井手玉川・爽やかな青空と満開の桜たち
          
f0155048_021215.jpg
この春一番と言っていい青空と桜でした。

撮影者は私一人。贅沢な独り占めです。

(※4月1日・3日撮影)






f0155048_03785.jpg
桜が7分咲きとなった1日。
青空もまずまず良かったので、井手玉川へ。


f0155048_044476.jpg
この日は離任式の日。
そう、1日ってそういう日でしたよね。
春休みなら閑散としているはずのこの道は、実は通学路。
制服を着た学生たちが、離任する先生と惜別しにやってきていました。
満開の桜の下、涙のお別れもあったのでしょうか(^-^)


f0155048_052581.jpg
薄く雲が広がるなか、満開を迎えていたソメイヨシノ。
まずまず満足・・・したんですが・・・


f0155048_062681.jpg
4/3。これまたいいお天気。
桜が完全満開になったこの日、居ても立ってもいられず、再び井手玉川へ。
豪華絢爛、春絵巻の始まりでした。


f0155048_065440.jpg
川面へしだれかかるこの枝ぶりが、絵巻の幕開け。とざいとーざい~♪


f0155048_071319.jpg
川の土手両岸から、桜が空を包もうとしています。
一本の筋雲がリズムをつけてくれました。


f0155048_073463.jpg
桜万華鏡。
こんな景色、見たことがない!くらいの、青空と川面、そして桜が織りなすファンタジー。


f0155048_074138.jpg
青空が、そして桜が見事映り込んだこの小川が、この天然装置の仕掛け人。


f0155048_082826.jpg
春の小川は、さらさら行くだけじゃなかった。
こんなに美しい光景の中にあって、まさに名脇役。


f0155048_084837.jpg
桜色が映る水面も綺麗です。

f0155048_09259.jpg
桜まつりが開かれる前々日の頃でした。
桜の合間に見える提灯も、埋もれてしまいそうなくらい勢いある桜の花たち。


f0155048_093750.jpg
散歩道があまりにも気持ちよすぎます。
青空に向かって気持ちよさそうに花を咲かせてくれた桜たちの気分がわかる気がしました。


f0155048_095680.jpg
二日前、満開に近かったこの場所も、完全に満開。
いや、少し散りも始まっています。


f0155048_0101498.jpg
遊歩道に再びあがっても、静かな桜のトンネルが楽しめました。


f0155048_0111010.jpg
こんな散歩道なら、グングン歩けますよね。
背割堤よりも、密度が濃い桜並木です。


f0155048_0114095.jpg
ほら、やっぱり。
4枚目で満開を迎えていた桜が散り始めていました。
桜吹雪、そして水面に散り浮かぶ花びら。


f0155048_012250.jpg
それでも小川は静かに流れるのみ。
盛りの花、旬の短い花である桜を引き立てる役に徹しているかのようです。


f0155048_01287.jpg
そんな小川に賛同した空は、こんなに美しい青色をプレゼントしてくれました。


f0155048_0125219.jpg
空と小川が、懸命に花を咲かせる桜をサポートしてくれた。
そんな物語を感じてしまった、見事な景色でした。
by kwc_photo | 2014-04-28 07:00 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/21908517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2014-04-28 07:55
水面が素晴らしいですね、散っている場面もすごいですね、
やっぱり通わないといけないんですね、バグースです。
アラック、石橋の先に行ったあとに、下がったら、池の手前の
菖蒲?の浅いところに落ちました。
今日、病院へ行きます。
Commented by davidmittu at 2014-04-28 07:56
おはようございます。
桜の開花していく様子から散り姿まですべてを
堪能されたのですね!
朝から爽快な気分になりました。
水面の透明感も凄まじいですね!
Commented by ganbaru-hirotan at 2014-04-28 15:00
Katsuさん、はじめまして。
桜万華鏡、すっごくイイ!
こんな桜、初めて見ました。
桜トンネルも気持ちよさそうですね。
桜吹雪も素敵です。
素敵な写真をありがとう!
Commented by kotonoha222 at 2014-04-28 16:30
こんにちは~
桜が満開に近い所から散り行く所までまるで
物語のように写真で綴られ惹きこまれました。
これ以上ないという程の青空と淡いピンクの桜のコラボ素敵でしたね!
感動が伝わって来ました(^^♪
    しおり
Commented by 阿修羅王 at 2014-04-28 20:12 x
こんばんは。
川への映り込みが凄すぎます・・・
こんな綺麗なの、見たことないです。
透明感のある染井吉野、ちょっと見直しました。
これを見たら出勤できなくなりませんか。
Commented by ei5184 at 2014-04-28 21:12
此処、今は山吹が見ごろになっているようですね!
私の処からだとちょっと不便(笑)
又何時の日か、訪ねてみます!
Commented by deepseasons at 2014-04-28 22:41
こんばんは~
川とは思えない静かに水鏡に冴える様な青空です。 流石にホームグランド、
4回も通われて撮られているだけにどれも素晴しいショットばかりですね。
毎年、今年は郊外中心に回ろうと思いながら、安易な市中巡りをここ何年か
繰り返しています。 「来年こそは」と意気込みだけに終わらないようにしておきます。
Commented by kurese0535 at 2014-04-29 14:06
こんにちわです。
またまた凄いところですね〜♪
しかも青空も素晴らしいです。
映り込みも美しく上も下も空みたいですね。
実際に歩いてみたくなりました(^^)
Commented by kwc_photo at 2014-04-29 16:29
>アラックさん
ここは通勤で通る道すがらなので、ちょっと早めに出かければ
桜が堪能できる素晴らしい場所なんです。
桜が満開になっていくまでの間、今か今かと最高の瞬間を
待っていましたよ(^-^)
お怪我、お大事にしてくださいね。
Commented by kwc_photo at 2014-04-29 16:29
>davidmittuさん
毎朝通う場所ですからね~(笑)
ちょっと車を止めて歩けば、こんな見事な桜並木に出会える
というのは贅沢ですね。
今年は背割堤、木津川堤、玉川堤と3つの川の桜並木を
青空で撮ることができてシアワセでした(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-04-29 16:29
>ganbaru-hirotanさん
はじめまして~。
ファインダーを覗いてて、「おお、万華鏡!」と思わずひとりごと。
これはなかなかのものでした。
桜トンネル、土手の両方がこうなっているので、お散歩には
ピッタリです。桜吹雪まで見られて最高でした(^-^)
今後共よろしくお願いいたします。
Commented by kwc_photo at 2014-04-29 16:30
>しおりさん
通っただけあって、桜の輝き始める頃から散り始める頃まで
本当にいいタイミングを切り取ることができました。
ここの並木道は本当にのどかで、静かなんです。
ゆったり散歩してからの出勤、仕事もはかどりました(笑)
Commented by kwc_photo at 2014-04-29 16:30
>阿修羅王さん
この映り込みはすごかったです。本当にマジマジと眺めて
しまいましたよ。まさに夢か幻か・・・・。
あまりにも美しくて、しばらく佇んでいましたよ。
たしかに・・・このままずっと見ていたい、と思わせる
景色で、出勤するのがイヤになりそうでした(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-04-29 16:30
>eiさん
山吹の里、とも言われている井手町。でも桜のころが
一番綺麗だなぁと思います。
ちょっと不便ですが、車があれば大丈夫!です。
早朝撮影ができるので、来年どこかへ行かれる前の朝イチ
にでもぜひどうぞ(笑)
Commented by kwc_photo at 2014-04-29 16:30
>deepseasonsさん
そうなんです。本当にゆったりと流れている川なんですが、
これほど水鏡として綺麗に映るとは思わず。見事!でした。
まぁ、毎日でも通える立地だけに(笑)、ここぞ、という
タイミングで行こうと思っていましたが、最高の青空が
出てくれましたよ(^-^)
郊外、いいですよ~。私は郊外大好き派です(笑)
Commented by kwc_photo at 2014-04-29 16:30
>kureseさん
ここは地蔵禅院のある井手町なんですよ。
川沿いに桜並木があって、本当にきれいなんです。
青空が広がる日、こんなに川面が綺麗で、しかも
桜が映り込んでくれるとは・・・見事すぎました(^-^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 春・談山神社の花々 都をどり!(祇園甲部・佳つ智さ... >>