落椿(城南宮)
          
f0155048_0121072.jpg
しだれ梅が美しかった城南宮ですが、もう一つの美しさを見つけました。

見事に散った椿。お届けします。




f0155048_0121956.jpg
城南宮のこの季節は、梅ばかりでなく、椿もたくさん花を咲かせます。
そういえば、「枝垂れ梅と椿まつり」と銘打たれていますよね(^-^)


f0155048_0124266.jpg
曙という品種。
たわわに咲いていました。


f0155048_0125584.jpg
いろいろな種類があるのですね~。


f0155048_013484.jpg
そして、しだれ梅の林の裏手。
大きな藪椿が満開。
切り株の周りにはたくさんの落椿が。


f0155048_0132066.jpg
藪椿と言われるだけあって、鬱蒼とした藪の中に、たくさんの花が咲いています。
落椿もヤブの中に。


f0155048_0132358.jpg
落ちてなお、輝きを放つ椿。


f0155048_0133445.jpg
藪の中にこぼれてくる光で、落椿が輝きます。


f0155048_013531.jpg
首が落ちるようで不吉だと、武士は椿を嫌ったそうですが、私はそうは思いません。
最後まで美しさを保ち続ける、力強さを感じます。


f0155048_014523.jpg
苔の上に落ちる椿たち。
まるで苔に咲いた花のようですね。


f0155048_0141855.jpg



f0155048_0142247.jpg
その存在感が、見るものを惹きつけていました。


f0155048_0163465.jpg
しだれ梅満開を横に置いて、足元の藪椿を主役にしてみた、今日の記事でした(^-^)。
by kwc_photo | 2014-03-29 23:58 | 京都(Kyoto) | Trackback
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/21668084
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
    
<< 醍醐三宝院・土牛の桜(醍醐寺) 知恩寺・ふじざくら >>