八朔(祇園甲部・その2)
          
f0155048_18131962.jpg
祗園甲部の八朔。
その2は芸妓さんに焦点を当てつつお送りいたします。





f0155048_18132742.jpg
何とも落ち着いた風情で歩いて来られたのは豆そめさん。
電柱さえなければタイムスリップ気分ですね。


f0155048_1813308.jpg
豆そめさんは大仲さんにご挨拶。
おや、一緒に出てこられたのは・・・


f0155048_18133553.jpg
こちらも芸妓さんになられた豆まるさんでした。
次に挨拶にいかれた松八重さんの前で一枚。
私しかいなかったタイミングだったからか、豆そめさん、目線くださいました(^-^)


f0155048_18143864.jpg
お次は佳つ菊さん。
一緒に回られていたのは・・・


f0155048_18144090.jpg
同じ小田本さんの佳つ雛さんでした。


f0155048_18145960.jpg
おお、あちらから歩いてこられたのは!
紗月さんのお姉さん、紗矢佳さんです。


f0155048_1815220.jpg
松八重さん前での姿がとても絵になります。


f0155048_1815774.jpg
にこやかに次へ。
ほんわか、素敵な芸妓さんです。


f0155048_18151288.jpg
出たー(失礼)!
クールビューティな真希のさんです。
相変わらずお綺麗でした。


f0155048_18151682.jpg
妹の真咲さんと共に、細道を歩いて行かれました。
これまた絵になるなぁ。


f0155048_181519100.jpg
お福前で笑顔がこぼれたのは小田本の佳つ扇さんと佳つ江さんです。


f0155048_18152975.jpg
横顔だけでしたが、多麻の恵里葉さん。
前を行くのは芸妓の満友葉さんです。


f0155048_18153329.jpg
山加代さんから出てきたのは再び佳つ江さんたちでした。


f0155048_18154084.jpg
最後はつる居さんにお帰りになった紗矢佳さんで〆。
暑い中、おつかれさまでした~。

特集編に続きます(^-^)
by kwc_photo | 2014-08-11 18:53 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/22721639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by deepseasons at 2014-08-11 21:54
こんばんは〜
しばらく同じく舞妓さんを追っかけていたと思えば、
いつの間に、これだけのショット撮られているんですか。
すごい、ええ写真ばっかりですね〜
Commented by cynchia at 2014-08-11 23:36
こんばんは、みんなさん、お綺麗だし
風景にぴったりですね。
Commented by arak_okano at 2014-08-12 07:42
今日は大人の色気と言った感じですね、やっぱりバグースです。アラック、しばらく留守にします。
Commented by misat at 2014-08-12 12:52 x
芸妓さん達は皆さんやはり落ち着いた美しさがありますね~。
どれも絵になるお写真ばかりで凄いです。
紗矢佳さんのお着物、波の模様が入って素敵ですね。
優しい笑顔もいいですね^^
Commented by くすのき at 2014-08-12 16:43 x
行事が終わって戻ってこられた紗矢佳さんと少しだけお話しさせて頂きました。
「お母さんがくすのきさんちゃんとついてきてはるか心配してはりましたよ~」と
ありがたいお言葉ですが、一緒に行くのは問題がありすぎて絶対に無理です(笑)


Commented by rollingwest at 2014-08-12 20:55
八朔とは果実かと思いきや・・、旧暦8月1日を略したで言葉なのですね。ウィキで調べてみれば、「古来より恩義のある人に贈り物をする風習があった日で 京都の花街・祇園においては、芸舞妓さんたちが黒紋付の正装姿で 家元宅や日頃からお世話になっている所にご挨拶に詣でるならわし」か・・。いや~勉強になりました。優雅ですね~!
Commented by kwc_photo at 2014-08-12 22:06
>deepseasonsさん
ふふ、やっぱり舞妓さんを追いかけちゃいますもんね。
私、一時期、藤・菊さんルートから離脱して、花見小路通
に戻ってから「やなぎ」さんで追い付きました(笑)
撮ってる間はお互い夢中ですもんね(^-^)
今回、芸妓さんを意識して何人か追ってみましたが、
人気の舞妓さんの喧騒ぶりとは違って、ゆったりしてました。
これはこれでアリかもですね。
Commented by kwc_photo at 2014-08-12 22:06
>シンシアさん
舞妓さんって、本当は芸妓さんの修行中の身ですから、
芸妓さんの方が芸歴も上のお姉さんたちなので、それは
もう佇まいといい、振る舞いといい、本当に洗練された
方々ばかりです(^-^)。どうしても髪型や衣装がきらびやか
な舞妓さんを追いかけてしまいますが(笑)、今回芸妓さん
を意識して撮影してみて、これもいいなぁって思いました(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-08-12 22:06
>アラックさん
そうですね。今回は落ち着いた芸妓さんの様子を中心に
しました。八朔とはこんな様子、といいたいところですが、
実際はすごい状態です(^_^;)
旅立たれるのですね。お気をつけて~。
Commented by kwc_photo at 2014-08-12 22:07
>misatさん
今回は芸妓さん中心に記事を組んでみました。
大人気舞妓さんたちと違って、取り巻くカメラマンや観光客
も少し落ち着いていますので、ゆったりした写真になりますね。
紗矢佳さんの着物、私もあの波模様がとても涼しそうで、
目にも鮮やか。眼福でした。とてもほんわかした素敵な方です(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-08-12 22:07
>くすのきさん
あの日、お母さんに心配されていたのですね(^-^)
でも、確かに一緒に行くのは、かな~り勇気と根性が必要
ですね(^_^;)。やっぱりそっと人混みに混じりつつ・・・
が一番無難ですね(笑)
Commented by kwc_photo at 2014-08-12 22:07
>rollingwestさん
八朔は「その1」で書かせていただいたとおり、八月朔日の
略なんですよね。元々は武家文化だったようですが、今も
花街でこのような挨拶が行われているということが興味深い
ですね。
すっかり全国区の行事になってしまい、全国各地からこの
様子を見ようとたくさんの方が訪れるようになりました。
花見小路通は優雅というよりは、テーマパークのような
状況になっていますが(^_^;)、
Commented by prado9991 at 2014-08-12 22:08
こんばんは
今回は玄人好みと言うか渋い選択ですね。
黒紋付だと芸妓さんたちの姿がグッと引き立ちますね。
紗矢佳さん、久しぶりに見た感じがします。
やっぱり、美しいですね。
Commented by kwc_photo at 2014-08-12 22:28
>pradoさん
今回は渋好みシリーズです(^-^)
真希のさんが1枚(後ろ姿あわせて2枚)きりだったのは残念でしたが、
芸妓さんの佇まいはとても絵になるなぁと思って、意識してみました。
来年からは、撮りたい芸妓さんが二人増えますし(笑)、やっぱり
花街を支えているのは芸妓さん、という意味も込めて、リスペクト
アップ!です(^-^)
Commented by kirafune at 2014-08-13 09:34
目の保養になりました^^
美しい人に美しい町。
ほんと絵になります。
1枚目、ポストカードにしてほしいです。
Commented by kwc_photo at 2014-08-13 17:24
>kirafuneさん
一枚目、私も気に入ってます。
紗矢佳さんの歩かれる時に、前後に人がいなかったので、
「これはラッキー!」とニンマリでした。
それほど、花見小路通は人が充満してるんですよ(^^ゞ
背景に人が写らない方が不思議な一日でした(笑)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 2014 びわ湖大花火大会 紫陽花と半夏生(勧修寺) >>