大原・寂光院雪景色
          
f0155048_23582068.jpg
見事白い世界に包まれた寂光院。

静寂の世界が広がっていました。聞こえるのは鳥の音だけ。

(※12月28日撮影)






f0155048_23583566.jpg
寂光院といえば、この石段。
門の向こうに見える、本堂の屋根が真っ白!


f0155048_23592012.jpg
よし、まだ雪景色が見られそう!と喜び勇んで中に入りました(^-^)


f0155048_0018.jpg
木々が雪で白く染まる寂光院。
美しい!と思わず感動。


f0155048_001992.jpg
秀吉好みの南蛮灯籠もわたぼうしをかぶっています。


f0155048_003967.jpg
本堂から門方面を。
これだけ静かな境内の雪景色を堪能できるのは贅沢ですね。


f0155048_01558.jpg



f0155048_0171.jpg
鮮やかな実をつけていたのはヒヨドリジョウゴ。
ヒヨドリじゃなくても、美味しそうに見えるこの実。食べたら酔っ払うんでしょうか(^-^)


f0155048_011240.jpg
植え込みが丸く雪をかぶっている造形も面白いですね。


f0155048_013934.jpg
池のところも雪景色。


f0155048_015617.jpg
真正面から。
南天の実が雪景色の中で鮮やかに赤く。


f0155048_022969.jpg
ほら、たわわに実った南天。
雪景色にピッタリ!ですね。


f0155048_021013.jpg
けっこう気に入ったカット。
心字池越しの本堂です。


f0155048_022218.jpg
撮影中も、雪が結構降っています。
と言いつつ、向こう側が明るい。おひさまが出そうですね。


f0155048_04937.jpg
鐘楼も雪景色の中に。


f0155048_0376.jpg
さぁ、名残惜しいですが、そろそろお暇の時間。
いい雪景色を見せていただきました。


f0155048_033855.jpg
門をくぐって石段へ。


f0155048_05712.jpg
振り返って見上げると、雪の華がキラキラと見送ってくれました。


f0155048_055032.jpg
石段を降りてすぐ左には・・・


f0155048_06240.jpg
氷柱がありました。
この苔むした小屋根は茶室の入口。


f0155048_063444.jpg
孤雲(茶室)も雪景色に埋もれていました。
青空が見える中、この雪景色を目に焼き付けて、大原を後にしました。
by kwc_photo | 2014-01-22 00:22 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/21309340
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 京都写真(Kyoto P.. at 2014-03-03 10:37
タイトル : 寂光院
雪の寂光院へ 沢山積もる雪の石段を進んでいきます。 お寺の方に雪掻きしていただいているため、 石段の中央が歩きやすくなっていました。 門越しに本堂が見えてきました。 訪れた時の境内は誰もいない静寂の風景。 これだけ沢山の雪に覆われた寂光院は久しぶり。 白の空間の中では彩が映えていました。 本堂にお参り後、境内を散策させていただきました。 池の氷は完全に凍っていました。 門越しに上がってきた石段方向を見てみると 見事な雪の額縁風景が広がってい...... more
Commented by 阿修羅王 at 2014-01-22 05:45 x
おはようございます。
改めて拝見すると、あの時の感動がまた蘇りますよねぇ。
自分にとっても久し振りの寂光院でしたので、
余計に感動ものでした。
青空を出すのが難しかったです。
Commented by arak_okano at 2014-01-22 06:54
今日は上を見ても下を見ても銀世界ですね、その中にも赤があるのですね、みつけますね。最後はやっぱりKWCさんの青空になり、バグースです。
Commented by kirafune at 2014-01-22 07:44
おはようございます!
京都に雪が降った。
大原へ!
今年も魅せてくださいましたね~。
銀世界に背筋もしゃんとなりました。
美しい。

⇓化野念仏寺も見事な紅葉ですね。
朝からいいもの見せていただきました^^
Commented by deepseasons at 2014-01-22 20:53
こんばんは~
そうか、門の向こうが白い幕を張ったようになっているのは
本堂の屋根ですか。 コレだけ木々や屋根にも雪が残って
いたんですね。 行けばよかったです。
バス停に向かう途中に、大原の里を遠望したら融け出して
いたので駄目かなと思いました。
南蛮灯籠のわたぼうしもいい感じです~
Commented by pretty-bacchus at 2014-01-23 04:48
静寂の中に聞こえる鳥の声が聞こえそうですね、、、ー
Commented by kwc_photo at 2014-01-24 20:56
>阿修羅王さん
あの日はおつかれさまでした~。
寂光院はちょっと大原の寺院の中では離れになるので、
私も秋海棠以来でした。
青空は確かに難しかったですね。雪もまだ降ってましたもんね。
でも、行って良かったです(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-01-24 20:57
>アラックさん
紅葉と雪のしましま更新で、季節感がだんだんなくなって
来ていますが(笑)、メリハリがあって良いでしょう(^-^)。
青空も少し見えて、言うことなしの寂光院でした。
Commented by kwc_photo at 2014-01-24 20:57
>kirafuneさん
京都に雪!という日でしたが、大原手前のトンネルを
超えるまで、雪は全くなし。ライブカメラで積雪を
確認していたものの、本当に積もっているのかなぁと
ドキドキでした。銀世界、本当にいいものですね。
京都の雪は幻だけに、やっぱりこれが見られるとうれしいです。
紅葉、まだもう少しあるので、しばしお付き合いを~(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2014-01-24 20:57
>deepseasonsさん
真っ白でしょう?屋根の上の雪が残ってくれていたので、
まっしろい額縁風景になりました。
日当たりが出てきたので、実光院を飛ばしてこちらに
行きましたよ。次は実光院も・・・と思っています。
Commented by kwc_photo at 2014-01-24 20:57
>pretty-bacchusさん
そうなんです。朝の鳥の声だけが聞こえるだけで、
本当に静かな朝でした。
ここは静かに境内を楽しめるのが一番贅沢ですね。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 燃える清水寺(夜景) 彩り・化野念仏寺 >>