高瀬川 舟まつり(先斗町 久鈴さん、市照さん)
          
f0155048_23505456.jpg
9月23日 高瀬川の一之船入で舟まつりが開催されました。






f0155048_23511010.jpg
新造・高瀬舟は河川改修工事で昨年撤去されていた一之船入の高瀬舟を、当時の絵図をもとに復元新調したもの。
今回、お披露目として、高瀬舟の引き手の住まいがあった伏見・木挽町の青年団が、高瀬舟の曳き声「ホーイホイ」を、綱を引く素振りを添えて演じてくれました。


f0155048_2354690.jpg
そして、先斗町の舞妓さんである久鈴さんと市照さんにより、野点が行われました。


f0155048_23545719.jpg
舞妓さんに目の前でお茶を立ててもらえるというのは、貴重ですね。


f0155048_2355050.jpg
これから立てていただくのは、私のお茶。
実は、先着2名様のみ、舞妓さんの立てたお茶をいただけました(^-^)。


f0155048_23551115.jpg
市照さんはお運び。


f0155048_23554042.jpg
舞妓さんの立てたお茶を舞妓さんに運んでいただき、贅沢な気分でお茶を楽しめました。


f0155048_23554672.jpg
お茶席のあとは、お二人が新造した高瀬舟の上に乗って、撮影タイムをとってくれました。


f0155048_2356092.jpg
この船、以前に置かれていた二代目よりも2m長い、立派なもの。
舞妓さんが二人立っても、余裕ですね。


f0155048_23561836.jpg
ニッコリ。
さすが、ポーズが様になりますね~。


f0155048_23563090.jpg
あちらこちらから、「こっち向いて~」「こっちも~」と声が飛び、思わず笑みがこぼれます。


f0155048_23571392.jpg
桔梗のかんざし、涼やかですね~。


f0155048_23573644.jpg
下手の橋の上から。
後ろ姿もいいもんです。こっち向いてくれないかな~。


f0155048_23573945.jpg
お!気がついてくれました。

f0155048_0254383.jpg
ちゃんとこちらを向いてポーズを決めてくれましたよ。


f0155048_23581091.jpg



f0155048_23583554.jpg
さぁ、撮影タイム終了。
10cmのおこぼでこの橋を渡るのはちょっとドキドキでしょうね(笑)


f0155048_2358422.jpg
ラストに目線を頂いたショットをば。

高瀬川・一之船入の新造高瀬舟。
これから観光スポットとして、また活躍してくれることでしょうね。
ピッカピカの木の色もいいですが、ちょっと風雨にさらされて、いい感じになった頃、桜とともに撮影したいなぁ。
by kwc_photo | 2013-09-25 23:22 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/20453672
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by prado9991 at 2013-09-25 23:31
こんばんは
私とKastuさんだけお点前いただいて本当に良かったですね。
船も新しくなりより一層華やかさが増したようでしたね。
船の上のSHOTも待った甲斐がありましたね、先斗町は馴染みが無かったのでお名前を知ることができませんでした。
記事、拝借させていただきます。
Commented by ei at 2013-09-26 05:00 x
新造船は前よりも少し大きくなったとか?
益々川下りはできなくなった(笑)
忘れていました。昨年も行った時は舞妓さんは帰った後(笑)
その代りとし夏菜さんとばったり。ちゃっかり舟の上で撮影を!
Commented by arak_okano at 2013-09-26 06:45
京都に観光地名所かひとり加わりましたね、秋に行こう。舞妓さんを振り向かせてしまう、KWCさんのロックオンにバグース!
Commented by foto_k at 2013-09-26 08:03
Katsuさん、おはようございます。

舞妓さん撮影、どっぷりですね!
青年団の皆さんも良い笑顔♪
さすがいろんな行事に行動パターンを熟知したはります^^
小学生の頃、仲間3人で探検(?)しにここまでやって来ました。
探検言うても長岡京からですから、阪急電車ですぐなんですけどね(笑
先日も自転車で通りかかりましたが、付近がずいぶん綺麗になっててビックリ(^^)

Commented by 阿修羅王 at 2013-09-26 22:37 x
こんばんは。
こうして拝見していると、やっぱり大原ではなくてこっちに行った方がよかったかなと、
かなり後悔です。
パンフを見ながら考え直したらよかった・・・

来年は春の桜と、秋はこれにしましょうか。
ちらほらと盛りの過ぎた彼岸花もありましたからね。
Commented by kwc_photo at 2013-09-26 23:59
>pradoさん
いやぁ、ラッキーでしたよね。二人だけなんだぁと
嬉しくなりましたね(^-^)。
市照さんという、上七軒の子と同じ名前というのが
印象に残っていたので調べてみたら、久鈴さんはすぐに
出てきましたよ。私も先斗町の舞妓さんのお名前を
ちゃんと知ったのは初めてです。
TBさせていただきますね。
Commented by kwc_photo at 2013-09-26 23:59
>eiさん
高瀬川の水位はいずれにしても低すぎるので
川下りはできませんね(笑)
pradoさんとも言っていたのですが、石橋が
あちこちに設置されているので、どんな船でも
こりゃ無理ですね~と(^-^)

昨年はとし夏菜さんと船上でとは!いいなぁ(^-^)
Commented by kwc_photo at 2013-09-26 23:59
>アラックさん
ここには一昨年までも高瀬舟がおいてあったのですが、
実は高瀬舟ではなく、保津川下りの船?をもらって
置いてあったのだそうです。今回はきっちり当時の
絵図などを見て、本来の高瀬舟を再現したものになり、
皆さん嬉しそうにされていましたよ(^-^)
Commented by kwc_photo at 2013-09-26 23:59
>Kさん
舞妓さんにご縁づいてて、この日もpradoさんから
情報をいただいてご一緒してきました(^-^)
一之船入あたりは随分歩道や石垣なども整備されて
えらく綺麗になりましたよね。
ホテルフジタの跡のホテルが出来上がったら、
豪華な地帯になるのではないかと思います。
Commented by kwc_photo at 2013-09-26 23:59
>阿修羅王さん
あの日、大原へ行かれたとpradoさんから聞きました。
意外とそれほど人混みもなく、良かったですよ。
お茶席のところでは、やはりマナーの悪いカメラマン
がいて、ちょっと・・・でしたが、一番乗りでお茶席
の券を買ったおかげで、一番まえでお点前を見て、
しかも2名のみの舞妓さんのお茶をいただけました(^-^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 三千院・聚碧園にて・秋海棠 見渡す限りの蕎麦畑(桜井・笠) >>