雅楽/蘭陵王・納曽利(京都御所・一般公開)
          
f0155048_2246077.jpg
京都御所・秋季一般公開中の11/3、雅楽の催しがありました。

(※京都御所一般公開は11/4で終了しています)






f0155048_22461021.jpg
管楽の皆さんがスタンバイ。
さぁ、舞楽が始まります。


f0155048_22462265.jpg
一曲目は「蘭陵王」。
龍頭を模した厳しい面をつけた蘭陵王が力強く舞います。


f0155048_22464060.jpg
この蘭陵王、眉目秀麗で知られた方。


f0155048_22465775.jpg
あまりの美貌に、味方が見とれてしまって士気が上がらず、
また敵からは侮られてしまうため、必ずこのような厳しい面を被って出陣したという故事に倣ったもの。


f0155048_2247334.jpg
このように、力強く舞うのも、美貌を隠し、士気を鼓舞するためなのですね。


f0155048_22471384.jpg
それにしても何とも獰猛な雰囲気のある面です。


f0155048_22474166.jpg
見事、戦いを指揮している、という感じ。


f0155048_22475288.jpg



f0155048_22484438.jpg
実は、この舞手さんは女性でした。
絶世の美貌だったという蘭陵王を舞ったこの方、どんな方だったのかなぁ(^-^)。


f0155048_2248517.jpg
ちょっと「ビックリしたマスオさん」的なポーズ(^-^)。


f0155048_22493415.jpg
大きく足を踏み鳴らし・・・


f0155048_22493751.jpg
ビシっとキメ!
鮮やかな衣装と勇猛な雰囲気の舞に圧倒されました。


f0155048_2250574.jpg
面のしつらえの細かさにも驚かされました。


f0155048_22502579.jpg
女性の舞とは思えないほどの迫力でしたが、そこは眉目秀麗な蘭陵王。


f0155048_22512323.jpg
しなやかさと力強さを表現するには、
やはり女性の舞手、という方が雰囲気が出るのかもしれませんね。


f0155048_2253540.jpg
二曲目は「納曽利」。
蘭陵王の答舞となっています。

f0155048_2254111.jpg
蘭陵王と同じく龍頭の面をつけ、手には銀色のバチを持って踊ります。


f0155048_22541754.jpg
この衣装も鮮やかですね。

f0155048_225522100.jpg
蘭陵王とは、また違う迫力の面です。


f0155048_22561160.jpg
二人での舞は、そのコンビネーションも見どころの一つ。


f0155048_22585996.jpg
チョン、と飛ぶ所作も面白かったです。


f0155048_22562019.jpg



f0155048_22581286.jpg



f0155048_22583914.jpg



f0155048_2353669.jpg
見事な舞に魅了された、京都御所・一般公開での雅楽鑑賞でした。
by kwc_photo | 2013-11-08 23:52 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/20777563
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 京都写真(Kyoto P.. at 2013-11-11 09:59
タイトル : 京都御所
京都御所 一般公開 10月31日~11月4日の期間で京都御所の一般公開が行われています。 久しぶりに訪れましたが、やはり素晴らしい場所ですね。 一番重要な場所・紫宸殿も静かな中で眺める事が出来ました。 そして春興殿前にて舞楽の奉納が行われました。 1曲目は「陵王(蘭陵王)」。舞楽では代表的な演目です。 龍頭を模した舞楽面を着け、金色の桴(ばち)を携えています。 2曲目は「納曽利(なそり)」。双龍舞と呼ばれています。 二匹の龍が戯れ...... more
Commented by prado9991 at 2013-11-09 00:49
こんばんは
先ほどはお疲れ様でした。
この雅楽、とても気に入りました。
特に納曽利は二人のコンビネーションが凄く良かったですね。
なかなか触れることのできない行事ですので、お知らせありがとうございました。
Commented by arak_okano at 2013-11-09 04:16
日本の誇る芸術ですね、一度、京都のどこかの
お寺さんで見た事があります、どこかな?
良いですよね、バグースです。
今日の京都は諦めました。
13:40発のドクターイエローを撮ろうと思います。
神護寺さん、待っています。
Commented by ei at 2013-11-09 04:58 x
結構迫力がありそうですね! 一昨年嵐山のもみじ祭で一度観ました。
船上でしたので、いまひとつ(笑)
そう云えば明日ですよね、清涼寺夕霧祭。
今年も如月太夫さんでしょうか、この方は本物の嶋原太夫です。
イベント用の方ではありません(笑)
明日は行けそうにありませんが。
Commented by rollingwest at 2013-11-09 07:43
日本人のルーツはユダヤ民族が大陸を経て渡来したという説がありますが、雅楽の衣装やお面を見ているとシルクロードで伝わってきたペルシャ文化(正倉院も同様に)の雰囲気が十分ありますね。
Commented by violet-flow08e at 2013-11-09 14:55
Katsuさん、こんにちわです。
すごい迫力ですね!面も衣装もすばらしいですね。
一度もどこでも観たことないのでいつか生で観てみたいです。
顔近づけられたら小さい子供さんとかは泣いちゃいそう。
Commented by kwc_photo at 2013-11-09 22:34
>pradoさん
昨晩はおつかれさまでした~。
雅楽、なかなか良かったですね。私は初めて見る経験だった
ので、とりあえず行ってみよう!と思ったのですが、お誘いして
よかったです(^-^)。結構長い間踊ってくれたので、撮りごたえが
ありましたね。
Commented by kwc_photo at 2013-11-09 22:35
>アラックさん
蘭陵王はけっこういろいろなところで披露されるので、
見られたことがあるかもしれませんね。
実は、私は舞楽は初めてでした(^-^)。
京都は来週からがいいと思いますよ。今日はちょっと遠く
まで出かけてみました。神護寺さんは来週水木あたりかなぁ。
(仕事で行けませんが・・・^^;)
Commented by kwc_photo at 2013-11-09 22:35
>eiさん
御所は広々としたところで見せてもらえるので、なかなか
良かったですよ。そして、背景も御所の建物ですし、
撮影もしやすいですね。
あ、夕霧祭、雨でも廊下で道中はするとのことでしたが、
ものすごい人出ですよね~。
如月太夫さんとはお会いしたいんですが、パスの予定です。
Commented by kwc_photo at 2013-11-09 22:35
>rollingwestさん
なるほどですね。確かに大陸文化の影響が色濃く感じられます。
衣装もそうですよね。日本のものではないような気がします。
Commented by kwc_photo at 2013-11-09 22:35
>violetさん
かぶりつきの席で見せてもらいましたので、迫力でした~。
龍頭の面はなかなか凝った意匠ですよね。
そして、結構怖い感じ。なるほど、眉目秀麗の蘭陵王が、
それを隠すためにかぶったお面という由来なだけありますね(^-^)。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< Opening!京都の紅葉20... 秋の花咲く常照寺 >>