長刀鉾観賞(祇園祭)
          
f0155048_20451529.jpg
今年も観賞してきました。
動く美術館、長刀鉾です。




f0155048_20452684.jpg
会所の二階。
この通路から長刀鉾へあがれます。
しかし・・・女人禁制。
見学ですら、女性は乗ることを禁じられています。


f0155048_20454712.jpg
さぁ、鉾の中へ。
天井を見上げると、幾つもの星座が。
星辰二十八宿と言われます。


f0155048_20455021.jpg
いろいろな星座。
ちょっと見慣れないのですが、中国由来の星座なのです。


f0155048_2045536.jpg
お、北斗七星・・と思ったら6つですね(^-^)


f0155048_20455959.jpg
大屋根の裏を彩るのはイキイキとした鳥達。


f0155048_20461482.jpg
色も綺麗です。
「金地著彩百鳥図」松村景文、1831年の作です。


f0155048_20465538.jpg
ほら、文政十二巳丑年六月とあります。
景文の銘もありますね。
孔雀の羽も見事な再現です。


f0155048_20471837.jpg
長刀鉾屋根前部の蟇股にある破風飾りは、武人が矛で悪魔を調服する様子を示す「厭舞」。
鮮やかな衣装に身を包み、動きのある名作です。片岡友輔の作。
背景に見えるのは金地著彩百鳥図を描いたのと同じ景文の「金地彩色飛鶴図」。丹頂鶴の羽です。


f0155048_20472922.jpg
屋根後部の蟇股には、同じく片岡友輔の「三条小鍛冶宗近」。
三条小鍛冶宗近は、長刀鉾の鉾頭の長刀を初めて作った人物。
この長刀は文政十三年の作だそうです。

背景はもちろん景文の「金地彩色孔雀図」。動き出しそうなくらい見事な孔雀の羽。


f0155048_20491027.jpg
提灯に明かりが灯りました。
盛り上がってきますね~。
去年と違うのは、TOKYU HANDSがここにできたこと(笑)


f0155048_20491633.jpg
さて、通路を通って会所に戻りましょう。


f0155048_20492597.jpg
屋根の先端には金の鯱が。
お城のシャチホコとは逆向けについているのが分かりますかね。


f0155048_20492839.jpg
お清めの酒樽。鶴亀と書いてあります。


f0155048_20495650.jpg
会所の中には懸装品が飾られていました。
こちらは見送りの「雲龍図綴錦」。


f0155048_20503796.jpg
胴掛けは中国緞通。
「玉取獅子」はどこかコミカルですね。


f0155048_20504483.jpg
鴨居には昔の鉾頭の長刀が飾られていました。
和泉守藤原来金道の銘。名刀鍛冶です。
重たすぎて鉾が揺れて不安定になってしまうため、後に竹製のものに変更されました。
錫箔のものが長い間使われましたが、現在は2011年に新調されたプラチナ箔の見事なものになっています。


f0155048_20505697.jpg
明治期の禿衣装。
長刀鉾の紋がいいですね。


f0155048_2051426.jpg
こちらはやっぱり豪華。
明治期の稚児衣装(平服)です。


f0155048_2051291.jpg
祇園八坂社の様子が描かれた掛け軸も興味深い。
お神輿が出ていますね。


f0155048_20534320.jpg
鍾馗さまの掛け軸も飾られていました。


f0155048_20535765.jpg
今年のお稚児さん、禿さんのお名前です。
明日の巡行、がんばってくださいね!


f0155048_2054843.jpg
切符が飾られた祭壇を見て、会所を後にしました。

明日はいよいよ山鉾巡行。先祭りの23基の山鉾が町を巡ります。
by kwc_photo | 2014-07-16 22:06 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/22552459
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by prado9991 at 2014-07-16 22:23
こんばんは
詳しく説明されて勉強になります。
見事な懸装品の数々、正に動く美術館ですね。
明日の巡行、無事に行われる事を願っています。
Commented by 阿修羅王 at 2014-07-17 05:36 x
おはようございます。
毎年楽しみな見学風景です。何しろ上がれないものでね。
雨も大丈夫そうです。
先祭り、無事に終われますように。

今年は今夜の八坂さんにも行けません。
昨夜から発作が本格的です。
私も今日の仕事が無事に終われますように。今も痛むのです。
Commented by arak_okano at 2014-07-17 06:52
前日に山鉾が見学出来るのですね、歴史を感じますね、バグースです。素晴らしいな。いよいよ前祭りが始まりますね。
Commented by kurese0535 at 2014-07-17 13:41
こんにちわです。
入ってみたいと思いつつ入らずですね。
こういった説明ひとつでも聞くだけで
祇園祭、奥が深いですね〜と
改めて思います。
Commented by kwc_photo at 2014-07-18 07:58
>pradoさん
長刀鉾はやっぱりメインな鉾だけに、毎年楽しみにしている
鉾見学です。
外回りの懸装品は会所でも見せていただけるので、楽しい
ですね。
今年は函谷鉾の保存会の方に「長刀鉾は真木が真ん中を貫いて
いるけど、函谷鉾等他の鉾は少し後ろ側になっている」と
教えてもらって、またひとつ勉強になりました。

巡行も楽しんできました。この間乗った鉾が動いているなぁと
思うと、感慨もひとしおでした(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-07-18 07:58
>阿修羅王さん
そうですよね。ここは男性のみの見学。中の懸装品などは
間近で見られるのは男性だけですね。
鉾からの視線で町を眺めるのも、巡行のバーチャル体験が
出来る感じで楽しいです。
発作・・・心配です。結石って痛いんですよね。私は経験が
ないのですが、子供を生むより痛いって・・・(それも経験が
ありませんが)
お大事にしてくださいね。
Commented by kwc_photo at 2014-07-18 07:58
>アラックさん
長刀鉾は曳き初め翌日の13日から山鉾巡行前日の16日まで
13時~21時までのぼらせてもらえます。
粽を購入すれば会所に入らせてもらえるので、誰でも大丈夫
なのですが、女性は鉾までは行けず、会所から見るだけに
なります。女人禁制の鉾なのでこのしきたりは絶対なんですよ。
Commented by kwc_photo at 2014-07-18 07:58
>kureseさん
毎年長刀鉾に乗らせてもらっています。恒例になってますね。
今年は鉾の上で函谷鉾の保存会の方にお会いして、少しだけ
お話を伺うことも出来ましたし、毎年何らか楽しい出会いや
発見がありますよ。
どんどん祇園祭の奥深さを実感していっています。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 宵宵宵山(祇園祭) 久世稚児社参(祇園祭) >>