寂光院・初秋
          
f0155048_22292471.jpg
静かな佇まいを見せてくれるこのお寺にも、秋の訪れが。

秋海棠、満開です。

(※9月3日撮影)






f0155048_22301485.jpg
寂光院といえば、この石段。
両サイドから迫るモミジ、紅葉の頃も綺麗でしょうね~。


f0155048_22304324.jpg
さぁ、本堂前へ。
サルスベリ、白は満開を過ぎたところ、赤は今年はこんな咲き具合みたいです。


f0155048_22331917.jpg
錦鯉が泳ぐ「四方正面の池」のほとりには秋海棠。


f0155048_22335956.jpg
こちらも満開を迎えていました。


f0155048_22354889.jpg
そのまま本堂でお参り。
お寺の方とお話をしました。
今年はサルスベリの咲きがイマイチ良くないとのこと。


f0155048_22354991.jpg
時期をのがしたこともありますが、例年は確かにもっと真っ白に咲き誇ります。
赤い方は今年は本当に寂しい感じ。天候不順が祟ったのでは、とのことでした。


f0155048_2237272.jpg
本堂から門を望む。


f0155048_2238162.jpg
栗とすすきのいけ花。
風流ですね。秋だなぁ。


f0155048_22381566.jpg
再び池の畔へ。
秋海棠の向こうには、仏像がこちらを見守っています。


f0155048_22382167.jpg
紅白のサルスベリを。


f0155048_22391447.jpg
秀吉好みの南蛮灯籠のまわりにも秋海棠が咲きます。
水辺やしっとりしたところを好む花ですね。


f0155048_22394184.jpg
秋海棠越しに門を望む。


f0155048_22404992.jpg
心字池(汀の池)のほとりにも秋海棠が咲いていました。


f0155048_2241154.jpg
姫小松の幹の足元がお気に入りのようですね。


f0155048_2242719.jpg
以前は行けなかった場所にも入れるようになっていました。
こちらは、御庵室遺蹟。建礼門院徳子が壇ノ浦で海から救い出され、この寂光院の地に隠棲した庵の跡。
苔むした姿に、時の流れを感じます。


f0155048_22421295.jpg
この庵跡の右奥には、建礼門院徳子が使用したという井戸が残っています。


f0155048_22422454.jpg
青もみじに紅白のサルスベリ。
夏の終わり、秋の始まりに見られる寂光院の輝きですね。


f0155048_2244038.jpg
宝物殿横の池にも秋海棠。
本当に水辺と見ればしっかりその勢力を伸ばしていますね。


f0155048_22441621.jpg
ギボウシにヤブラン。
9月初旬の花達が咲いています。


f0155048_22442661.jpg
ヤブランと秋海棠。
気候のよい季節がやってきたなぁと感じる花達です(^-^)


f0155048_2245234.jpg
ギボウシにクマバチが潜り込んでました(笑)
小さい花なので、ギュウギュウです。


f0155048_2245875.jpg
ふぅ。
クマバチが去ったあと、ため息をついたようなギボウシ。かわいいですね。


f0155048_22453374.jpg
さぁ、そろそろお暇しましょう。
茶室の「孤雲」前のお庭にもヤブランが綺麗に咲いていました。


f0155048_22454221.jpg
最後は駐車場の秋海棠。
ここは本当にたくさん咲くんです。


f0155048_22455054.jpg
美しい秋海棠ほか、初秋の花を楽しめた、寂光院でした。
by kwc_photo | 2014-09-11 23:47 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(12)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/22908111
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 京都写真(Kyoto P.. at 2014-09-12 09:24
タイトル : 寂光院
緑の癒し 緑に包まれた参道。歩んでいるだけで癒されます(^^) 山門周辺は思わず見上げたくなる風景が広がりました。 実は先週の伊根花火に行く前にも訪れており その時は百日紅が綺麗に咲いていましたが 今回は秋海棠が見頃を迎えていました。 水辺沿い 特に本堂前に群生していました。 そして本当に緑が綺麗でした(^^) 帰り道も緑のトンネルが気持ちよかったです。 寂光院からの帰り道、大原バス停の近くにある 「OHARA RIVE...... more
Commented by ei5184 at 2014-09-12 05:16
紅白の百日紅、期待していたのですが、
特に赤が例年に無く寂しいとか・・・
紅葉時には訪ねてみたいと思っています!?
Commented by 阿修羅王 at 2014-09-12 06:07 x
おはようございます。
紅白の百日紅が咲き誇ったら、と期待していましたが、
やはり今年は何処も寂しいですね。
しかし、秋海棠の素晴らしいこと。
花盛りと建礼門院の悲劇が相対して、ちょっと寂しくなりました。
Commented by arak_okano at 2014-09-12 06:46
ああ、やっぱり夏はすっかり終わり、秋模様なんですね。アラックは悲しみのですが、季節をいっぱい有り難うございます、バグースです。10月12日に日に梅小路機関車館へ、ライトアップを見に行こうと思います。
Commented by youpv at 2014-09-12 09:23
おはようございます~。
今年は百日紅が確かにさみしい感じでしたね。
2回訪れましたが、2回目は散っていました(^^;)

緑が綺麗でしたね(^^)
TBさせていただきますね。
Commented by misat at 2014-09-12 12:46 x
爽やかな緑も秋海棠があるとやはり秋の気配を感じますね^^
うちの近所のお宅のお庭にも少しあるのを見ますが、やはりお寺のお庭に咲くと、とても風流ですね~。
世間のお庭は徐々に秋模様に変わっていってるのを感じました。
Commented by kurese0535 at 2014-09-12 22:56
こんばんわです。
今年、百日紅は先っぽだけがさいている感じのをよくみますね。
しかしながら秋海棠や他の小さい花等、
自分が撮ったら寂しい感じになってしましますが
さすが、Katsuさん、
花景色、Katsuさんワールド全開ですね♪
大原、行けてないので拝見できて嬉しいです。
Commented by kwc_photo at 2014-09-12 23:24
>eiさん
そうなんです。今年の紅は寂しすぎるくらいの花つきでした。
やっぱり暑い夏が好みなんですね、百日紅。
今年のジメジメ、土砂降りの天気は、百日紅にはお気に召さなかった
ようです。
紅葉の頃は、参道となっている石段のトンネルも、後ろの山も
綺麗でしょうね。今年の大原は寂光院から回ろうかなぁ。
三千院は混みすぎるので(^_^;)
Commented by kwc_photo at 2014-09-12 23:24
>阿修羅王さん
私も紅白が咲きそろうのが楽しみだったのですが、今年は
望めませんでした。お寺の方も、今年は寂しい、とおっしゃって
いましたよ。
秋海棠は見事満開でしたね。
兵どもが夢の跡、ではありませんが、建礼門院の隠棲の地と
いうことを感じながら見ると、何とも悲哀を誘う秋海棠です。
Commented by kwc_photo at 2014-09-12 23:24
>アラックさん
京都は夏場の花が少なめなので、秋が来ると途端に忙しくなります(笑)
秋海棠に始まり、蕎麦、彼岸花、芙蓉といろいろ咲きますね。
10月は機関車のライトアップがありますか。
鉄撮りはあまりしないのですが、面白そうですね。
Commented by kwc_photo at 2014-09-12 23:24
>youpvさん
今年は百日紅が満開!という感じのところはほとんどなかった
ですね。やっぱり夏はカリッと晴れないと、暑さを好む百日紅は
ご機嫌が悪いみたいです。
この入口の石段の緑のトンネルは見事ですね。
TBありがとうございました。
Commented by kwc_photo at 2014-09-12 23:24
>misatさん
秋海棠、可愛らしい花ですよね。
しっとりしたところを好む花なので、京都だと大原が名所です。
ご近所にも咲くのですね~。
これが咲くと、ああ、秋が来たなぁという気がしますね。
Commented by kwc_photo at 2014-09-12 23:24
>kureseさん
今年の百日紅は、満開!という感じの木があまり
ないですね。昨日、仏陀寺で綺麗に咲いているのを
みましたが、これが初めてくらいの満開の百日紅でした。
やっぱり天候不順ですかね。雨が多すぎました。
秋海棠、結構好きな花なのです。
なので大原は全部制覇してきましたよ(笑)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 夜の帳に(上七軒・勝奈さん) オニバス咲く(亀岡・平の沢池) >>