西国街道ひな人形めぐり
          
f0155048_23325917.jpg
みごとなひな飾りの数々。
西国街道をお散歩しながら、たくさんのおひなさまに出会いましたよ。






f0155048_2333644.jpg
最初に訪れたのは中小路家。


f0155048_2333925.jpg
虫籠窓が見える旧家です。


f0155048_23331210.jpg
お部屋に通していただくと、出迎えてくれたのはすごい数のひな飾り。


f0155048_23331568.jpg
こちらはとても古いものだそうです。
でもすごく綺麗に保存されています。


f0155048_23332157.jpg
目を引いたのは御殿飾り。
京都ではこのような飾りはないそうで、地方から集まってきたのだそうです。


f0155048_23332436.jpg
こちらはコンパクトな御殿飾り。
仲睦まじそうなお内裏様とお雛様ですね。


f0155048_23332965.jpg
七段飾りの3セット。
圧巻です。


f0155048_2333322.jpg
珍しかったのはこのセット。
七福神がひな飾りに登場していますよ。


f0155048_23334488.jpg
こちらもなかなか見応えのあるお人形が並ぶセット。
飾られている調度品も本格的です。
お内裏様の着ている着物の色は、高貴な方のみが着られる色。つまり天皇家をあらわしています。


f0155048_23334870.jpg
この五人囃子の表情に惹かれました。
動きもあって、素晴らしい表現ですね。


f0155048_23335268.jpg
こんなひな飾りもありました。
チンを飼うのがステイタスだったのでしょうね。


f0155048_23335814.jpg
こちらの飾りは、上から覗けるのが特徴とのこと。
源氏物語絵巻のような俯瞰図が体験出来る仕掛けなんですね。


f0155048_23341481.jpg
つるし雛も賑やかでした。


f0155048_23395153.jpg
次に訪れたのは富永家。


f0155048_23343089.jpg



f0155048_23352590.jpg
こちらの御殿飾りは豪華絢爛!
並ぶ牛車や籠なども本格的な塗りや金象嵌が施されています。


f0155048_23363266.jpg
なによりすごいのはこの御殿。
本物の檜皮葺です。


f0155048_23364321.jpg
御殿で展開される饗宴の様子がありありと表現されています。


f0155048_23365435.jpg
五人囃子が笛太鼓を奏でれば・・・


f0155048_2337044.jpg
上戸たちが宴席を盛り上げます。


f0155048_23371936.jpg
雅なお二人。
屏風の絵が本格的なのも見事ですね。


f0155048_23374573.jpg
こちら富永家では、りっぱなおくどさんがありました。
立派に現役だそうですよ。


f0155048_23375520.jpg
こちらの火の用心の御札は西山・金蔵寺のものでした。
お宅の方に尋ねると、愛宕さんの親神様が金蔵寺とのこと。
金蔵寺の歴史の深さを知りました(^-^)。


f0155048_23381263.jpg
蝋梅と椿のいけ花に見送られて次を目指しました。


f0155048_2338263.jpg
シーズンとなったたけのこが満載の神崎さん。
奥にひな飾りが見えています。

f0155048_23384041.jpg
こちらも見事な七段飾りでした。


f0155048_2340965.jpg
帰りに訪れたのは塩崎家。
ご主人がお隣も進めてくれたので、先にお隣へ。


f0155048_23402879.jpg
こちらでは豪華な「立ち雛」が展示されていました。


f0155048_23415873.jpg
さて、塩崎家へ。
こちらにも素晴らしい御殿飾りが。


f0155048_23421171.jpg
お内裏様とお雛様、そして三人官女も楽しそう~!

f0155048_23422171.jpg
こちらはオーソドックスな五段飾り。


f0155048_2342312.jpg
こちらは真ん中に置かれた頭飾りがキラキラで綺麗でした。


f0155048_2342574.jpg
お軸、そしてお雛様ともに年代物の値打ちもの。
にこやかな、そして穏やかな表情が素敵でした。


f0155048_23432998.jpg
おお、「八重の桜」でも出てきた「女今川」のホンマモンです。女子の道徳教育の教科書ですね。
寺子屋で使っていた教本類だそうで。


f0155048_2344871.jpg
お雛様を心ゆくまで満喫できた、西国街道ひな人形めぐりでした。

各所でいろいろとご説明いただいた皆様、ありがとうございました。とても楽しめました(^-^)。
by kwc_photo | 2014-03-05 23:58 | 京都(Kyoto) | Trackback(2) | Comments(14)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/21518683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Deep Season  at 2014-03-06 18:32
タイトル : 西国街道ひな人形めぐり 2
 み や び  中小路家は農家ながら、幕末には聖護院門跡領の庄屋を務めて居られたそうです。  座敷から琴の調べが聞こえてきました。  尺八と琴が生演奏されていました。  終わった後、撮影のお礼を申し上げると向日神社桜まつりや二条城ライトアップの  時にも演奏されると言われていました。  由緒ありそうな古今雛や  御殿飾りなど豪華絢爛です。    雅な雰囲気が漂います。  宮廷の暮らしは憧れの的だったのでしょうね。  掛軸のものは、今風に言うと団...... more
Tracked from ぶらりねっと at 2014-03-06 22:55
タイトル : 西国街道ひな人形めぐり・向日市
日本の文化、日本の財産を見てきました。向日市の西国街道では、ひな人形めぐりが行われ、多くの人で賑わっていました。最初に訪れた中小路家住宅では、心地の良い琴の演奏の中、雛飾りを楽しみました。様々な種類のひな人形が旅人たちを出迎えてくれるのですが、あまりの規模の大きさに圧倒されっぱなしでした。ここ、中小路家住宅は飲み物付き。雛飾りを見ながら、琴をバックグラウンドにコーヒーを飲むというなかなか不思議な感じでした。続いては塩崎さん。時間の関係で長居はできませんでしたが、旧家の歴史感じる空間でした。最後に訪れた...... more
Commented by arak_okano at 2014-03-06 06:31
雛人形巡りとは驚きました、どれも先人の魂が宿っているようです、維持も大変だと思います。まだまだ寒いですが、竹の子とはまたまた驚きましたよ、バグースです。
Commented by foto_K at 2014-03-06 09:42 x
Katsuさん、おはようございます。

豪華な雛壇、彩りも鮮やかで綺麗っすね!
檜皮葺の御殿が素晴らしい^^
それぞれの暖簾にも興味そそられます。
実家行くついで、昼間に時間余裕あったら行ってみよかな(^^)

Commented by at 2014-03-06 10:36 x
こんにちは~
七段飾りの御殿雛
豪華なお雛様の数々ですね。
上からのアングルは新鮮ですね。
各家ごとにひな人形用の暖簾も作られていて凄いですね。
私も一緒にひな人形めぐりをさせて頂いた気分です。
ありがとうございました。
Commented by misat at 2014-03-06 12:38 x
本当に豪華ですね♪
色々な表情やポーズがあるんですね。
立ち雛と言うのは初めて見ました。
女官さんが犬を連れているのが可愛いなと思いました^^
Commented by deepseasons at 2014-03-06 18:44
こんばんは~
katsuさんも行かれたんですね。 katsuさんらしく丁寧に撮られています。
でうでしたか、初めてこちらのひな人形を見させてもらった時にいろんな飾り
に圧倒されてしまいました。 実は、以前にひな人形の展示即売会の催し物の
手伝いもさせてもらった事があるんですが、古今雛や御殿飾りの伝統的な
職人技は素晴しいですね。
七福神は、私も寄って撮ったらよかった。 来年も行こうっと・・・
Commented by prado9991 at 2014-03-06 22:21
こんばんは
deepさんの紹介で訪れましたが、その凄さに圧倒されました。
御殿飾りもここで初めて見せていただき、解説まで聞けて本当に勉強になりました。
上からのアングル、私のはブレてしまって失敗でした。
35mmでしたので、IS無しはとっさの時は困りますね。
Commented by davidmittu at 2014-03-06 22:54
こんばんは。
自分自身も行った場所ですが、ここで拝見させていただき、再度お腹いっぱいになりました(笑)
どこのひな人形も表情が違い、楽しめるものですね!
来年はゆっくり回りたいです~。
TBよろしくお願いします。
Commented by kwc_photo at 2014-03-08 19:15
>アラックさん
本当にそうですね。先人の魂が。
歴代かわいがってきた皆さんの愛を受けて、今もなお
かわいらしく飾られるお雛様。
ずっと大事にしていってほしいですね。
Commented by kwc_photo at 2014-03-08 19:15
>Kさん
この檜皮葺は本当に見事でした。普通に家やん!と。
このセットは、きっとすごいお値段なのだろうなぁとも・・笑
来年、ぜひ実家のついでに訪れてみてください~。
私も今年初でしたが、感激しました(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-03-08 19:15
>彩さん
説明をしていただいた方に、「上からの図が源氏物語の
一コマを彷彿とさせる」というお話を聞いて、上から撮影
してみました。なるほどなぁと思いましたよ。
雛人形をこれだけたくさん見られる機会もあまりないので
良かったです(^-^)

Commented by kwc_photo at 2014-03-08 19:16
>misatさん
昔のお雛様の三人官女や五人囃子は、いろいろな表情や
ポーズなので面白いですね。動きがありますよ。
立ち雛というのもあるのですねぇ。「立ち雛の立派なのが
飾ってありますよ」とお誘い頂いて、帰りに寄りましたが、
良かったです。
Commented by kwc_photo at 2014-03-08 19:16
>deepseasonsさん
2日に行ってきました~!deepさんのところで以前見せて頂いて
いたのでイメージはしていたのですが、思いの外すごい展示で
感激でした。
七福神は珍しいですよね。思わずまじまじと見てしまいました。
昔のお雛様ってなかなか興味深いセットがありますよね。
私も来年も、とおもっています(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-03-08 19:16
>pradoさん
私も行って良かったです。これは来年も行きたいですよね。
御殿飾りって初めて見ましたが、豪華さにクギヅケでした。
中小路家はお茶まで飲めて、あの豪華さはお得ですね。
上からのアングル、残念でしたね。私も先日単焦点を使って
IS頼りになっている腕の固定具合に反省したところです(笑)
Commented by kwc_photo at 2014-03-08 19:16
>davidmittuさん
ここは行ってよかったですね~。うまい具合に3日にdeepさんに
あえてラッキーでしたね。
雛人形にも色々あるんだなぁと感心し、そしてその表情や動き
のあるポーズにも興味津々でした。
TBありがとうございました(^-^)。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< あじき路地にて -とし夏菜・先... 梅花祭の華(北野天満宮) >>