背割堤・桜並木
          
f0155048_024541.jpg
やはりここの桜はすごい。
どこまでも続くかのような桜並木。今年も行ってきました。




f0155048_0242212.jpg
早朝の散歩はいいものです。
今年もこの桜トンネルをゆったりお散歩。
朝日が背後から登り始めます。
一斉に色めき立つ桜。美しい光景です。


f0155048_0243990.jpg
振り返ると、キラキラと桜が輝いています。


f0155048_0252568.jpg
折しもこの日は雲ひとつない青空。


f0155048_026372.jpg
桜も喜んでいますね。


f0155048_026660.jpg
本当にキラッキラ。
朝日に照らされる桜はこんなに美しいんですね。


f0155048_0264955.jpg
咲きほど、朝日でピンクがかっていた桜トンネルも、すっかり青空になってくれました。


f0155048_0272284.jpg
川と桜。
どうして日本人は川べりに桜を植えようと思うようになったのでしょうね。


f0155048_0283981.jpg
ともあれ、この背割堤。
1キロ以上もこの桜並木が続くという、見事な光景が広がります。


f0155048_029518.jpg
満開となった桜は、本当に美しく、言葉も出ません。


f0155048_0293458.jpg
キラリ。木漏れ日の朝日。
遊歩道に落ちる影も面白いです。


f0155048_0305157.jpg
平日の早朝とあって、人は少なめ。
青空が広がったこともあり、広角レンズでこの桜並木を撮影。
この光景は他ではなかなか見られないと思います。


f0155048_0305436.jpg
これほど晴れ上がった日に来ることができてよかった。


f0155048_0311628.jpg
うまく人がいなくなってくれました。
この道、いつも誰かが歩いているんですがね~。


f0155048_0313674.jpg
太陽の光も回って、影が少なくなってきました。
もう少し粘りたいところですが、そろそろお暇の時間です。
出勤しなくちゃなりませんからね(笑)


f0155048_032934.jpg
再び桜トンネルを通って。
お、この時間でも無人になることがあるんですね。


f0155048_0321959.jpg
最後に橋の上から。
ワンポイントの紅梅も綺麗に咲いていましたよ。

今年も背割堤の桜並木、堪能いたしました(^-^)
by kwc_photo | 2014-04-05 23:58 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(14)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/21717449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 京都写真(Kyoto P.. at 2014-04-08 09:45
タイトル : 背割堤
桜満開の背割堤へ 木津川と宇治川を分ける背割堤の桜が満開となりました。 ここは是非とも青空と一緒に眺めたい場所。 天候にも恵まれて、最高のコンディションで眺める事が出来ました。 青空の下で続く1.4kmの桜並木は圧巻の一言。 感動的な風景が目の前に広がりました。 日の出のタイミングで訪れると 桜並木が浮かび上がる幻想的な風景にも出会えます。 約250本の染井吉野の桜のトンネル。気持ちよすぎです。 見事としか表現できないですね。 見上げると...... more
Commented by youpv at 2014-04-06 05:59
おはようございます。
この日は本当に青空が綺麗でしたね(^-^)
それにしても普通にお会いしましたね(笑)
雨でピークが過ぎたようですので、
一番のベストタイミングでしたね(^-^)
Commented by at 2014-04-06 07:04 x
おはようございます~
ぬけるような青空と見事な桜ですね。
それに人がいない風景がいいですね。
私は週末しかお出かけできないので
お天気が選べず昨日は曇天でしたが訪れました。
昨年も曇空で2年続けてです><
こちらでスカッとした気分で綺麗な桜を拝見させて頂きました。
ありがとうございました。
Commented by kkagayaki2 at 2014-04-06 09:16
おはようございます。
見事な桜並木ですね。人ごみと酒盛りが嫌いなので、人が集まる桜並木は避けております。ここは本当に人がいなくて美しさも際立ってますね。iphoneで見て、またここで見たらすごい迫力でびっくり。いいもの見せていただきました。ありがとうございました。
Commented by kurese0535 at 2014-04-06 09:40
おはようございます。
あーー、自分はやはり天候に恵まれず
いや、寝坊もありますが
雨の前に行ったら暴風に会いました!
去年同様ついてないです。
今年もこちらで青空背割堤、ありがとうございます。
Commented by arak_okano at 2014-04-06 11:19
やっぱり青空ですね、どこまでも続く桜並木にバグースです。朝ですね、走りたい!KWCさん、今回もありがとうございました。旅に画像保存用のパソコンが壊れました、昨日もしも動いていて保存して、カードを初期化していたら、全てが水の泡でした。画像はカードに残っています。
Commented by 阿修羅王 at 2014-04-06 20:56 x
こんばんは。
2日と3日がピークだったようですね。
この日がより一層綺麗だったと聞きました。
どこまでも青い空と桜色、やっぱり朝から癒される風景です。

あ、昔ここは松が植えられていたそうですが、
枯れてしまったので市民の手で桜が植えられたと
テレビでやっていました。
今では全国的に有名になりましたね。
Commented by kwc_photo at 2014-04-06 23:14
>youpvさん
この日はお疲れ様でした~。
3日通われたyoupvさんにはかないません(^-^)。
でも、お互い平日の朝、出勤前だというのに、スーツ姿で
カメラ持って早朝、ですもんね(笑)
ベストタイミングな背割堤、最高でした~!
Commented by kwc_photo at 2014-04-06 23:14
>彩さん
本当に真っ青!でした。有り難い青空でしたよ。
ここは、毎年のように出勤前シリーズということで、
平日早朝狙いをしていますが、ここまで晴れたのも
久しぶりかもしれません。
見事な狙い通り!により、仕事前にいいお花見ができましたよ(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-04-06 23:14
>kkagayaki2さん
はじめまして。ようこそです(^-^)
この背割堤も、お休みの日はブルーシートが広がり、
お花見の客で賑わいます。なので狙うは平日早朝!です。
晴れた空、人のいない光景で撮影できて良かったです。
実際にみると、もっと素晴らしい光景ですよ~(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-04-06 23:14
>kureseさん
お天気勝負!なこの場所は、今年も真っ青になってくれて
良かったです。2日の真っ青な空を逃したので、あちゃー!と
思っていたのですが、3日もバッチリでした。
暴風ということは、3日の夕方ですかね。急に荒れましたもんね。
私は、晴れ男の面目躍如!な背割堤でした。
Commented by kwc_photo at 2014-04-06 23:14
>アラックさん
ここは確かにランニングや散歩をされている方もいっぱいです。
早朝はそんな方々ばかりなので、しばらく待つと無人タイムも
あるんですよね~。
PC、大変でしたね。写真が残ったのは怪我の功名でした。
私も正月に経験しましたが、PCは壊れるもの、と思っておかないと
いけませんよね(^_^;)
Commented by kwc_photo at 2014-04-06 23:14
>阿修羅王さん
2日の朝がいい天気だったので、しまったなぁと思って
いたのですが、3日にイチかバチか、と思ったら、素晴らしい
ピーカンになりました(笑)
青い空にどこまでも続くかのような桜並木、今年も堪能しました。

ここの松並木、マツクイムシにやられて全部枯れたのだ
そうですね。それから30年余り。見事な桜並木に成長したものです。
ソメイヨシノは樹齢30年もたつとだんだん弱るそうなので、
これからの維持がどうなるのか、とちょっと心配ですが、
そんな心配をよそに、見事な花を見せてくれましたね~。
Commented by prado9991 at 2014-04-06 23:17
こんばんは
平日ならではのこの風景ですね。
土日となりゃ早朝でもブルーシートが敷かれ、興ざめしますね。
それにしてもこの快晴、晴れ男の本領発揮ですね。
桜トンネル、広角の並木道、圧巻です。
Commented by kwc_photo at 2014-04-07 00:01
>pradoさん
やっぱり平日狙い!ですね。
2日の快晴を逃したので、しまったぁ~と思っていたのですが、
天気が崩れる予報の3日、ばっちり朝は晴れてくれました。
朝からウキウキでしたよ。それに、人も少なめだったのでラッキー
でした(^-^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 花盛りの石山寺(大津市) 隨心院・はねず梅 >>