霧むせぶ神護寺
          
f0155048_18455262.jpg
この日は朝霧。
幻想的な光景の紅葉が楽しめました。

(※11月16日撮影)






f0155048_1846091.jpg
霧が迫る清滝川。
紅葉が進む川沿いの光景を見ながら先を急ぎます。


f0155048_1846219.jpg
そう、神護寺といえばこれですね。
頑張って登った先に美しい光景が待っている!(笑)


f0155048_1846665.jpg
途中の茶店にて。
これは期待が持てますね。


f0155048_1847589.jpg
楼門に到着。
期待したモミジは最高潮。
霧をバックに、なんとも幻想的な光景。


f0155048_18471898.jpg
いい色出てます。
が、ここで残念な情報をいただきました。
テレビクルーが入ってて、メインの石段前にクレーンと線路が・・・orz


f0155048_18473844.jpg
霧が迫ってきます。
紅葉もしっとり濡れていますね。
(この右に、テレビクルーが陣取ってました。)


f0155048_18474349.jpg
蔵の前にて。
発色は吉!ですね。いい色です。


f0155048_18474746.jpg
ここは色づき中。
今年の神護寺は、早い木、遅い木が入り交じっていました。


f0155048_1850790.jpg
蛍光色といっていいくらい、鮮やかな色づき。
このグラデーションは最高です(^-^)。


f0155048_18505424.jpg
さぁ、テレビ中継の電源車とクレーンを横目に、メインの石段を横から。
これまた良い発色。


f0155048_18513325.jpg
紅葉でクレーンを隠しつつのショット。
霧がいい味を出してくれています。


f0155048_18552247.jpg
ここはパステルカラーのようになっています。
霧のお陰ですかね。


f0155048_18555684.jpg
しっとり濡れて黒光りした伽藍の屋根に、真っ赤な紅葉がよく映えます。


f0155048_1943090.jpg
石段と紅葉。
やっぱり神護寺といえばこれですね。


f0155048_1965458.jpg
アングルを広くとれなかったのが残念。


f0155048_1984197.jpg
大師堂よこは真っ赤な紅葉。


f0155048_1985626.jpg
毘沙門堂前は、錦色。


f0155048_1991925.jpg
霧むせぶ感じが本当に幻想的でした。


f0155048_1994983.jpg
明王堂のところは、いつも鮮やかな紅葉があって好きなんです。


f0155048_19104274.jpg
先ほどの石段のところ。
少し引いてみると、なんとも鮮やかな紅葉が。


f0155048_19105377.jpg
光が入ってきました。
紅葉が輝き始めます。


f0155048_1913034.jpg
さぁ、テレビ中継も始まったので、ちょっと奥のかわらけ投げの場所へ。
誘う紅葉は二色の共演。


f0155048_19131012.jpg
おお~。
かわらけ投げの場所は真っ白。
紅葉が幻想的に輝きます。これは見事。


f0155048_1916376.jpg
霧の中でも、鮮やかな紅葉は本当に綺麗。


f0155048_19162299.jpg
茶店の屋根にも紅葉の彩り。


f0155048_19172811.jpg
霧の向こうに青空も見え隠れ。
でも、今は鮮やかな紅葉に酔いしれましょう。


f0155048_19182583.jpg
いいですなぁ。
霧が本当にいい雰囲気を醸しだしてくれます。


f0155048_1919134.jpg
朝日が登り始めました。
色づいた紅葉の屋根の下で。


f0155048_1920228.jpg
鐘楼前の紅葉も色を増しました。
これは鮮やか!


f0155048_19201195.jpg
和気公の霊廟前も
見事な発色。


f0155048_19202598.jpg
さぁ、山をおりましょうか。
楼門脇の紅葉が手を振ってくれました。
また来年!


f0155048_19212713.jpg
霧も晴れつつあります。
石段を見下ろしての紅葉。


f0155048_19213781.jpg
再び楼門を見上げて。
いやぁ、このカットは綺麗でした。


f0155048_19215812.jpg
途中の硯石亭にて。
鮮やかに黄金色となった紅葉が朝日に輝きます。


f0155048_19232341.jpg
本当に綺麗ですね。
キラキラです。


f0155048_19233199.jpg
最後はお馴染み、マスコットのたぬきさんにお別れをして、山を降りました。

霧の中の紅葉。
いいものを見せてもらえた神護寺でした。


<2013年11月25日紅葉情報>
・一休寺・・・ついに色づき最高潮。参道も真っ赤になってます。
・随心院・・・見頃続く。ライトアップは人が少なくて良い感じです。
・天授庵・・・見頃終盤に。書院のセンターの赤は散り進む。
by kwc_photo | 2013-11-25 23:48 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(12)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/20946095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2013-11-26 07:42
タイトル : 神護寺のモミジ
山上に立ち、陽光降り注ぐモミジを仰いだ。 <a 秋の清滝川を渡り、長い石段をふうふう言いながらのぼりきると 神護寺の楼門にようやく辿り着いた。 高雄山にやってきた。 遠い。 みなさん、こんな山奥まで、しんどい思いして、よく来ますね~。 それもそのはず。 圧倒的なモミジが眼前に迫ってくる。 時代の権力者から恋祈願の小娘まで、災いを避け、福よ来れと祈るために、どれほどの人間がこの山に登ってきたことだろう。 毎年、毎年、染まっては落ちる 小さないのち...... more
Commented by ei at 2013-11-26 05:06 x
私が訪ねた一週間後ですが、見頃でしたね~
しかも霧まで演出してくれましたか!
ライトアップも良かったのですが、此処は朝一がやはり好いですね(笑)
Commented by 阿修羅王 at 2013-11-26 05:49 x
おはようございます。
あの時の感動が蘇りますね。昨夜、ようやく現像が終わったばかりです。
近々私も記事に出来そうです。
かなり深かった霧ですが、案外悪くなかったです。

この冬も行けるといいなぁ。
Commented by arak_okano at 2013-11-26 06:31
霧の中に燃える神護寺さんにバグースです。こんな場面もあるんですね。新幹線の中から霧でしたので、到着も遅いので奈良へ行ってしまいました。
Commented by lecouple at 2013-11-26 06:49 x
おはようございます。
今年も行けず仕舞いだった高雄三山。
来年こそは.....、幻想的な紅葉絵巻をありがとうございました!
Commented by youpv at 2013-11-26 13:02
こんにちは~。
あの日は本当に残念でしたが
見事なくらいにクレーンを映さないように
されていますね。まるで無かったかのように感じます。

本当に条件が凄く良かっただけにあれはいただけなかったですね。
Commented by violet-flow08e at 2013-11-26 21:55
こんばんわです。
神護寺さん、今年もいけず・・
テレビといえば京都出身某アイドルがでている
テレビ番組でも神護寺さんでていたようです。
今年もこちらやあちらやそちらで楽しませていただきます。
Commented by kwc_photo at 2013-11-27 00:40
>eiさん
満を持しての早朝、でしたが、まさかのテレビ中継。
電源&中継車が五大堂裏に陣取り、石段下の一番いいところに
クレーンと線路が敷設されるという、残念極まりない状況でした。
めげずにあちこち撮影しましたよ(笑)
鮮やかな紅葉でしたので、石段が広く撮れなくても満足は
満足でした(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2013-11-27 00:40
>阿修羅王さん
石段のところで見上げた真っ赤の一枚が、阿修羅王さんとお会いした
瞬間に撮っていた一枚です(^-^)。
いい景色でしたね。霧ってのがプレミアでした。
冬景色も行ってみたい場所ですね。
Commented by kwc_photo at 2013-11-27 00:40
>アラックさん
霧、すごかったですよね。
どうなるかなと思いましたが、幻想的な光景にうっとりでした。
邪魔が多かったのが残念でしたが、この光景を見られて
良かったです。
Commented by kwc_photo at 2013-11-27 00:40
>lecoupleさん
霧がとても幻想的でした。中継車とクレーンさえなければ・・
しっとり濡れた紅葉はどれも色鮮やかで、やっぱり神護寺!
と思わせてくれる発色でした(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2013-11-27 00:40
>youpvさん
アングルに苦しみましたが、なんとかクレーンは入れずに
撮影できました。
テレビクルーもうろちょろしてましたが、これも何とか
なりました。いい霧が出てて、幻想的でしたよね。
ホントは石段を広く真正面から撮りたかったですがねぇ(^_^;)。
Commented by kwc_photo at 2013-11-27 00:40
>violetさん
神護寺さんは、やっぱり行ってしまいますね。
ここの紅葉はいつ見ても見事だと思います。
今年はちょっとテレビ中継と重なってしまい、
早朝なのに、かなりの障害物があるという残念な
状況でしたが、霧がいろいろ隠してくれました(^-^)。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 朽木・芦生原生林の紅葉 「心美しき宇治」プロジェクト >>