長刀鉾・注連縄切り(祇園祭)
          
f0155048_2354137.jpg
今年は行けない予定だった山鉾巡行(前祭)。

直前に予定が変わって、出勤前に時間を得ました(^-^)。
というわけで、昨年までとは少し趣向を変えて、注連縄切りを拝見してきました。




f0155048_23542056.jpg
今年、早朝に陣取ったのは斎竹(いみたけ)下。


f0155048_23543544.jpg
しばらくすると、竹には紙垂を付けた榊が取り付けられました。


f0155048_23544942.jpg
腰に笹を差した皆さんが、注連縄の準備にかかります。


f0155048_23553313.jpg
上から吊るした縄に、注連縄の端を結わえて引き上げます。


f0155048_23555942.jpg
注連縄は斎竹に繋がりました。


f0155048_2356549.jpg
皆さん、晴ればれとした表情で八坂さんに向かって。


f0155048_2356769.jpg
さぁ、長刀鉾のお迎えです。


f0155048_23561612.jpg
やって来ました!
やはり祇園祭といえばこの鉾!


f0155048_23561831.jpg
長老が注連縄の下を塩で浄めます。


f0155048_23563361.jpg
長刀鉾のマークが入った背中、カッコイイですね。


f0155048_2357512.jpg
注連縄の下ではお稚児さん、禿さんのお母さんたちが鉾の動きを見守っています。


f0155048_23571694.jpg
さぁ、注連縄前に鉾が到着しました。


f0155048_23574674.jpg
ここで一旦お稚児さんは立ち上がり・・・


f0155048_2357498.jpg
注連縄を切る台が置かれます。


f0155048_2358845.jpg
鈎のついた棒で注連縄が手繰り寄せられ、ピンと張られました。



f0155048_23584128.jpg
お稚児さんに太刀が渡されました。


f0155048_23585833.jpg
両手で持って仰ぎ尊びます。


f0155048_23591811.jpg
太刀を持ち替え・・・


f0155048_23595594.jpg
鯉口が切られました。
お稚児さんの目の真剣さ。


f0155048_00425.jpg
刀身が姿を表しました。


f0155048_002553.jpg
太刀を掲げ、堂々たる姿。


f0155048_005810.jpg
太刀を構え、左右に睨め回します。


f0155048_01630.jpg



f0155048_01288.jpg
お稚児さんも精神が研ぎ澄まされた様子。
気合が乗った表情が印象的です。


f0155048_021064.jpg
狙いがつけられました。
さぁ、結界を解き放ちます。


f0155048_0201937.jpg
お見事!一刀両断でした。
沿道からも喝采が送られます。


f0155048_023892.jpg
お母さんたちの背中もホッとした様子(^-^)


f0155048_025936.jpg
大役を務め、再び堂々としたポーズ。
素晴らしい注連縄切りでした。


f0155048_031021.jpg
結界が切られた四条通。こうして山鉾巡行は始まるのでした。


f0155048_0329100.jpg
お稚児さんも一仕事を終えてホッとした様子。


f0155048_033543.jpg
大きく、そして立派な鉾が祇園祭の山鉾巡行の先頭を切って進み始めました。


しばらく山鉾巡行の記事が続きましたので一休みして、徐々に前祭巡行の様子をお届けしていきますね。
by kwc_photo | 2014-07-18 23:58 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/22567622
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2014-07-19 02:20
やっぱり、長刀鉾は素晴らしいですね、KWCさん、今年も時間が取れて良かったですね。晴れ舞台の御稚児さんを見守る、お母さん達の後ろ姿を入れ込んだ作品は感動です、今年もありがとうございます、バグースです。アラック、母のところで起きてこんな時間に見て京都へ行きたくなりました。
Commented by 風と雲 at 2014-07-19 03:51 x
一度は注連縄切りをしっかり見たいと思っていましたが、
どうしても辻回しなどを優先させてなかなか見れないと諦めていました。
こちらでその瞬間を拝見できてありがたいです。(笑)

Commented by lecouple at 2014-07-19 10:40 x
山鉾巡行の撮影、お疲れさまでした。
注連縄切り臨場感がバッチリ伝わりますね。
来年はこのシーンを撮ろうかな! ^-^
Commented by deepseasons at 2014-07-19 20:02
こんばんは〜
数百メートル手前に豆粒のように見えていました。
こんなドラマが展開していたのですね〜
刀の刃先が見えてくる場面は、ピンと張りつめた緊張感が感じられますね。
出勤前に早朝よりお疲れ様でした。
Commented by kwc_photo at 2014-07-20 00:29
>アラックさん
今年はほぼ諦めていたのですが、月曜日になって急に
予定が変わり、うまく午前中が空きました。
こんなこともあるんですね。それならば!と思って
普段は辻回しばかり狙っていたのを、今年は日陰からの
注連縄切りに焦点を絞りました。
今年の京都は祇園祭ムードが長く続きますよ~(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-07-20 00:29
>風と雲さん
私も昨年まで同じ感じでした。やっぱり辻回し、と思って
しまうので、注連縄切りはじっくり見たことがなくて。
今年は出勤前の時間を得たので、無理せずこの場所で、と
決めていました。でもある意味山鉾巡行のクライマックス
シーンでもありますね。良いもの見せてもらいました。
Commented by kwc_photo at 2014-07-20 00:29
>lecoupleさん
おつかれさまでした~。
私はいい感じで日陰からの撮影でしたが、lecoupleさん
は歩きながら・・・大変だったことと思います。
でも、臨場感はハンパないですね。写真楽しみに見せて
もらっています(^-^)
注連縄切り、これはいいですね。今年ゆっくり見られて
よかったです。
Commented by kwc_photo at 2014-07-20 00:30
>deepseasonsさん
そうなんですよね。河原町からだと豆粒みたいです。
いつかじっくり、と思っていたのが、今年思いがけず
実現しましたよ。
実は歴史マニアな私、日本刀の抜身を見るだけでも
鳥肌ものでした(^-^)
出勤前だったので河原町を避けましたが、今年はこれが
見られただけでも御の字でした。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 桔梗咲く光明院 宵宵宵山(祇園祭) >>