法住寺の梅と吊るし雛
          
f0155048_21393666.jpg
今日は桃の節句、ですね。
法住寺では、吊るし雛の展示とともに、四世代に渡る雛飾りを見せていただけました。





f0155048_21401254.jpg
法住寺の竜宮門前。
紅梅が見頃になっています。


f0155048_21403153.jpg
三十三間堂の鮮やかな門塀をバックにしても、負けていませんね。


f0155048_21405118.jpg
白梅は四分咲きくらいですね。


f0155048_21422872.jpg
「吊るし雛」の看板を見て、インターホンを押しました。
奥様が出てきて、中に入れていただいたところ、目の前に広がるお人形たちにビックリ。


f0155048_21423620.jpg
つるし雛、雛人形、そして、その他のお人形の数々。
まさに女の子の節句にはピッタリの展示ですね。


f0155048_21424015.jpg
つるし雛もいっぱい。
何とも賑やか、きらびやかな空間となっていました。


f0155048_2142491.jpg
雛飾りも何種類も。
バックの金屏風もいい雰囲気です。


f0155048_21463410.jpg
つるし雛は手作り。
まだ作りかけのものも。奥様が手待時間に作っておられるそうです。


f0155048_21475727.jpg
お人形たちも、お雛様と一緒に飾ってもらってうれしそう。


f0155048_21433164.jpg
違い棚のある立派な床の間の前には、男雛と女雛の飾り。
こちらは比較的新しそうです。


f0155048_21492077.jpg
見事だったのはこちら。
漆塗りの棚に並ぶ、お雛様たち。
奥様によると、この棚はもともとお雛様の飾り棚ではないそうで。
奥様のアイディアでこういう展示にしたとのこと。
違い棚に三人官女と五人囃子。さらに、上戸たちに高砂。お見事です。


f0155048_21492879.jpg
こちらはこちらでは最も古いお雛様だそうです。
お軸もお雛様。値打ちものだそうです。

f0155048_21494024.jpg
雅ですね。金屏風に描かれた模様もおめでたく、また調度品の数々も手が込んでいます。


f0155048_21535057.jpg
普段は見られないこのアングルからのお庭。
紅梅と山茶花が彩りを添えていました。


f0155048_21544627.jpg
外の通路に特別に出させていただきました。
紅梅、コチラからも綺麗ですね。


f0155048_2155172.jpg
マンリョウと苔がきれいなお庭。
綺麗ですね~、とお声がけすると「歩かせてあげたいけど、あかんで~」(笑)
お庭いじりは、奥様の楽しみだそうです(^-^)。

f0155048_21572980.jpg
再びお部屋にて。
つるし雛とお人形で、フレームを作ってみました(^-^)


f0155048_21573767.jpg
可愛らしいつるし雛。


f0155048_21594573.jpg
華やかな宮廷を模したお雛様。


f0155048_21514097.jpg
夢が広がる、素敵な展示でした。
仏様も、一週間の間のこの饗宴を楽しまれたことでしょうね。

法住寺の奥様、ありがとうございました~(^-^)



f0155048_22342780.jpg
おまけ。
ご住職は書が趣味とのこと。
色々な書画が飾られていましたが、その一枚を。


f0155048_22342242.jpg
これはどういう意味?と伺ったら、
「石川五右衛門が釜茹でになった日が12月12日で、こうしておくと泥棒避けになる」
というおまじないだそうです。
by kwc_photo | 2014-03-03 22:38 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(12)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/21507741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2014-03-03 22:46
タイトル : 桃のお節句に 御苑の桃林
♪今日はたのしい雛まつり♪ 灯りをつけましょ  ぼんぼりに お花をあげましょ 桃の花 一雨ごとに春が近づき 京都御苑の桃林も、あとひと月すれば 空を桃の花が埋め尽くすだろう。 今は、たねやさんの「ひなの節」でもいただいて、夢見るように待つことにいたしましょう。 京都御苑 桃林みどころマップ ★雲母舟からのお願い ランキングに参加してます。 お気に召したら、クリックしてね♪     ↓ ↓ ... more
Commented by ei5184 at 2014-03-04 04:55
此れは又賑やかなひな祭りですね(笑)
吊るされた人形も凄い数のよう!

石川五右衛門のまじないには笑いました!
Commented by arak_okano at 2014-03-04 06:31
凄い数の雛人形ですね、吊るし雛の顔も素敵です。梅が正に盛りとなりました、紅梅の色が濃いですね、バグースです。京都へ行けるかな。
Commented by kirafune at 2014-03-04 07:28
法住寺さんの竜宮門前、
紅梅が絵になりますね。
そして、中に入れば、お雛様の数に圧巻です。
吊るし雛にもびっくり。
石川五右衛門のまじないには
ご住職のユーモアを感じました。
Commented by prado9991 at 2014-03-04 10:25
おはようございます
法住寺さん、こんなお雛飾りがあるとはぜんぜん知りませんでした。
梅と相まって季節感バッチリですね。
手作りの吊るし雛が、微笑ましいですね。
Commented by 阿修羅王 at 2014-03-04 20:49 x
こんばんは。
私も結局行ってきましたよ。水野先生のところとはまた違う意味での圧倒される数には息を呑みました。
吊り飾りがとてもよかったです。
Commented by kurese0535 at 2014-03-04 23:09
こんばんわです。
あ、ここは行きやすいから行けばよかったような・・
でもなんか自分には似合わないかな。
門前やお庭の梅もよいですね〜。
Commented by kwc_photo at 2014-03-04 23:40
>eiさん
思いのほか豪華な雛飾りに驚きましたよ~。
コチラのお寺は、いつも梅を見せてもらっているだけでしたが、
桃の節句に合わせて、こんな展示をされているとは知りませんでした。
昨年よりもお人形が増えたんですよ、と奥様がおっしゃっていたので、
来年以降も楽しみです(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-03-04 23:40
>アラックさん
梅、こちらの紅梅は少し早いので、これを見に行ってきたつもり
でしたが、メインがお雛様になるほど見事な飾りでした。
京都はいよいよ今週末が梅の本番かなと思っています。
楽しみですね。
Commented by kwc_photo at 2014-03-04 23:40
>kirafuneさん
竜宮門の梅、毎年楽しみにしているんですよね~。
今年もこれを見に行ってきたのですが、源平咲きの梅はどうかな、
と境内に入ったら、つるし雛の展示があるという看板。
入ってみて、これだけ楽しめるとは思ってなかったので(失礼)
本当にラッキーでした。
まじないの御札、思わず奥様に聞いてしまいましたよ(笑)
Commented by kwc_photo at 2014-03-04 23:40
>pradoさん
私も知らなかったのですよ~。法住寺の梅、と思って出かけて、
ふと看板に目が止まり、迷わずインターホンを押してました(笑)
どんなのかな~と思っていたのですが、入ってビックリの豪華さ。
得した気分でしたよ(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2014-03-04 23:41
>阿修羅王さん
あ、行ってこられましたか~。ここ、良かったですよね。
水野先生のところも見事でしたが、こちらは華やかな
手作りつるし雛がとてもかわいらしかったですね。
Commented by kwc_photo at 2014-03-04 23:41
>kureseさん
梅が気になって出かけた法住寺でしたが、つるし雛の
文字に思わず中へ・・・入ってみてよかった!でした。
お人形がいっぱいで、何とも愛らしい空間でした。
私もお人形が似合う風体ではないですが、楽しめますよ(笑)
そして、このお部屋から見たお庭も良かったです。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 梅花祭の華(北野天満宮) 【額縁光景・その15】光明院・... >>