左義長
          
f0155048_942541.jpg
毎年地域の小学校で行われる左義長。
今年も行ってまいりました。




f0155048_9432933.jpg
今年も地元の人の手で、立派なとんど焼きが組みあがりました。


f0155048_943386.jpg
書き初めを炊きあげて書道の上達を願います。
低学年は元気な文字ですね。


f0155048_9434264.jpg
高学年になってくると、ちょっと難しい字になります。
書道、上達しますように。


f0155048_9434553.jpg
朝冷えていて、霜柱が立っていたのですが、いいお天気で解けてしまい、グラウンドはビショビショ(^_^;)



f0155048_9435824.jpg
さぁ、子どもたちが出てきました。


f0155048_944263.jpg
正午、点火です。
こんな大きな炎を扱ったことがない子どもたちに、地元の人が付き添って・・・


f0155048_944960.jpg
いざ点火!


f0155048_9442412.jpg



f0155048_9443545.jpg
見る間に燃え上がります。
ひゃぁっと肩をすくめる子どもたち。


f0155048_9445563.jpg
もうもうと火の粉と煙をあげて、全体に燃え広がっていきます。


f0155048_9452694.jpg
三方の結び目に着火すると、櫓が倒れるのですが・・・


f0155048_9453033.jpg
今年は風向きがコロコロ。
炎も暴れます。子どもたちもキャァキャァ。


f0155048_9455182.jpg
見ている間に中は燃え尽きていきます。


f0155048_9455439.jpg
やっと結び目に着火。
でもなかなか倒れません。


f0155048_9475710.jpg
大きな炎の中、竹から煙が出始めます。
節のなかの空気が膨張して、竹を爆ぜさせるのです。
パン、パン、と乾いた音から、ドーン!という大砲の様な音まで。
大きな音がなるたびに、子どもたちの歓声が響きます。


f0155048_94848100.jpg
こりゃぁ崩れないな、と思ったので、一目散に校舎を登ります。
とんど焼きを囲む皆さんの様子を撮影できました。


f0155048_950946.jpg
降りてくると、地元の人の手で櫓は崩されて、とんど焼きにくべられていました。


f0155048_9501656.jpg
とんど焼きのあとは、これまた地域の人達によるぜんざいの接待。


f0155048_9503622.jpg
たくさんのお餅が準備されています。


f0155048_9502579.jpg
私も一杯。
・・・と思ったら、最後に「もういっぱい熱いのをどうぞ」と頂いてしまいました。
都合2杯、おもち4ついただきましたので、ホカホカに温まり、お腹もいっぱいに(^-^)


f0155048_951280.jpg
ぜんざいを食べ終わったあと見に行くと、とんど焼きはほぼ燃え尽きていました。

今年一年、家内安全、無病息災ですごせますように。
by kwc_photo | 2014-01-12 10:05 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/21261178
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by prado9991 at 2014-01-12 10:22
おはようございます。
最近ではなかなかこんな行事も少なくなってきましたね。
少子化の影響で小学校が統合されて今までのつながりが無くなったと聞きます。
Katsuさんの地域では皆さん、活発に行事を行っておられるのですね。
おぜんざい、美味しそう。
Commented by arak_okano at 2014-01-12 10:40
アラック地元の行事がある地域に住んでないので経験ないんです。家のそばをランニングしていたら、やってたんですが、ランニングの後に撮ろうとしたら、しっかり灰になっていました。そう、今日は三十三間堂で成人の通し矢なんですね。
Commented by mituamikko109 at 2014-01-12 10:43
じぇじぇじぇ~~
こちらの小学校は、我が家のすぐ近くです(^▽^;)
小学生もいないので、どんど焼きは見にいったことがないのですが、こんな風景だったのですね。
美味しそうなおぜんざいが、食べたいし、行きたいなぁとは、思ってたけど^^
Commented by deepseasons at 2014-01-12 21:28
こんばんは~
毎年、katsuさんところの恒例行事とんど焼きを見させてもらえて
ありがとうございます。
毎年、同じようなコメントを書いているような気がしますが、懐かしく
見させてもらっています。 うちの田舎でも各町村毎に行われ、
各方面の田んぼから何本も夕方に炎と白い煙があがりました。
おそらく、今では行われていないだろうと思います。
Commented by ei5184 at 2014-01-13 05:19
此れも地元の方のお正月の風物詩なのでしょうね!?
竹だからあっと言う間に燃えてしまいますよね。
校舎を駆け上がる姿が目に見えるようです(笑)
Commented by kwc_photo at 2014-01-14 00:44
>pradoさん
少子化の波はうちの地域にも確実にやってきていて、
書き初めの数も減ったなぁという感じがしました。
何より正月飾りがほぼゼロ。年々減っていて、とんど焼き
の櫓がちょっとさみしいんです。
でも、地元の方々の協力で、こうやって小学生がとんど焼き
を見られるというのは、なかなかいい行事だと思います。
おぜんざい、冷えた体には最高でした(^-^)
Commented by kwc_photo at 2014-01-14 00:44
>アラックさん
この行事、京都ならでは、なんでしょうかね。
15日には大原三千院でも行われます。あと、新熊野神社かな。
通し矢はスケジュール的に難しくて断念しました。
舞妓さんは激戦でしたよ。またの機会にぜひどうぞ~!
Commented by kwc_photo at 2014-01-14 00:44
>mituamikkoさん
わわ、そうですか!(^-^)
見る人が見たら、すぐわかる背景(笑)それじゃぁ
めっちゃご近所さんですね。じぇじぇじぇです(爆)。
おぜんざいは小学生がいないご近所の方もいただきに
見えておられます。毎年第二土曜の12時からなので
来年はぜひ!
Commented by kwc_photo at 2014-01-14 00:44
>deepseasonsさん
ホント、毎年恒例の行事になってます。なにせ途切れず
小学生が我が家にいるもので、もう9年通っていますよ。
昔はこうやってお正月の飾りや書き初めを焚き上げて、
無病息災を祈ったものなのでしょうね。
我が地域は、由緒正しき神社の氏子さんがたくさん
おられるおかげで、伝統が守られてきているのだと思います。
Commented by kwc_photo at 2014-01-14 00:45
>eiさん
京都では、今もあちこちでとんど焼きの風習がある
のですが、以前は地元地元であったようですね。
こうやって地域の人の手で守られているのは珍しいのでは
ないかと思います。
ただ、お正月飾りを飾るおうちがなくなってしまい、
とんど焼きは書き初めばかり飾られています。
もっとしめ縄などが派手に飾られていると、見応えがあるんです
けどね~。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 隨心院・輝く紅葉 夜の彩り(高台寺・圓徳院) >>