城南宮・秋の花
          
f0155048_20465753.jpg
城南宮も秋の花がたくさん咲くお庭なんですよ~。

(※11月6日撮影)





f0155048_204727.jpg
真っ青に晴れあがった秋空。
城南宮を訪れたときは、まさに人一人いない朝。


f0155048_204753.jpg
11月は七五三に賑わう境内ですが、朝はこんなに静かです。


f0155048_20471029.jpg
見事な菊。
不思議とあまり写真に撮る人はいませんね。
花としては見事なんですが、自然というよりは、いけばなっぽいからですかね。


f0155048_20472051.jpg
さて、お庭にはもちろん一番乗り。
開門前でしたが、気を遣ってくださって開けてくれました。
珍しい「梅紅葉」をどうぞ(笑)
春先のしだれ梅の光景は、秋はこんなかんじです。


f0155048_20472420.jpg
遊歩道沿いは、菊が咲き乱れますが、この日は一部のみ満開。


f0155048_2047337.jpg
フジバカマも健在でした。


f0155048_20473811.jpg
お、こちらはシオン。
彼岸花の季節に見ることが多いのですが、ここは他よりちょっと遅れて咲くのですね。


f0155048_2047459.jpg
そして、秋の曲水の宴では、平安絵巻の世界に色を添えるツワブキ。


f0155048_20475149.jpg
まさに今が盛りでした。


f0155048_20482658.jpg
甘い香りが漂うこの花。
城南宮の11月初旬といえば、ツワブキが主役です。


f0155048_20483216.jpg
朝早すぎて、リンドウは熟睡中(笑)
お昼すぎに訪れれば、きっとみんな花開いてくれていたでしょうね。


f0155048_20484115.jpg
さて、紅葉は遅い城南宮ですが、ススキと紅葉で気配は感じさせてくれますね。


f0155048_20485830.jpg
映り込む紅葉。
これはモミジじゃないですね。桜かなぁ?


f0155048_20492637.jpg
点在するツワブキ。
苔の上に散った桜紅葉に、一抹の寂しさも感じますね。


f0155048_20495359.jpg
室町の庭でも桜紅葉。
私のほうが赤いよ、と言わんばかりの真っ赤な鯉がアクセント。


f0155048_2050369.jpg
枝ぶりがすごい松の下には手水鉢。
紅葉が散りかかったりしたら、いい感じだと思うのですがね(^-^)。


f0155048_205111100.jpg
しだれ桜もオレンジ色に葉を染めています。
春の桜の時期を楽しみに待ちたいですね。


f0155048_20504059.jpg
たわわに実るのは「橘の実」。
どこかで見たことがある、と思った方、それはきっと、雛人形の飾りです(^-^)。


f0155048_20504642.jpg
見事すぎる青空のもと、静かなお庭散歩を楽しんだ、城南宮でした。
by kwc_photo | 2013-11-19 00:02 | 京都(Kyoto) | Trackback
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/20808556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
    
<< 雲海に浮かぶ紅葉(朽木・小入峠) 西明寺の秋(高雄) >>