祇園放生会(祇園甲部 真咲さん、紗千穂さん)
          
f0155048_085528.jpg
6月1日。
祇園白川にて放生会が開催されました。





f0155048_085971.jpg
6月1日。
京都祇園白川の巽橋にて放生会という行事が行われました。


f0155048_0141376.jpg
我々はたくさんの「命」を頂いて生きている。
その生命に感謝し、「生を放ちて、恩あるを示す」催しとして行われています。
この地では、30年前から行われているので、今回30回目となります。


f0155048_091713.jpg
今年は祇園甲部から、真咲さんと紗千穂さんが参加されました。
二年前はまだ割れしのぶを結っておられた真咲さんが、お姉さんの真希のさんと出席されたのですが、
その時と同じように、あちらとこちらに分かれて座ってくれるお気遣い。
真希のさんがしてくれたように、真咲さんがお姉さん舞妓として紗千穂さんに教えてはるんですね。


f0155048_093764.jpg
真咲さん、今年の初寄りの時にハッとしましたが、この一年でグッとお姉さんになられましたね。


f0155048_094058.jpg
ふとした表情も大人っぽく。


f0155048_010134.jpg
目線を頂きました~。
お姉さんらしく、余裕のある表情が素敵です。


f0155048_0101959.jpg
ふっと笑みをたたえた表情も素敵でした。
あじさいの簪もよくお似合いです。


f0155048_0103197.jpg
紗千穂さんと笑顔で何やらお話。


f0155048_0104891.jpg
いやぁ、こうやって一年、一年でグッと成長されるんですね。
ものすごく美しくなられたと思います。


f0155048_0111738.jpg



f0155048_0112135.jpg
さぁ、ポジションチェンジ。
予定通りですね(^-^)
今度は紗千穂さんがこちらを向いてくれました。


f0155048_0112676.jpg
つる居の紗矢佳さんの妹、紗月さんとも同じお茶屋さんの子です。
柳の簪、波を表す模様が入った涼しげな着物がいいですね。
柳にはつばめでしょうか。二羽飛んでいますね。


f0155048_0114411.jpg
おお、真咲さんのこの帯は。
昨年、信長茶寮のイベントで舞を見せていただいた時の帯です。
あの頃はまだ割れしのぶでした。ちょうど1年で髪型も雰囲気もグッと大人な感じです。


f0155048_012737.jpg
透明感を感じる、涼し気な表情。
この日は猛暑日でしたが、そんなことを感じさせない空気がそこにありました。


f0155048_0122051.jpg
笑顔がこぼれます。


f0155048_0124892.jpg
そんなときにも、ちゃんと目線をくださいましたよ。
ありがとう~(^-^)


f0155048_0133350.jpg
今年は特等席でした(^-^)


f0155048_0135057.jpg
髪型もおふくですから、襟も白襟になっておられますね。
なるほど、こうやって一歩ずつ大人(芸妓さん)に近づいていくわけですね。


f0155048_01422.jpg
さて。(すっかり真咲さん特集になってしまいましたが)
放生会もクライマックス。尺八の演奏がされる中、鯉の稚魚が巽橋から白川へ放流されます。


f0155048_0144435.jpg
まずは真咲さんが、稚魚の入った桶を持って巽橋へ。


f0155048_0145440.jpg
続いて紗千穂さんも。


f0155048_0152412.jpg
放流後、手を合わせて感謝の気持ちを表します。


f0155048_0154674.jpg



f0155048_015568.jpg
今日一日は殺生せずに、日頃の感謝をして過ごしたいものですね。

というわけで、朝はパン、お昼はお蕎麦、晩御飯はおうどんをいただいた私でした(^-^)。

暑い中、真咲さん、紗千穂さん、お疲れ様でした。
by kwc_photo | 2014-06-01 23:59 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(24)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/22190942
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 京都写真(Kyoto P.. at 2014-06-03 05:18
タイトル : 祇園放生会
祇園白川にて 6月1日。 日頃から口にする様々な命に感謝する「祇園放生会」が行われました。 行事が開始される少し前に到着しましたので周辺を散策。 巽橋から眺める風景も画になります(^^) ちょうどウェディングフォトを撮られており 美男美女の新郎新婦が京都らしい風景の中で撮影されていました。 午前11時になり、舞妓さんが来られました。 今年は祇園甲部から真咲さんと紗千穂さんが来られました。 真咲さんが視線をくれました。ありがとうございます(^^) 巽橋...... more
Commented by ei5184 at 2014-06-02 04:38
ハハハ・・・やはり出掛けていましたか!
私は土日と写真の整理でした。時計を眺めながら(笑)
来年は橋の上から狙ってみますか!?
Commented by 阿修羅王 at 2014-06-02 05:44 x
おはようございます。
やはり行かれていますね。
一気に36℃まで気温の上がった午後でしたから、
さそかし皆さんたいへんだったでしょうね。
その中で涼しげな笑顔(ちょっとしんどそうに引きつり笑い)をされているおふたりには感心します。
目線も来て、凄いじゃないですか。
いい場所も確保して、頑張った甲斐がありますね。
Commented by youpv at 2014-06-02 06:08
おはようございます~。
仕事が速いですね(^^)
今年はいい場所に座ってくれましたね(^^)
私も現像、頑張らないと(^^)
Commented by arak_okano at 2014-06-02 06:27
真夏日の撮影ご苦労様です、素晴らしい笑顔にバグースです。アラックは梅の収穫とブルーインパルスでした。
Commented by kirafune at 2014-06-02 09:16
表情豊かなショットの数々、さすがです。
美しいお着物と季節のかんざしをつけて
微笑み合っている二人の舞妓さん、
素敵ですね。
溜息が出ました。
Commented by prado9991 at 2014-06-02 09:40
おはようございます。
本当に暑かったですね でも暑さに負けず舞妓さんは、凛とされていて流石でしたね。
運良く特等席を確保できたのも良かったですね

簪が柳と紫陽花、季節感たっぷりで良かったです。
真咲さんは、一昨年よりグッと大人びた印象になりましたね、まだ18歳円熟期ですね。
Commented by misat at 2014-06-02 21:24 x
トップのお写真、とてもいいですね!
お二人の笑顔が可愛いです(^^)
舞妓さんが参加される色々な催しがあるんですね~。
いい表情を捉えられていて凄いです。
貴重なお写真ありがとうございました。
Commented by deepseasons at 2014-06-02 21:28
こんばんは〜
紫陽花の簪は撮った事がないので、なんとか行けるように調整
しましたが、やっぱり第1日曜日を休むのは厳しかったです。
以前の経験を活かして、バッチリなポジションから撮影され
ていますね。 流石です。
真咲さんがぐっときれいになられてきましたね。
紫陽花の簪を撮りたいなあ〜
Commented by kwc_photo at 2014-06-03 00:20
>eiさん
行ってきました~!やっぱりこの季節の行事としては
貴重なので・・しかし暑い!!脚立に座っていたので
まだマシでしたが、地べたは反射で暑いし、もちろん
直射日光は燦さんと・・・。
こんな中でも、ちゃんと微笑んでくれるお二人はやっぱり
プロですね。尊敬です。
Commented by kwc_photo at 2014-06-03 00:20
>阿修羅王さん
いってきました~。東福寺からの放生会。
10時に着陣した時から暑かったですが、放流までの間の
暑かったこと(^_^;)
お坊さんもクラっとされていたので心配しましたが、
誰も倒れることなく行事が終わって良かったです。
マナーの悪いのが植え込みの中に入ったりして、怒られて
はりました。あれはいけませんね。
Commented by kwc_photo at 2014-06-03 00:20
>youpvさん
一気に現像しちゃいました。
枚数は結構撮ったものの、アングルは変わらないので、
バリエーションはあまりなかったです(笑)
とはいえ、あんなにいい表情をされると、カメラも
レンズも喜んでしまいましたね(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2014-06-03 00:20

>アラックさん
真夏日でした~。私のいた場所はちょうど頭に日光が来る
場所で、クラっときました(笑)
でも、素敵な表情をいただけて、暑さも吹き飛びましたよ(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2014-06-03 00:20
>kirafuneさん
今年の放生会のお二人は、暑すぎるくらいの日だったにも
かかわらず、本当に涼やかに微笑んでくれました。
簪も着物も素敵で、いい表情をいただける度にシャッター
を指が勝手に・・・(^-^)。
熱射病も心配されるくらいの暑さでしたが疲れも吹っ飛びました。
Commented by kwc_photo at 2014-06-03 00:20
>pradoさん
いやぁ、暑かったですね。でも、あのポジションに
舞妓さん席が来るとは!と嬉しい悲鳴でした。
昨年の後ろ向きか横顔しか撮れなかったアングルから
考えると最高のシチュエーションでしたね。
真咲さん、18歳かぁ。すっかり大人の雰囲気を身にまとう
ようになられましたね。表情が見違えました(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-06-03 00:20
>misatさん
ありがとうございます~。
ふんわりといい雰囲気で撮影できました。
夏場の行事としては、この放生会は貴重な機会でしたので
とても楽しみにしていましたよ。
暑い中、いい笑顔を見せてくれたお二人に感謝です。
Commented by kwc_photo at 2014-06-03 00:21
>deepseasonsさん
放生会、とっても楽しみにしていたのですが、人出が心配
でした。うまい具合に最前列に陣取れたことも良かったのです
が、何と、舞妓さんの席が昨年とは違う場所に!
これが巽橋バックという素晴らしいチョイスでした。
今年の運営の方に感謝!です。

真咲さん、めっちゃ綺麗になられましたよね~。
ホント、女性の成長ってのは・・・驚かされます(^-^)
Commented by pengini at 2014-06-03 04:57
おはようございます。日曜日は東福寺→祇園だったのですね。
東福寺と迷って智積院にして、10時前に撤収しましたのでニアミスも起こらなかった……。
暑い中の素敵な姿は、プロですね~。凄いです。
Commented by davidmittu at 2014-06-03 07:53
おはようございます。
やっぱりど正面すごいですね!
柔らかく暑さを感じさせない表情ばかり(^^)
放生会、来年こそは!
Commented by なりひら at 2014-06-03 15:19 x
にこやかで、あでやかな芸子さん;踊りも、歌も、三味線もできて、日本文化の一側面ですね。ナイスショット
Commented by kwc_photo at 2014-06-04 00:15
>penginiさん
そうなんです。放生会前にどこへ行こうかと考えた末、一番サツキが
咲いていそうな場所を選びました(^-^)
サツキの咲き具合はよかったのですが、苔が・・・
この雨不足&猛暑では仕方がないですね。
智積院は来週回しですが、雨が降ってくれるかなぁ。

そんな暑いなか頑張ってくれた二人はすごいです。
そして、とても綺麗でした(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-06-04 00:17
>davidmittuさん
今回は残念ながら、でしたが、来年はぜひに!
昨年だったら後ろ姿だった場所なんですが、今回は舞妓さんの
席の位置がかわって、めっちゃ特等席になりました。
暑いのがしんどかったですが、疲れも吹き飛びますね(笑)
Commented by kwc_photo at 2014-06-04 00:18
>なりひらさん
ありがとうございます~(^-^)
行事に舞妓さんがいると、それだけで雰囲気がグッと素敵に。
まぁ、たくさんの人がそれに寄ってきますので、人混みでギュッと
なりますけどね(笑)
Commented by tomo at 2014-06-27 13:40 x
小梅さんのお名前教えてくださってありがとうございました!

いつも舞妓さんの名前で検索すると
こちらがヒットするので
きれいな写真だなぁとみとれていました。

紗千穂さんのお着物は恋舞妓のサイトで
以前は紗月さんが着られていたんだなって
思っていたのです。
着物って大事に受け継がれる日本のいい物ですね。
http://koimaiko.com/
Commented by kwc_photo at 2014-06-27 18:33
>tomoさん
早速おいでくださってありがとうございます。
小梅さん、素敵な笑顔でしたね~。こっちまで笑顔になりました(^-^)
着物にお詳しいのですね~。私も舞妓さんを撮影するときは注目しているのですが、詳しくないので勉強になりました。
紗千穂さんの着物、以前に紗月さんが着ておられたのですね。
受け継がれていく着物、素敵ですね。
この間、つね桃さんも、お茶屋のお母さんの50年前の着物だと
おっしゃっていたのを思い出しました。すばらしいですね。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 隨心院・キリシマツツジの頃 霧島の庭(青蓮院門跡) >>