長刀鉾稚児社参(祇園祭)
          
f0155048_12909.jpg
7月13日。
長刀鉾のお稚児さん、禿さんが八坂神社にお参りされました。

お稚児さん、禿さんの美しい衣装にも注目です。




f0155048_129494.jpg
神輿洗いも終わり、三基のお神輿が並んだ舞殿。
今日はお稚児さんの社参があります。
折からの雨が心配されましたが、社参の時刻には雨もやみました。


f0155048_129726.jpg
さぁ、神事の準備が始まりましたよ。


f0155048_1291070.jpg
楼門から長刀鉾の一団が見えてきました。


f0155048_1292581.jpg
お供え物の櫃につづいて進んできたのは禿さんです。
二本差しの姿はかっこいいですね。

f0155048_129457.jpg
そして、その向こうに見えてきたのは・・・


f0155048_1210586.jpg
お稚児さんです。
孔雀の羽を頭飾りにした、何とも秀麗な衣装。
よく似あってらっしゃいます。


f0155048_1210891.jpg
手水をして社殿に上がられる後ろ姿。
大役を見事にこなしておられます。


f0155048_12102968.jpg
神事が終わり、お稚児さんは「五位少将十万石」の位を授かります。
これは、長刀鉾の上から大名たちを見下ろすことになるので、
失礼にならないように大名の位を一時的に授けるということをしたのが由来だそうです。
この日から巡行の日まで、お稚児さんは精進潔斎の生活に入ります。


f0155048_12103828.jpg
地面も歩いては行けませんので、剛力さんに担がれるか、馬に乗っての移動となります。
早速白馬に跨がられました。


f0155048_12105087.jpg
巡行本番での太平の舞も頑張って欲しいものです。


f0155048_1211958.jpg
楼門前での記念撮影。
皆さん晴れやか。雨がやんで良かったですね。


f0155048_12111227.jpg
一行は中村楼でお食事となります。
まずは禿さんが中へ。


f0155048_12111583.jpg
そして、お稚児さんは馬に乗って中村楼へ入られます。


f0155048_12111780.jpg
綾傘鉾の稚児社参とはまた違った雰囲気での長刀鉾稚児社参でした。

この日から女人禁制となり、母の作ったご飯も食べられないというお稚児さん。
食事、寝所まで、すべて男性による世話を受けることになります。
大役をつとめ終える17日まで、がんばれ!お稚児さん。
by kwc_photo | 2014-07-15 12:25 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/22542296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 京都写真(Kyoto P.. at 2014-07-15 12:45
タイトル : 祇園祭 ~社参の儀~
社参の儀 7月13日午前11時。 長刀鉾の稚児を補佐する2名の禿(かむろ)の後に来たのが 今年の長刀鉾の稚児、平井誠人君。 南楼門を背にして、本殿に向かう姿が印象的でした。 本殿内では儀式が行われ、神の使いとなります。 神事によって正五位少将の位と十万石大名を得る事から 「お位もらいの儀」とも呼ばれています。 関係者を含めた記念撮影の後は 強力(ごうりき)に担がれて移動します。 巡行が終わるまで、稚児は地面に足を触れる事が出来なくなります。 ま...... more
Commented by youpv at 2014-07-15 12:44
こんにちは~。
社参の儀を見ていると、巡行がすぐそこまで
来ているなぁという事を実感します。
最終的に雨も降らずに良かったですね(^^)
Commented by arak_okano at 2014-07-15 18:24
もしも、アラックが京都に住んでいても祇園祭は土日だけ、サッカーのW杯が日本開催でもチケットが買えないのと同じ、やっぱり縁がないのかな、なので、何時もありがとうございます、バグースです。なんて、人混みを覚悟して日曜日に行けるかも?
Commented by kwc_photo at 2014-07-16 22:51
>youpvさん
社参の儀、初めて見ましたが、何とも雅な神事ですね。
お稚児さんが剛力さんに担がれる姿が見られず
残念でしたが、雨は降らずにすんで良かったです(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-07-16 22:51
>アラックさん
祇園祭のころはなかなか宿も取りにくいみたいですね。
私も市内勤めならもっと気軽に行けるのですが、今は
頑張って出かける感じになっています。
でも、先祭りと後祭りに分かれて、14日までの間は
少し人混みがマシだったように思いますよ。
日曜日は後祭りの鉾建てですね。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 久世稚児社参(祇園祭) 曳き初め・函谷鉾と鶏鉾(祇園祭) >>