梵燈のあかりに親しむ会(妙心寺塔頭・東林院)
          
f0155048_14969.jpg
今年も行ってまいりました。
妙心寺塔頭・東林院で開催される「梵燈のあかりに親しむ会」です。





f0155048_142833.jpg
日もとっぷりと暮れた妙心寺。
暗い道を進むと東林院が見えてきました。


f0155048_144040.jpg
「梵燈のあかりに親しむ会」。
ほとんど電気を使わず、ろうそくの明かりだけ、夜を楽しむ会です。

f0155048_144587.jpg
さぁ、お寺に入りましょう。


f0155048_0323677.jpg
本年度のメインのお庭には「月は天下の秋を知る」。
満月が美しかった中秋の名月を思い出せば、なんとも風流な響き。


f0155048_1694.jpg
お茶席へ。
横から見ると、空港の誘導灯のような並びでした。


f0155048_162884.jpg
ほんのりとした明かりの下でいただくお抹茶と芋ようかん。
美味でした(^-^)。


f0155048_164089.jpg
今年はこの明かりが印象的に使われていました。


f0155048_164761.jpg
鴨居には間接照明。これもろうそくなんですよ。


f0155048_171147.jpg
瓦のうえにろうそく。
この明かりの光が集まって、夜の庭を照らしだしてくれています。


f0155048_171697.jpg
梵燈の穴から漏れる光は、炎のゆらめきでユラユラと揺れます。
これが何とも心地よい。


f0155048_173730.jpg
炎に照らされる闇夜の庭。
電気に慣れた私達にとっては、とてもあたたかい光に見えます。


f0155048_174323.jpg
電気とは違う、味わいがありますよね。


f0155048_175065.jpg
以下、ゆったりとした光をお楽しみください。


f0155048_18920.jpg



f0155048_183371.jpg



f0155048_192654.jpg



f0155048_195143.jpg



f0155048_110274.jpg



f0155048_1104638.jpg



f0155048_1112060.jpg
「月知天下秋」。

お月さまも、まるで自分の出番を知っているかのように、秋になると美しく輝いてくれる。
なるほど、深いですね。

f0155048_1113569.jpg



f0155048_112842.jpg



f0155048_112406.jpg
沙羅の咲くお庭も、この日はこんな雰囲気に。
素敵ですね~。


f0155048_1125199.jpg
お地蔵様も見送ってくれます。
「気ぃつけておかえり」


f0155048_1141662.jpg
ホッコリとした気持ちで、東林院を後にしました。
この催し、これからも続けてほしいなぁ。
by kwc_photo | 2013-10-13 11:49 | 京都(Kyoto) | Trackback(4) | Comments(14)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/20545968
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ぴんぼけふぉとぶろぐ at 2013-10-14 01:31
タイトル : 東林院 梵燈のあかりに親しむ会へ
 先日、東林院・梵燈のあかりに親しむ会へ行ってきました。 東林院もこの会も行ったことないと思っていましたが、 ずーっと以前に行ったことあるような記憶がありました。 妙心寺の中、JRが最寄り駅、龍安寺のほうから下ってきた、ロウソクの灯り、夜間拝観、イクシデジタル300・・ このキーワードがあって・・なんかもやもやしてました。 お詳しい他のブロガーさんに聴いてみたところ10年以上前から行われているとのことで おそらくこちらだったのだろう(昔の写真バックアップディスクを観れば...... more
Tracked from 京都写真(Kyoto P.. at 2013-10-14 11:50
タイトル : 東林院(妙心寺塔頭)
日が暮れて 閉じられていた山門が開かれます。 現在、「梵燈のあかりに親しむ会」が行われています。 住職の手作りによる梵燈に火が灯されて 庭園を静かに灯します。 空にまだ青さが残る時間帯が一番美しく 縁側に座って眺めているだけでも癒されます。 毎年庭園には禅の教えを蝋燭の配置で描いており 今年は無の中に輝く月を表現した「月知天下秋」でした。 蝋燭の灯りが境内を優しく灯しており 目の前に広がる風景に純粋に癒されます。 お抹茶席からの...... more
Tracked from ありがとう 人生!~me.. at 2013-10-15 22:35
タイトル : 梵燈のあかりに親しむ会~東林院
梵燈のあかりに親しむ会 妙心寺の塔頭の東林院 手作りの瓦製の梵燈やろうそくが灯されます 通常は非公開ですけど、毎年「梵燈のあかりに親しむ会」や 沙羅双樹の寺として知られ 6月の「沙羅の花を愛でる会」などは特別拝観があります 続いて蓬莱の庭のほうへ移動して ...... more
Tracked from ぶらりねっと at 2013-10-31 08:57
タイトル : 梵燈のあかりに親しむ会
沙羅双樹のお寺、妙心寺は、「東林院」へ行ってきました。 日が落ちるのが早くなってきた10月上旬のできごとです。 (2013/10/09 撮影) 広い妙心寺の中でも奥のほうに建っている東林院。 さっそく廊下を歩いて行くと、早くも雰囲気のある空間づくりが。 部屋に入るとさらに雰囲気のよい演出。 さあ、いきなりメインディッシュへ。 「月知天下秋(つきはてんかのあきをしる)」 無心でありながら光り輝く月の様子を、人間の理想としてたとえた漢文だそう...... more
Commented by violet-flow08e at 2013-10-14 01:30
こんばんわです。
東林院さん、先日、行ってきました。
梵燈のあかり綺麗でしたね〜。
暗くてなかなかうまく撮れなかったんですが
綺麗かつ、撮られどころも沢山、さすがお見事ですね。
来年は沙羅の花を愛でる会も行ってみたいと思いました。
TBさせて頂きます(^^)
Commented by foto_k at 2013-10-14 08:05
Katsuさん、おはようございます。

東林院さんの門、良い雰囲気ー。
芋ようかんいただきながら、ゆぅ~っくり眺めていたい灯り風情です^^
今のカメラは実用高感度の画像がとても綺麗ですし、ずっと前ではあり得なかった撮影も十分楽しめるようになりましたもんね^^
ちょっと前のことですが、こういった静かな場所ではカメラ特有のレリーズ音(シャッター音)が気になり、撮影することに躊躇をしてしまうと相談を受けました。
すかさずミラーレス機の電子シャッター機能や、高性能コンパクトデジタル機の買い増しをお薦めするのが職業がら(笑
EOS-Mなんて如何でしょ?  なんてね(^^)

Commented by arak_okano at 2013-10-14 08:35
KWCさんの、灯りのマジックにバグースです。暈しも露出も素晴らしいですね、アラックは酔っ払っている時間です。
Commented by kirafune at 2013-10-14 11:19
東林院さんの宿坊にとまったことがあるのですが、
そのときは昼間のお庭を拝見したので、
夜の灯りに照らされた世界は
また別の空間のように感じられました。
灯りの色がやさしくて、癒されますね。
Commented by youpv at 2013-10-14 11:54
こんにちは~。
昨日はお疲れ様でした。
昔は大変だった撮影も6Dのおかげで
撮影しやすくなりましたね。
優しい灯りに純粋に癒されますね(^^)
Commented by prado9991 at 2013-10-14 16:28
こんにちは
暮れてから行かはったんですね。
ほんとにロウソクのみの灯りなので撮影しにくいですが、6Dなら大丈夫ですよね。
この催しは本当に趣があり良いですね。
Commented by rollingwest at 2013-10-14 17:34
奈良の万灯会や猿沢池の夜景など、夜のページェントは本当に癒されますね。
Commented by kwc_photo at 2013-10-14 21:36
>violetさん
お、行ってこられましたか~。
梵燈の明かり、あのゆらめきがたまりませんね。
ろうそくの炎のゆらぎが、なんともいやし効果があると
思います。
沙羅の花を愛でる会も味わいがありますよ。
和尚様のお話が楽しいですから、1時間こってり楽しむ
つもりで是非!
Commented by kwc_photo at 2013-10-14 21:36
>Kさん
EOS6D、高感度もよくて、中央のみですがかなり暗いシーン
でもAFが効きますのでこういう撮影が楽になりましたね。
そして・・・静音シャッター、これ、なかなかいいですよ。
舞妓さん撮影も、これだと静かです~。
ミラーレスは・・・今のところ興味がないで~す(^-^)。
645Dのミラーレス版が出る噂がありましたね。あれだけ
興味ありです。
Commented by kwc_photo at 2013-10-14 21:36
>アラックさん
演出がすてきなんですよね~。ここは。やっぱりライトアップ
が主流になったなかで、これはライトアップ、ではないんです。
ろうそくのほんのりとした明かりを楽しむ、という会で、
これが本当に味わい深いんですよね~。
幻想的な光景に癒やされるんですよね。
Commented by kwc_photo at 2013-10-14 21:37
>kirafuneさん
おお、東林院さんに泊まられましたか。
あそこは宿坊ですものね~。いい経験ですね。
虫の音が響くなかで眠りにつくのは気持ちいいだろうな~。
ろうそくの明かりのみで彩られたお庭はとても幻想的で、
「闇」を体感できるのも楽しいですね。
Commented by kwc_photo at 2013-10-14 21:37
>youpvさん
昨日はおつかれさまでした~!
カメラが格段に進歩していく中、一番恩恵を受けるのが
夜景撮影ですね。
6D、夜景にいいでしょう?私も40Dからの乗り換えでびっくりでした。
ノイズも乗りにくいし、なんせAFが効きますからね~。
楽ちんになった夜景撮影、これからも楽しみになりそうです。
Commented by kwc_photo at 2013-10-14 21:37
>pradoさん
そうなんです。どうしても繁忙期なので、仕事終わりで
しかいけなくて。
でも、なんとか今年も訪れることができてよかったです。
ロウソクの明かりでも中央ならAF効くのはありがたいですね。
格段にこの催しの撮影が楽になりましたよ(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2013-10-14 21:37
>rollingwestさん
奈良の万燈会、一度行ってみたいのですが、まだ機会に
恵まれません。近くて遠い奈良。
仕事帰りにでも行ってみようかなぁ(^-^)。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< コスモス咲く丘(嵐山高雄パーク... 直指庵・秋の花々 >>