八朔相撲・赤ちゃん土俵入り(泣き相撲)
          
f0155048_2218677.jpg
松尾大社の八朔祭では、八朔相撲も開催されました。

中でも、赤ちゃん土俵入り(泣き相撲)は可愛らしくて、必見です(^-^)

(※9月7日撮影)





f0155048_22185582.jpg
係の人から赤ちゃんが力士に託されます。
「え、僕、なにされるん~?」
と不安げな眼差しがまたかわいらしい(笑)


f0155048_22191633.jpg
お父さん?と見紛うほど相似形(^-^)。
将来楽しみな体格の赤ちゃんでした。


f0155048_2219288.jpg
力士は泣き叫ぶ赤ちゃんを抱っこしながら、高々と四股を踏みます。


f0155048_22193996.jpg
右二回、左二回。
最初は泣いていなかった子も、だいたいこの四股で泣き始めます。


f0155048_2220033.jpg
最後は土俵で土を付けられておしまい。
土俵の真ん中で寝かされると、さすがのこの子も泣いちゃいました(^-^)


f0155048_22201015.jpg
土俵の真ん中で大泣き。
観客からも温かい笑い声が響きます。


f0155048_22201711.jpg
泣き顔も色々。
恐怖におののく子もいれば、訴え泣きみたいに恨めしそうになく子も(笑)


f0155048_2220363.jpg
おっと、この子は背中に土を付けられる前に逃亡を謀りました(笑)


f0155048_22204436.jpg
土俵際まで逃げましたが・・・


f0155048_22205132.jpg
係員の人に連れ戻されて、土俵の中央で土を付けられました(^-^)


f0155048_22211752.jpg
いい泣き顔ですね~。
力士の人も、いい声で泣かれるとちょっとうれしいみたい(笑)


f0155048_22212998.jpg
よいしょ~!
見事土俵に転がされました。


f0155048_22215226.jpg
この子は「何が起こるのかわからない、といったキョトンとした表情で土俵入り。


f0155048_2222066.jpg
でも・・・土俵に座らされると・・・・


f0155048_22224255.jpg
ちゃんと役割をわかってたかのように泣き始めました(^-^)
一番の泣き顔でしたね~。


f0155048_22231483.jpg
こんなにいっぱい赤ちゃんの泣き顔を連続で見られるのは、この泣き相撲くらいでしょう(笑)


f0155048_22232219.jpg
女の子も参加してました。
ヒゲを掴んで必死に抵抗中(^-^)


f0155048_2225412.jpg
泣けば泣くほど元気な子になる。
そんな思いで、たくさんの赤ちゃんが土俵入りをされました。



f0155048_2225598.jpg
健やかに育ちますように。

迫力ある四股、そして大きな泣き声に、観客も笑顔がいっぱいの八朔相撲・泣き相撲でした。
by kwc_photo | 2014-09-16 22:44 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/22947693
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ぶらりねっと at 2014-09-17 08:49
タイトル : 八朔祭―八朔相撲― (松尾大社)
松尾大社で八朔祭が行われ、女神輿の他にも八朔相撲が行われました。 午前中に小中高生の部の相撲があります。 高校生の部は迫力満点。 鎌倉時代から続いているとされるこの奉納相撲。 日本の伝統はしっかりと伝承されています。 立派な相撲をとった力士には盛大な拍手。 次の取組まで時間があるため、重森三玲さんのお庭をゆっくり。 さあ、ここからはちびっ子たちが主役です。 みんな元気いっぱい。 ただし笑顔が見られるのも相撲が始まるまでのこと。 ...... more
Commented by ei5184 at 2014-09-17 04:34
いやあ~何回見ても可愛いですね~
赤ちゃんにとっては災難でしょうが(笑)
Commented by arak_okano at 2014-09-17 06:49
そりゃ泣きますね、でも、大きな泣き声が日本の未来を明るくしますね、バグースです。あ、京都へ行きたくなりました。
Commented by cynchia at 2014-09-17 08:20
おはようございます。
おもしろく拝見しました、子供さんも、力士も表情がいいですね。
Commented by davidmittu at 2014-09-17 08:48
おはようございます。
赤ちゃんや周りの観客の笑顔はもちろん、力士の人たちの表情も
なんだか楽しそうで微笑ましかったですね(^^)
毎年行きたい行事になりました!
TBもよろしくお願いします~。
Commented by deepseasons at 2014-09-17 19:43
こんばんは~
微笑ましい行事ですね。 そして、被写体としても興味がわきます。
今回は松尾の八朔、中秋の名月、重陽と連続したので休みが取れなかったけど、
一度行きたいなあと思いました。
Commented by kwc_photo at 2014-09-17 23:07
>eiさん
赤ちゃん、いい顔してますよね。
泣き顔をこんなに色々見たのは初めてでした(笑)
我が子ももう泣き顔を見せることがなくなったので、
なんだか懐かしさすら感じる、いい行事です(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-09-17 23:07
>アラックさん
ホント、皆さん元気に育って欲しいですね。
あの泣き声だと、大丈夫だと思いますよ(^-^)
京都はそろそろ色々行事があるシーズンになってきますね。
10月はお花も咲く頃。さぁ、どこへ行こうかなぁ。
Commented by kwc_photo at 2014-09-17 23:07
>シンシアさん
おもしろいでしょう?赤ちゃんの泣き顔もいろいろです。
最初はこらえている子も、最後は泣いちゃいます(^-^)
それがまた、皆さんの笑顔を誘うようで。
そばで見ている方も、みんなニコニコのいい行事です。
Commented by kwc_photo at 2014-09-17 23:07
>davidmittuさん
なかなかいい行事でしょう?八朔祭のお神輿を追いかけると、
この赤ちゃん土俵入りが見られないのですよ。
今年はこちらが見られてよかったです(^-^)
TBありがとうございます。
Commented by kwc_photo at 2014-09-17 23:07
>deepseasonsさん
ホント、ほのぼの微笑ましい行事です。
赤ちゃんの様々な泣き顔に、見ている方はニコニコしてしまいます。
いい泣き顔しているなぁ~と、どの子も思えました(^-^)
力士の皆さんも、ちょっと楽しそうでしたよ(笑)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 初秋・宝泉院 角屋・現存する唯一の揚屋建築の美 >>