大船鉾曳き初め(祇園祭)
          
f0155048_2240786.jpg
後祭復活おめでとうございます(^-^)

今年の京都は暑(アツ)い夏!
山鉾巡行(前祭)が終わった後は、後祭の山鉾建て、曳き初めがあります。

今日はやっぱり今年のトピックス、大船鉾の曳き初めに行ってきました。





f0155048_22403078.jpg
楽しみにしていました!
ついに大船鉾が姿を見せてくれています。

昨年は会所で懸装品のみの展示でしたが、その時に見た大金幣がちゃんと飾られていますよ。


f0155048_22404224.jpg
前懸、胴懸も当時のものです。
復元された鉾にバッチリフィットしていますね。



f0155048_2241260.jpg
前懸には龍が三頭描かれています。
17世紀のもの。「三飛翔龍に波濤の図」と呼ばれます。


f0155048_2241645.jpg
大船鉾の文字が誇らしげです。
後ろに見える「凱」の文字。この意味は・・・
前祭では神功皇后の出陣の様子を表している「船鉾」が殿を務めるのですが、
後祭では、この大船鉾が神功皇后の凱旋の様子を表しているのです。
その「凱旋」の凱の文字なのですね。かっこいいです。



f0155048_2241378.jpg
胴懸もバッチリ復元鉾に飾られています。


f0155048_22414543.jpg
そしてこの楫(かじ)!
船鉾の大舵は飛龍の螺鈿細工が施されたものですが、こちらは刺繍物。


f0155048_22424134.jpg
緋羅紗地雲龍波濤文様刺繍(ひらしゃじうんりゅうはとうもんようししゅう)と呼ばれます。
龍の目にはガラスが埋め込まれていて、イキイキ。



f0155048_22425083.jpg
見事な楫です。
これも昨年、会所に飾られていましたが、こんな風に取り付けられた様子を見ると感無量。


f0155048_2243559.jpg
誇らしげな大金幣。
さぁ、曳き初めです。



f0155048_2243982.jpg
折しも豪雨が・・・。
先ほどまで青空だったのですがね。曳き初めが始まるのか、心配なくらいの大雨でした。


f0155048_224343100.jpg
しかし・・・曳き初めの時刻の14:00には雨は上がり、青空さえ広がりました。
さぁ!・・・あれ?なかなか進みません。


f0155048_22434614.jpg
大金幣に懸けられていた雨除けのビニールを取ってくれたのです!
これには沿道からも拍手が起こりました。


f0155048_224435.jpg
すごい人出です。
人の波をかき分けて進む大船鉾です。


f0155048_22441427.jpg
おや?
音頭取りさんが降りてしまいました。
大船鉾の保存会の方がアナウンスに来られ、本来は錦まで曳く予定が、あまりの人出に危険を感じ、
四条通にも出ないで引き返すとのこと。
ギュウギュウに詰まった人混み、まさにカオス状態でした。


f0155048_22443774.jpg
四条通はこんな感じで人で埋まりましたよ。
そりゃぁ進めないわけです(^_^;)


f0155048_22451446.jpg
さぁ、バックが始まりました。
この人出ではどうにもなりませんので、一筋別の筋を使って先回り。


f0155048_2246773.jpg
大船鉾の会所前にやって来ました。
しかし・・・またしてもここで大雨が(^_^;)


f0155048_22461638.jpg
雨の中ながらも、音頭取りさんの気合は素晴らしいものがありました。
この気合にお天道さまも応じたのか、雨は上がってくれましたよ。


f0155048_22471475.jpg
さぁ、高辻通まで行った鉾は、再び戻ってきました。
大金幣は濡れてしまいましたが、この勇姿!お見事です。


f0155048_22474133.jpg
元の位置に戻ってきた鉾のお囃子がクライマックスを迎えると、沿道の皆さんからは温かい拍手。
本当に復活、おめでとうございます。

音頭取りさんの気合いは本当にお見事でした。
巡行もぜひ頑張ってくださいね。


f0155048_22493070.jpg
友人、そして同僚のお知り合いが大船鉾の保存会の方という御縁で、鉾に上がらせていただきました。
真新しい白木が眩しいです。


f0155048_22494070.jpg
屋根を見ると、組み方がわかるようにパーツの一つひとつに説明が書いてありました。


f0155048_2249477.jpg
こちらは神功皇后のご神体人形が載るスペースでしょうか。

祇園祭では、前祭の占出山、そして船鉾が神功皇后を乗せます。
占出山は戦勝祈願のために鮎を釣る姿、そして、船鉾は勇ましく鎧姿で出陣です。
そして・・・この大船鉾は平定を終えた神功皇后が鎧を脱ぎ、狩衣を着た姿なんですよ。

今年の前祭の山一番は占出山でしたね。
大船鉾の復活の年にこの順番・・・運命的なものすら感じますね。

後祭りの殿を飾るこの大船鉾の復活。祇園祭としては大変意味のあるものなのです。


f0155048_22495916.jpg
懸装品の取り付け・・・
なかなかうまく寸法が合わないようです(^-^)
何しろすべてが初めてのことですものね。


f0155048_22501457.jpg



f0155048_2252815.jpg
後祭巡行は行けませんが、この鉾の復活を間近で感じられたことはとても嬉しかったです。

頑張れ!大船鉾!!
by kwc_photo | 2014-07-20 23:36 | 京都(Kyoto) | Trackback(3) | Comments(24)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/22580485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from THE PHOTO DI.. at 2014-07-20 23:48
タイトル : 祇園祭! ~大船鉾復活~ 
祇園祭の今年の大きな話題の一つは大船鉾の復活です。 なんと150年ぶりだそうで、町衆や関係者の皆様の熱意で復活されました。 私の友人も復活に携わっておりまして、お誘いを受けて見に行ってきました。 鉾の組木も真新しい鉾ですが、本当に素晴らしい勇姿を見せてくれました。 この日は、曳き初めもあり大変な人がお見えで巡行さながらの雰囲気でした。 さて、曳き初めが始まりました。 新町通りは人の波、錦通りまで行く予定が短縮されました。 大船鉾に携わっている友人にいた...... more
Tracked from 京都写真(Kyoto P.. at 2014-07-21 16:51
タイトル : 祇園祭 ~鉾建て・曳初め~
大船鉾(おおふねぼこ) 49年ぶりに行われる山鉾巡行の後祭。 そして150年ぶりに復活する大船鉾の鉾建ては 朝から多くの人が詰め掛けていました。 朝8時からは車輪の取り付けが行われました。 四条通をはさんだ放下鉾の方が一緒に作業をされていました。 午後2時からは曳初めがありますが朝9時に試し曳きが行われました。 お昼ごろには飾りを覆っていたビニールが取られました。 見事な装飾に魅了されるばかりでした。 近くで眺めると大迫力でした。 午後2時になる...... more
Tracked from ぴんぼけふぉとぶろぐ2 at 2014-07-21 22:30
タイトル : 祇園祭2014〜大船鉾・鉾建て〜
 祇園祭の後祭・鉾建てを観てきました。撮影日は7月19日です。150年ぶりに復活する大船鉾の組み建てを観てきました。足場にまだ覆われていました。やはり150年ぶりなので報道陣もたくさん来られていました。車輪。鉾建てにしては結構な人だかり。大舩鉾。明日以降の日程。曳き初めは明日20日の14時からのようです。うーん、観れないです。以上、150年ぶりに復活する大船鉾。後祭の巡行では唯一の鉾になりますね。うーん観たいですが後祭の巡行も無理そうです、残念。... more
Commented by prado9991 at 2014-07-20 23:48
こんばんは
今日はお疲れ様でした。
凄い人出でみんなの関心が集中しているのがよくわかりました。
生憎の天気でしたがなんとか曳き初めも行われて良かったですね。
私も後祭りには行けませんが、雰囲気は味わえたと思っています。
宵山には出かけようと思っていますので夜の大船鉾も楽しみです。
TBさせていただきます。
Commented by 阿修羅王 at 2014-07-21 00:18 x
たいへんな人混みでしたね。
解ってはいたのですが、やっぱり引きました・・・(^^;
でも行ってよかったと本当に思いましたね。
気合いの入れ方が半端ではないのがよく伝わってきました。
途中の大雨にはさすがの私もびっくり。
しかし雨降って地固まる、の雨だったのだと思います。
保存会の方々に幸あれと祈ります。
Commented by walkingkyoto at 2014-07-21 00:22
曳きはじめ、今日だったのですか。う~ん、惜しい事をしました。
しかし、この混雑だと諦めてしまいます。^^;

本当に、昨日今日と雨が凄いですね。でも直ぐに止んでよかったです。
明日、混むだろうと思いますが、行って見たいと思います。^^;

あ、お疲れ様でした。 また、貴重なお写真を見せていただきありがとうございました。

Commented by kurese0535 at 2014-07-21 00:26
こんばんわです。
おおおお!!!!昨日しか時間がなくて今日は行けなかったんです!!
すごい観たかったんです。ありがとうございます!!
昨日の脚場が覆われてる時点で観客(報道マスコミも4社くらい)多いなと思ってましたが
案の定すごかったようですね。
明日、夜無理していこうかと考え中です。祭日ですし人多いでしょうかね・・・
Commented by 通りすがり at 2014-07-21 01:55 x
若干の間違いがあるようなのでコメントを。
神功皇后の姿ですが水干姿と聞いております。まあ水干と狩
衣は似てるので混同する方も多いようですが。
あと前掛も仮装品と聞いております。
>船鉾の楫は龍の螺鈿細工が施されたもの
基本的には間違いではないのですが、正確には飛龍だそうです。
大舩鉾の想定Q&A集等との相違点です。
非常に些細な点で申し訳ありませんが、誤解されると困るので。
Commented by arak_okano at 2014-07-21 05:17
凄い、素晴らしい、感動、感激、バグースです。
これですよね、これ!!!!!!!!!!!!!!!
こうでなくてはね。
多分、katuさんの前をアラック濡れながら歩いていたと
思います。
記念写真を撮って、錦市場で、鱧と出し巻き卵を買って
京都駅へ=晴れていました。
やっぱり、喉が痛くて不安な京都日帰りは無謀でしたね。
Commented by rollingwest at 2014-07-21 07:20
関西もいよいよ梅雨明け、祇園もクライマックスですね。今日はいよいよ本州も梅雨明け宣言を期待したいですね!
Commented by youpv at 2014-07-21 07:48
おはようございます。
昨日はお疲れ様でした。
凄い人でしたが、見応えがありましたね。
内部見学も出来て嬉しかったです(^-^)
ビールが美味しかったですね(^-^)
Commented by deepseasons at 2014-07-21 08:18
おはようございます。
最初の一枚、期待感の高まりワクワクしてきます。
そして、凄い人出、まさに人波をかき分けて進んで行くと感じですね〜
いい香りがしてきそうな真新しい骨組もいいですね。
Commented by davidmittu at 2014-07-21 08:58
おはようございます。
昨日は雨が降ったりかんかんに晴れたりと大変な
天気でしたが、良き船出を見ることができましたね(^^)
占出山とのそんな繋がりがあったのですね、ますます
後祭が楽しみになってきました!行けませんが!笑
Commented by kwc_photo at 2014-07-21 14:22
>pradoさん
本当に大船鉾への注目度というのはすごいですね。
あれほどの人数が集まった曳き初めは今までにないのでは
ないでしょうか。四条通が人出で封鎖されるとは・・・
バスも詰まってしまってましたね(^_^;)

後祭りの宵山、行きたいなぁ~。
提灯に彩られた大船鉾も素敵でしょうね。
TBありがとうございました。
Commented by kwc_photo at 2014-07-21 14:22
>阿修羅王さん
すごかったですね。ホント、人混みにもまれるというのは
このことだなぁと・・・。山手線の満員電車にも匹敵です(笑)
あの広い四条通でこんな状態になろうとは(^_^;)

しかしホント、気合の乗った音頭方さんは迫力でしたね。
そしてみなさんの温かい拍手に感動しちゃった私でした(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-07-21 14:22
>walkingkyotoさん
そうなんです。大船鉾の曳き初めはぜひ見たいと思っていた
のと、(今度こそ)山鉾巡行当日は無理そうなので、やはり
一度は見ておきたいと考えていたのです。
雨はすごかった・・・もう雨雲が来た!と思った瞬間に
豪雨でしたよね。しかも間欠的に何度か来たので焦りました。
今日はまた一段と賑やかでしょうね。私はちょっと体調が
イマイチになったので自宅謹慎中です(笑)
Commented by kwc_photo at 2014-07-21 14:23
>kureseさん
すごい人混みでしたよ。もう本番の山鉾巡行よりスゴイ!
という感じでした。
歩行者天国でもないのに四条通が埋め尽くされるとは・・・
この鉾に対する興味と期待の現れですね。
この分だと、寂しいかもしれないと心配されていた後祭りの
宵山も賑やかになりそうですね(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-07-21 14:23
>通りすがりさん
記事のご指摘ありがとうございます。
神功皇后については、昨年京都新聞の記事で狩衣を新調した
というものを見たと記憶していましたので、もう一度調べて
みましたが、大船鉾のページにも狩衣と出ていますね。
前懸についても、大船鉾の遺品リストにあがっており、
復元新調されたとの記録も見当たらなかったので・・・
どこかに出ていましたでしょうか?はっきりしましたら
記事を訂正したいと思います。
船鉾の大舵、たしかに文様は飛龍ですね。こちらは訂正して
おきます。
Commented by kwc_photo at 2014-07-21 14:23
>アラックさん
ありがとうございます~。
どこかでお会いするかも、と思いましたが、あの人出では
無理ですね(^_^;)
お天気が激しくて参りましたが、無事に曳き初めが終わって
良かったです。大船鉾もかっこよかったですね。
Commented by kwc_photo at 2014-07-21 14:23
>rollingwestさん
祇園祭、今年は後祭りが一週間後なので、長い間、鉾町が
お祭りムードに包まれています。これはこれで楽しいですね。
梅雨もあけましたか。昨日の土砂降りが梅雨明けのしるし
だったのかもしれませんね。
Commented by kwc_photo at 2014-07-21 14:23
>youpvさん
おつかれさまでした~。あまりの人出にビックリでしたが、
あの場にいられたこともいい記念です。本当に温かい
拍手に包まれて、素敵な船出でしたね。
内部も見せていただけてこれまたいい記念になりました。
ビールが美味しすぎました(笑)
Commented by kwc_photo at 2014-07-21 14:23
>deepseasonsさん
最初の一枚、いいでしょう~(笑)
背中があまりにかっこよかったのと、後祭を喜ぶ鉾町の
人たちの気持ちが現れているなぁと思って撮っちゃいました。
しかしすごい人出でしたよ。ホントに人の波でした。
ヒノキ中心の材木、確かにいい香りでした(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-07-21 14:23
>davidmittuさん
昨日の天気はおかしかったですね。ホントどうなることかと
ハラハラしました。
でも、確かに!よき船出でした。拍手に包まれる大船鉾。
一緒にジーンとしちゃいました(^-^)

祇園祭の山鉾巡行、知れば知るほど奥深いです。
会所巡りもゆっくりしてみたいですね。
Commented by さっちゃん at 2014-07-21 18:21 x
何もかも凄い‼︎
テンション上がって来ました(*^^*)
Commented by kwc_photo at 2014-07-21 18:35
>さっちゃんさん
ありがとうございます~!
テンション上がってきた、ということは・・・お祭りにこられるんですか?
49年ぶりの後祭復活、巡行は行けませんがとても楽しみですね!
Commented by ganbaru-hirotan at 2014-07-23 21:29
こんばんは!
大船鉾、すごい迫力ですね。
刺繍も芸が細かい。
それにしても、ものすごい数の人ですね。
一度、この目でお祭りを見てみたいのですが、
この数の人だかりを見ると、ちょっと考えてしまいます。
Commented by kwc_photo at 2014-07-24 08:11
>ganbaru-hirotanさん
大船鉾、やっぱり今をときめく注目の鉾だけに、人出も最高潮でした。
水引や前懸、胴懸、見送りの懸装品は見事です。
よく禁門の変で焼け残ってくれたものです。
楫も本当にカッコイイ。今日の巡行でも大注目の鉾ですね(^-^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< サツキに彩られる善峯寺 桔梗咲く光明院 >>