前祭・山鉾巡行2014(鶏鉾~月鉾)
          
f0155048_2023014.jpg
さぁ、人気の鉾が続きます。

鉾に載る稚児人形も必見ポイント。
懸装品とともに観賞していきましょう(^-^)




f0155048_2045179.jpg
さぁ、大きな鉾が来ますよ。
鶏鉾です。


f0155048_2045431.jpg
揃いの赤い傘がキマってます。


f0155048_205132.jpg
エイヤラヤー!
鉾を曳く曳き手さんに力が入る様子は圧巻。


f0155048_2051413.jpg
懸装品も豪華絢爛。
天水引ひ踊るのは青い麒麟。下水引は金地に綴織された「唐宮廷人物図」。


f0155048_2051868.jpg
稚児人形は無名。
名前が伝わらなかったようです。
でも、幕末に制作された見事なものです。


f0155048_2054287.jpg
全容が現れました。
鉾巡行では、車方さんがバランスを見ながら車輪を誘導します。


f0155048_205474.jpg
そびえる鉾。
鉾頭は高すぎて見えませんが、三角形に卵形があしらわれています。


f0155048_2055489.jpg
こちらも見送りが見事。
復元新調品ですが、現物は重要文化財、16世紀のベルギー製タペストリーで「トロイの王子と妻子の別れ」。
もとはもっと大きなタペストリーだったものを何分割かにして伝わったようで、
長浜曳山祭の鳳凰山の見送りがこのタペストリーの右側に位置したものであると言われます。

白楽天山、鯉山に伝わるベルギー製タペストリーと合わせ、トロイ戦争を題材とした連作物が鉾町に伝わっています。
興味深いですね。

f0155048_2055885.jpg
山九番、木賊山。


f0155048_206470.jpg
我が子を攫われ、一人木賊を刈って暮らす老人を描いている。
切ないお話ですね。


f0155048_206781.jpg
四条傘鉾がやって来ました。お囃しの笛が聞こえます(^-^)


f0155048_20699.jpg
赤熊を被った振袖袴の棒ふりさん。
クルンクルンと棒を回しながら登場です。


f0155048_2061627.jpg
太鼓とササラの子達も振袖袴ですが、可愛らしい花笠をかぶっています。


f0155048_206188.jpg
宵宵宵山でお囃しを披露してくださった囃子方の皆さん。
笛太鼓に鉦の音色がとても雅です。


f0155048_2063683.jpg
こちらが風流傘。「麗光鳳舞之図」がさがりとして懸けられています。
応仁の乱、禁門の変で焼けた四条傘鉾は昭和63年、巡行に復活しました。


f0155048_2064759.jpg
鶏鉾、木賊山の後ろ姿です。


f0155048_207333.jpg
さぁ、人気の一基がきました。
山十番、蟷螂山です。


f0155048_2074353.jpg
唯一のからくりがあるんです。
豪華な御所車に見事な懸装品も目を引きますが・・・


f0155048_2075419.jpg
これ!蟷螂が鎌を振り上げたり、首を傾げたり、羽を広げたり。
御所車の中に入った人が操作しているんですよ。暑い中おつかれさまです。


f0155048_2083175.jpg
ふと振り返ると大渋滞中(笑)
油天神山、鶏鉾、木賊山、四条傘鉾、蟷螂山が全部見えています。
辻回しに手間取っているのかな?


f0155048_20125470.jpg
さぁ、月鉾がやって来ました。
この幕はそろそろ新調したほうがいいかもですね(笑)


f0155048_2014816.jpg
やはり豪華な月鉾。
最も高く、重い鉾と言われています。


f0155048_20145322.jpg
稚児人形は「於菟丸」さん。
豪華な冠をつけていますね。
天水引も円山応震下絵の「霊獣図刺繍」。素晴らしい逸品です。


f0155048_20155478.jpg
屋根方さんをクローズアップ、というわけではありません(笑)
屋根の先端に付くのはカラス。ただのカラスじゃありません。足が三本の八咫烏です。


f0155048_20162290.jpg
破風飾にはめずらしく「時計草」があしらわれていますね。
蟇股部分の波を駆ける兎は、左甚五郎作と言われます。


f0155048_2017225.jpg
誇らしげな月と波の紋。
月鉾のマークは人気で、Tシャツや団扇などのグッズの売れ行きも良いそうですよ。

次回はラスト。白楽天山~船鉾です。
by kwc_photo | 2014-07-26 23:23 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/22619983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2014-07-27 04:28
発熱のなかの投稿に感謝します。
いや、もう、お腹いっぱいになりました、
巡行を堪能させてさせていただきました。
京都の7月はやっぱり熱いですね、バグースです。
Commented by lecouple at 2014-07-27 07:11 x
おはようございます。
前祭山鉾巡行もシリーズで掲載される程のボリューム感ですね。
鶏鉾を見ると、あの日一緒に鉾と巡行したことを思い出しました。
鶏鉾が掲載されていますので、当方のブログ記事とTBさせて下さい! ^-^v
Commented by 阿修羅王 at 2014-07-27 15:42 x
いやぁ、自分もその場にいるような錯覚に陥るのは、
見事なキャプションでしょうね。
知らないことは検索をかけながら打ち込むこともあるので、
結構大変なのです。物知りな方が羨ましい~
猛暑でなければ、来年はこの位置から撮ってみたいですね。
やはり暑さは堪えます(泣;
今年は新しい歴史が始まりました。改めて祇園祭の奥深さを感じた年です。
Commented by kirafune at 2014-07-28 07:08
おはようございます!
月鉾のマーク、かっこいいですね。
つぶさにこんなにきれいな画像を見せてもらえて
ラッキーでした^^
後半も楽しみにしています。
Commented by kwc_photo at 2014-07-28 23:31
>アラックさん
ホント、体調についてはご心配をおかけしてすみません。
熱は収まっていますが、どうも咳がなおらないので、
睡眠が取れず、弱っています(^_^;)
巡行シリーズ、あと1回ありますので、お楽しみくださいね(^^)。
Commented by kwc_photo at 2014-07-28 23:31
>lecoupleさん
毎年巡行を見に行くとシリーズ物になってしまうのですが、
今回は前祭の23基ですので、4回で終了予定です(笑)
鶏鉾、やっぱりかっこいいですね。あれについて回られたとは
とても貴重な経験ですよね。いいなぁ。
TBありがとうございました。
Commented by kwc_photo at 2014-07-28 23:31
>阿修羅王さん
キャプ入れ、頑張ってますよ~。
私もうろ覚えなので、検索確認しながら、です(^^)。
この場所、実は9時前から日陰に入るので、めっちゃ楽です。
ホントは、注連縄切りのことを考えると、対岸の方がいいかも
しれないのですが、この日は仕事もあったので安全策です。
今年の祇園祭は随分本来の形に戻りましたね。
後は巡行路がどこまで元に戻るかです。
Commented by kwc_photo at 2014-07-28 23:31
>kirafuneさん
月鉾、グッズが売れるのがわかりますよね。
何ともいいデザイン、意匠です。
今日は最後の船鉾までアップします~(^^)。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 初夏の庭(梅宮大社) 祇園祭の宵に(祇園甲部・紗月さん) >>