沙羅の花を愛でる会(妙心寺塔頭・東林院)
          
f0155048_1850039.jpg
いま、ここ、わたし。
この一瞬を、ここにいるひと時を、今の私を、大切にできていますか?

一日花と言われる沙羅の花。
諸行無常を感じ、日々の瞬間を大切に生きることを考える機会となりました。


この花の開花に事寄せて開かれるこの会に、今年も行ってきました。
沙羅の花を愛でる会は6月30日(月)までです。




f0155048_1850695.jpg
会は9時半に始まります。
30分前に到着し、受付のおばちゃんとお話をしながら開門を待ちました。


f0155048_18502491.jpg
参道はちょっと玉が小さな紫陽花たちが彩っています。
どうも今年の空梅雨はいろいろな植物に影響を与えた様子。
おばちゃんも「やっと昨日の雨で一息ついたけど、今年の沙羅はかわいそうやった」と。


f0155048_18503922.jpg
さて開門。
なるほど、いつもはいっぱい落ちていた沙羅の花、ちょっと今年は寂しい。


f0155048_1851053.jpg
昨日は咲いている花も少なかったそう。
昨日の雨で息を吹き返した沙羅の花が、いくつか花をつけていました。


f0155048_18512826.jpg



f0155048_18514452.jpg
落ちている花もありますが、どうも小さい。
よくよく見ると・・・


f0155048_18515449.jpg
蕾のまま落ちているものが多いのです。
「今年はどれだけ花が咲くんだろう、というほど蕾がついたんです」とお坊さんが話しかけてくれました。
しかし、花開くことができずに落ちてしまったんですね。

お坊さんのお話は少し解釈がちがいました。

「水が足らない、すべての花が咲かせられないと判断した沙羅の木は、ちゃんと調整して蕾を落としたんですね」

なるほど。沙羅は沙羅なりに一生懸命なのですね。

f0155048_18521748.jpg
名前を呼ばれ、お茶とお菓子をいただきます。
沙羅の花を愛でる会では、いつもこの沙羅の花を模したおまんじゅうをいただけます。


f0155048_18523350.jpg
緑の中に爽やかな白。
別名、「夏椿」の花はとても清楚。


f0155048_18523641.jpg
今咲いている花たちは、明日には地に落ちることになります。


f0155048_18524396.jpg
奥の沙羅の花の像と同じポーズで咲いていてくれました。


f0155048_1853925.jpg
ご住職のお話が始まりました。

「人はみな、『いま』を生きています。過去を生きている人や、未来を生きている人はいません。
沙羅の花も、『いま』を生きています。精一杯『いま』を使って、落ちるんです。
皆さんは、『いま』をちゃんと使えていますか?」


f0155048_18542397.jpg
諸行無常。

「すべてのものは、刻々と移りゆくもの。
庭の石とて、変化がないわけではなく、雨風にさらされて刻々と姿を変えている。
ただ、スパンが長いだけなんです。」


f0155048_18552591.jpg
翻って、スパンの短いこの沙羅の花。
この花が咲き、そして落ちる様子に、自らが過ごしている「刹那」を重ねて省みる良い機会となりました。



f0155048_1856195.jpg
帰り道。
足元に咲く小さな花を見つけました。


f0155048_18563084.jpg
銀杯草(芝桔梗)です。
可愛らしい星形の白い花を咲かせてくれていました。

今年は少し寂しかった沙羅の花。これもまた常ならず。

今年の「いま」を精一杯生きた沙羅の姿を見せてもらった、東林院でした。

f0155048_18563634.jpg
おまけ。
大心院のノウゼンカズラ。
いつも沙羅の花と同時期に満開を迎えます。
夏らしいオレンジ色の花が綺麗。


f0155048_1857840.jpg
そして、もうひとつ満開を迎えている木が。
衡梅院の夾竹桃です。

夾竹桃、綺麗に満開になる時期なのですが、被写体にしたのは初めてかも(^-^)
by kwc_photo | 2014-06-29 20:41 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(18)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/22432647
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Deep Season  at 2014-06-30 18:11
タイトル : 東林院
 沙羅  紫陽花を眺めながら待った  開門と同時に入る  眼前に広がる沙羅双樹の庭    まずは名前が呼ばれ  一杯の抹茶をいただく  今日も暑い日になりそうだ    ありがたい法話に耳を傾け  今の一瞬を切り取る  今日一日を精一杯に咲く   白い花を眺めながら・・・    よく見ると木々には蕾がいっぱい  雨待ちをしていると言われていたが、果たして公開終了までに咲くだろうか  雨乞い  しとしと降...... more
Commented by arak_okano at 2014-06-29 21:05
KWCさん、雨が少ないという京都を見事に
素晴らしい作品にしていますね。
アラックには全く出来ません。
ありがとうございます、バグースです。
しばらくは、庭で楽しみます。
Commented by ericanada at 2014-06-30 00:09
住職さんの落花の解釈、意味深いですね。
どんなことも色々な見方ができるようになりたいものです。
素敵なお花がいっぱいのところですね。
Commented by walkingkyoto at 2014-06-30 00:38
考え方は、『十人十色』人夫々ですね。
自分の考えを素直に受け入れていただける、そんな人になれたらと思います。
ただ、静かに人の話を聞くのが苦手なだけに、このイベントには行けない今日この頃です。
罰当たりもんですね。^^;
Commented by ei5184 at 2014-06-30 04:33
ああ、夾竹桃だった! 撮影したものの名前が出てこなかった(笑)

そうですか、あんなに蕾が多かったので、多分土日あたりは
凄く開花しているのではと想像していたのですが・・・
Commented by lecouple at 2014-06-30 06:41 x
おはようございます。
沙羅を愛でる会、私も閉門間際に訪ねました。
今年はつぼみの状態で落ちている花が多かったですね。
でも、それもまた常なり。 まさに一期一会ですね。
Commented by davidmittu at 2014-06-30 07:56
おはようございます。
蕾のまま落ちることにもまた意味があるのですね。
白くて綺麗な沙羅の花を見て涼し気な気分に
なりました(^^)
Commented by nararanran at 2014-06-30 11:09
こんにちは。

今を精一杯生きていない気がしてきました。

以前に、落ち葉も次の新芽を出すタメに落ちてゆくと聞いたコトがあります。
花もそうなんですね。
よくよく考えると人間もそうなのかも知れないです。

ことしこそは伺いたいと思っていたのですが
また来年に先送りになった「沙羅の花を愛でる会」
Commented by misat at 2014-06-30 13:46 x
植物から教えられる事が沢山あります。
1日で散ってしまうと言う沙羅の花の白色が、より一層清楚に、美しく透き通る様に見えます。
私も一度、今の時期にこのお寺に行ってみたいなぁとお写真を拝見して思いました!
Commented by deepseasons at 2014-06-30 18:10
こんばんは~
おそらく、なんとか公開終了間際に見頃が間に合いましたというパターンになりそうだなと
多くの蕾を見て思ったんですが、こんな事もあるんですね。
まさに諸行無常なんですが、自然の摂理を考えてしまいます。
温暖化、人間のエゴの結果、あ~難しい事はあまり考えないようにしようっと・・・
飾り瓦の対比がナイスショットです!!
Commented by kwc_photo at 2014-07-01 00:29
>アラックさん
沙羅の花をメインで、という毎年のアップとはちょっと
違った感じになりましたが、こういう年もあるのですね。
普段は「ああ、イマイチ咲きっぷりが悪い」とガッカリ
するだけなのですが、ご住職や他のお坊さんのお話で
気づきを得ることができましたので、こういう記事に
なりましたよ(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-07-01 00:29
>ericanadaさん
蕾が蕾のままで落ちること。それをどう解釈するかで
意味合いが違ってくることに気づきを得ました。
残念、と思うのも、沙羅が頑張ってるんだなと思うのも
人それぞれですね。
無常なるこの世界をいかに過ごすか、これを立ち止まって
考えられたことも良かったと思います(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-07-01 00:29
>walkingkyotoさん
散る桜、一日花の沙羅。
儚いものに人は惹かれるのかもしれませんね。
そして、その解釈は人それぞれ。それでいいのでしょうね。
禅問答とはそういうものなのかもしれません。

ご住職のお話、結構軽妙なので楽しく聞けますよ(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-07-01 00:29
>eiさん
夾竹桃、意外と被写体にすることって少ないですよね。
今年は既に二回撮っちゃいました。花自体は結構綺麗なのですが、
意外と絵になる場所には咲いていないもので・・・(笑)

今年の水不足は沙羅にはかわいそうでしたね。
蕾がついたからといって、咲くばかりではないのだと
いうことを学びました。また来年を楽しみにしたいです。
Commented by kwc_photo at 2014-07-01 00:29
>lecoupleさん
その通り!一期一会。今日の沙羅は今日にしか会えないし、
明日はどうなっているかわからない。だから今を精一杯すごし、
今をしっかり使うことが大切なのだ、と教えられました。
毎年ちょっとずつ違うお話ですが、楽しみにしてます(笑)
Commented by kwc_photo at 2014-07-01 00:29
>davidmittuさん
ご住職のお話、さすがにうまくまとめはります(^-^)
でも、確かにそういう気になりますね。せっかくつけた
蕾を咲かせずに落としてしまうなんて。
満開の沙羅を楽しみにしていきましたが、こういう年も
あるのだなぁと思いつつ、それもまた無常なり、と
納得して帰ったのでした(笑)
Commented by kwc_photo at 2014-07-01 00:30
>らんさん
ふふ、私もお話を聞いて、沙羅を見ているうちにそんな気分に
なりました。でも、そういうことをふと感じる、気づくだけ
でも行った甲斐がありますよね。

今年の沙羅は今年の沙羅。
また来年。満開の沙羅といっぱい落ちた沙羅を夢見て
一年過ごします(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-07-01 00:30
>misatさん
植物に教えられる、ホントですね~。
沙羅の花の美しさは、一日限りだからこそ、ということ
かもしれません。桜も散るからこそ美しい、のですよね。
ご住職のお話も面白いので、ぜひ来年楽しんでくださいね(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-07-01 00:30
>deepseasonsさん
ホント、あんなに蕾があるのに、見ている眼の前でも
蕾がポトリポトリと落ちましたよ。
確かに、お坊さんのおっしゃるとおり、咲かせきれない
蕾を自ら落としているんだと思いました。
確かに、この異常気象は人間が生み出したものと言っても
過言ではないだけに、複雑ですね。

飾り瓦、おお!同じ顔してる!と思わず撮影しましたよ(^-^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 夏越祓・茅の輪くぐり(平野神社... 夕照に輝くサツキ(宇治・興聖寺) >>