーアールという面では
京都より遅れているんじゃないかと聞いたことがありますが、
ホテイアオイの管理やわざと映り込みの場所を造ったり、
何よりもホテイアオイの力を借りて寺院の跡地を知って貰う、
そんな心遣いが京都よりずっと素晴らしいと思います。
門川市長にも見習わせたいですね。
Commented by arak_okano at 2014-09-22 06:48
二回の訪問の価値がありましたね、三つも花たちが元気に咲き誇り、水面綺麗でバグースです。
Commented by davidmittu at 2014-09-22 07:56
おはようございます。
彼岸花が入るとまた撮り方も変わり景色が変化しますね!
ここも青空必須ですね(^^)
TBよろしくお願いします〜。
Commented by misat at 2014-09-22 12:49 x
薬師寺が好きで関西に行った際は何度か訪ねているのですが、
薬師寺があった場所は今はこの様になっているのですね~。 青空と相まって、綺麗ですね~。
彼岸花とのコラボもいいですね^^
次、奈良に行った際は訪ねてみたいと思いましたが、お花を見るにはタイミングが重要そうですね^^;
Commented by at 2014-09-22 12:56 x
こんにちは~
こちらも2回行かれたのですね。
涼しげなホテイアオイ本当に綺麗ですね。
9月中旬だと彼岸花や萩も見られるのですね。
彼岸花がこんなに咲いているなんて知りませんでした。
T.B.させて下さいね。よろしくお願い致します。
Commented by runa_yuzu_love at 2014-09-22 20:14
こんばんは
ホテイアオイ 圧巻ですね!
これほど群生してるのを見たのは初めてですよ
まるで 合唱してるみたい ?? ??
彼岸花と 一緒に咲いてるのも とても綺麗ですね
何度も通いたくなるのわかります!
Commented by kwc_photo at 2014-09-22 23:56
>シンシアさん
ありがとうございます。
ホント、おっしゃるとおり、こんな時期があるのですね。
素晴らしいタイミングでした。やっぱりもう一度行って
良かったです(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-09-22 23:56
>kureseさん
同じ日の8月30日も、空がきれいで大満足ではあったのですが、
あの東塔の跡にある木の方を向いた時に、咲いていない池が
入ってしまうので、これはもう一度と決めていました。
広く撮った時に、青空とホテイアオイが入ってくれる図が
大好きなんですよ(^-^)
萩と彼岸花は期せずして満開!うれしかったです。
Commented by kwc_photo at 2014-09-22 23:56
>walkingkyotoさん
おお~、稲渕に行かれましたか。絶好のタイミングだったのでは?
ホテイアオイは私も稲渕の帰りにいきました。ここは絶対寄りたかった
のですよ。萩の満開と彼岸花の開花は嬉しい誤算でした。
Commented by kwc_photo at 2014-09-22 23:56
>eiさん
ホテイアオイってすごく花の期間が長いのですよ。
それもあってか、繁殖力が強すぎて嫌われ者になっていますが、
本当に綺麗な花なので毎年楽しみなんです。
8月お盆のあとくらいから、9月お彼岸のころまでは見頃と言って
いいと思います。ぜひ来年!(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-09-22 23:56
>阿修羅王さん
この花は暑いのが大好きなんですよ。だから、ホントは8月が一番
輝いているかと思うのですが、今年の8月はあまりにも雨が多くて。
それもあってか、8月末の訪問時はまるまる一つの池が未開花状態。
これはもう一度!と思っていました。
奈良は交通のアドバンテージで京都に遅れをとっていますが、
それぞれのお寺さんなどは本当に素晴らしい佇まいを残していて、
さすが戦火で焼かれていないだけあって、桁違いの古いものが
残っていますよね。リニアは奈良へ!という気持ちもわかります。
でも、観光地化があまりにも進み過ぎることへの懸念もあるので、
痛し痒しですね(^_^;)
Commented by kwc_photo at 2014-09-22 23:56
>アラックさん
一度目がちょっと満開からはズレた感じのタイミングだったので、
彼岸花の頃に明日香に行くか、蕎麦の頃に笠に行った時にでも
もう一度、と決めていました。うまく作戦がハマって良かったです。
水面に映り込む彼岸花、綺麗でした~!
Commented by kwc_photo at 2014-09-22 23:56
>davidmittuさん
TBありがとうございます(^-^)
おすすめした甲斐があって、楽しんでもらえたようですね。
私は2度行きましたが、2度めの彼岸花がなかなか素敵で、
今年はこれが当たりだったかなぁと思いました。
青空があると広く撮影した時の空の表情が良くて、花も
いきいきしますね。
Commented by kwc_photo at 2014-09-22 23:56
>misatさん
薬師寺の元々あった場所、もう1300年も前のことですが、
その礎石が残っている田んぼ、というのは何とも味わい深いです。
礎石の穴にもホテイアオイを育てておられるのも面白いですね。
ここのホテイアオイは、8月後半から9月中旬にかけて、なが~く
見られる花なので、ぜひその頃を狙って行ってみてください。
Commented by kwc_photo at 2014-09-22 23:56
>彩さん
そうなんです。ホントは8月末頃でピークがきている
かなぁと思ったのですが、今年は日照不足気味の8月で、
少し開花が遅れ気味でした。
超満開は9月第2週目くらいだったみたいですが、彼岸花
と一緒に撮れたのが良かったのでよしとします(笑)
TBありがとうございます。こちらからもさせてもらいますね。
Commented by kwc_photo at 2014-09-22 23:56
>runa_yuzu_loveさん
ホテイアオイ、ここのはスゴイ群生なので毎年の
夏の楽しみなんですよ。
孔雀の羽根みたいな目玉があるのですが、全方向に
花がつくので、どこから見てもこちらを見つめられて
いるような気分になります。
大合唱、たしかにそんな風にも見えますね(^-^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 常林寺・萩の花と彼岸花 妙蓮寺・芙蓉と彼岸花の頃 >>