前祭・山鉾巡行2014(伯牙山~油天神山)
          
f0155048_21215170.jpg
背中にしょってる「菊水」の文字。
誇らしげですね。そしてカッコイイ。
背丈以上もある車輪を見守る「車方」。祇園祭は色々な人の手で成り立っています。

今回は伯牙山からスタート!です。




f0155048_21215741.jpg
山五番、伯牙山です。


f0155048_2122142.jpg
別名・琴割山。
琴の名手だった伯牙が、理解者であった友人の死を悼み、自分の琴を叩き割ろうとしています。


f0155048_2122329.jpg
さぁ、大きな鉾が来ますよ。
菊水鉾です。


f0155048_2122637.jpg
現れました!
背の高い曳き手さんが目立つと思ったら・・・


f0155048_2122899.jpg
外国人の方がたくさん曳き手に参加されていました。
鉾に乗っている稚児人形は、能装束を来た「菊丸」さん。
謡曲「枕慈童」の菊慈童に取材します。


f0155048_2122117.jpg
胴懸は皆川月華。
キリンが走る様子がダイナミックです。


f0155048_21221442.jpg
堂々たる菊水鉾の全容。
そびえる鉾頭には・・・


f0155048_21222341.jpg
もちろん菊花があしらわれています。


f0155048_21221874.jpg
見送りにはこれまた立派な孔雀が。


f0155048_21222693.jpg
豪華秀麗な菊水鉾、実は大船鉾と同じく、禁門の変で焼けてしまいました。昭和27年の再興です。


f0155048_21222949.jpg
山六番、太子山がやって来ました。


f0155048_21223293.jpg
文字通り、聖徳太子を祀っています。
他の山と違う特徴は、真木が杉であること。


f0155048_21223615.jpg
豪華な胴懸「金地孔雀唐草文インド刺繍」もさることながら、四隅の角房掛金具にも飛龍をあしらっています。
豪華ですね。



f0155048_21224074.jpg
山七番、霰天神山。


f0155048_2125477.jpg
注目はやはり前懸。
平成21年に復元新調されたものを用いて巡行していますが、現物は16世紀にベルギーで織られたタペストリー。
「イーリアス」トロイアの戦争物語 「出陣するヘクトールの妻子との別れ」を題材としています。


f0155048_21254627.jpg
お、今年は天神さんが並びましたね。
後ろから来たのは山八番、油天神山です。


f0155048_2126728.jpg
天神様のお社の上には梅の花が咲いています。
やっぱり天神さんといえば梅の花なのですね。


f0155048_21282628.jpg
こちらは霰天神山の見送り。
唐子遊図刺繍。五頭の龍がいきいきと描かれています。ちょっと楽しい雰囲気ですね。
胴懸は上村松篁、上村淳之親子の作品です。

法被、やっぱり背中には梅の花ですね(^-^)


f0155048_21291489.jpg
こちらは油天神山の胴懸と見送り。
いや、むしろ目を引くのは、水引ですかね。青を使った美しい色彩。「翔鷹千花図」です。
フランスの「貴婦人と一角獣」というタペストリーに着想した、平成18年作の新しい作品です。

お、油天神山もやっぱり法被は梅の花デザインですね。

f0155048_21293179.jpg
函谷鉾が四条河原町で辻回し中。
後ろにずらりと山鉾が並びました。

次は鶏鉾~をお届けします。
by kwc_photo | 2014-07-24 22:36 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/22608046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by prado9991 at 2014-07-24 23:01
こんばんは
私はなぜか天神山が好きなのですよ。
胴掛けも凄く綺麗で他の鉾や山とは少し違う雰囲気も興味がそそられるのです。
天神と言う神も身近な存在ですので、親近感がわくのです。
続編も楽しみにしています。
Commented by kurese0535 at 2014-07-25 00:03
こんばんわです。
前祭の巡行は行かれてたんですね〜。
タペストリーとかは巡行の方がきっちり撮ればわかりやすいですね。
宵山だと柵や提灯があって観にくいんですよね。
こちらでも拝見できて嬉しいです^^
Commented by ei5184 at 2014-07-25 03:36
贔屓の菊水鉾の巡行が観られて満足です(笑)
ここへ始めて上る方は「ひゃ~うれしおす~」
見上げるばかりで中々上る機会が無いようです!
Commented by arak_okano at 2014-07-25 07:55
体調の悪いなか、後祭の第一段をありがとうございます、熱き京都をいつもありがとうございます、バグースです。NHKで祇園祭の凄い歴史を見ました、驚きました。アラック既に皮が剥けて真っ黒です。今日も暑いので気をつけてお過ごしください。
Commented by davidmittu at 2014-07-25 08:42
おはようございます。
わたしのいた位置からでは見送りがはっきり見えにくかったので
拝見できてよかったです。
菊水の鉾町のみなさんが着る法被、わたしも好きです(笑)
辻回しを待つ山鉾ショットも良いですね!
Commented by kwc_photo at 2014-07-26 12:38
>pradoさん
なるほど、天神さんつながりですね。
霰天神山のお守り売りの唄も可愛らしくて、会所まわりを
したときもとても和みました(^-^)
梅の花の装飾もとても綺麗ですよね。
Commented by kwc_photo at 2014-07-26 12:38
>kureseさん
そうなんです。仕事前に時間が取れて、ギリギリ行くことが
できました。
雨も降らなかったので、懸装品は本当に綺麗に見ることが
できましたよ。宵山だと会所飾りで見られますが、やっぱり
山鉾に飾られた勇姿は最高ですね。
Commented by kwc_photo at 2014-07-26 12:38
>eiさん
菊水鉾、カッコイイですよね。
今年じっくり見て、あの屋根裏のカラーリングがとても
かわいいなぁと思いました。
うれしおす~と喜んでくれた御仁は、と~っても
キュートな方ですね(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-07-26 12:39
>アラックさん
あ、これ前祭の第一弾です(^-^)
ちょっと夏風邪が長引いてます(;´Д`)
祇園祭は今も休み鉾になっているものもあり、全容が
復活するとどんな形になるのかなぁと興味津々です。
元通りのコースへの変更も検討されているようですよ。
Commented by kwc_photo at 2014-07-26 12:39
>davidmittuさん
真横を通り過ぎて行く図、は初めて山鉾巡行を撮った
とき以来でしたが、懸装品をゆっくり見られるのは
いいですね。
ただ、南側に陣取ると、だいたいの山のご神体人形が
やや正面向かって左側に位置し、右側を向いているので
ちょっと表情部分が見えにくいのが難点でした(;^_^A
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 祇園祭の宵に(祇園甲部・紗月さん) 平安神宮・池の彩り >>