愛宕古道街道灯し(あたごふるみちかいどうとぼし)
          
f0155048_2212546.jpg
あたご ふるみち かいどう とぼし。

奥嵯峨野の石畳を優しい光が灯します。




f0155048_22124535.jpg
提灯の明かりが美しく灯り・・・


f0155048_22145841.jpg
道々に置かれた灯籠にろうそくの火が灯りました。


f0155048_2215746.jpg
いろいろなメッセージが書き込まれています。


f0155048_2215856.jpg
こちらは玄人はだしな鯰の絵。


f0155048_22152971.jpg
ロウソクのゆらぎが心地よい。


f0155048_22162976.jpg
闇に浮かぶ灯籠。幻想的です。


f0155048_22164187.jpg
町家も照らしだされます。


f0155048_2216505.jpg
こちらは賑やか。
動物園なイメージかな?


f0155048_22165176.jpg
造形美。


f0155048_221765.jpg
風神と雷神。今年のメインでした。


f0155048_22192621.jpg
こちらは達磨さんかな。


f0155048_22195779.jpg
一の鳥居へ向かう道。
灯籠の誘う道。


f0155048_2220073.jpg
鳥居の周りもいい雰囲気。


f0155048_22204083.jpg
そして平野屋さんへ。


f0155048_22301886.jpg
夜は更けていきます。
美しい灯火に彩られた、愛宕街道でした。
by kwc_photo | 2013-08-29 23:16 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/20283404
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 京都写真(Kyoto P.. at 2013-08-30 09:59
タイトル : 愛宕古道街道灯し
灯籠が灯されて 仏野念仏寺の千灯供養に合わせて8月23~25日の3日間、 周辺の通りが美しい灯籠によって浮かび上がります。 空に青さが残る時間帯に訪れたかったのがこの場所。 茅葺屋根の「平野屋」さん。鮎料理を頂く事が出来ます。 非常にいい雰囲気が広がっていて美しい風景でした。 手作りの灯籠が 静かに街道を灯す風景が優しく感じました。 初日となった23日は千灯供養の途中から雨が降り出して 大雨の中での撮影となりました。実際にはかなり降っています。...... more
Commented by violet-flow08e at 2013-08-29 23:46
こんばんわです。
うわ〜、何度(他のブロガーさん写真含)観てもいい雰囲気ですね。
行ってみたいですがなかなか行けません。夜の撮影難しいですし・・
平野屋さん、昔へタイムスリップして観てるようですね。
観れてよかったです。
Commented by pengini at 2013-08-30 06:56
素敵なイベントですね。
私もいつかじっくり撮りに行きたいです。
町家や、平野屋と灯りのコラボレーションが美しいですね。
Commented by arak_okano at 2013-08-30 07:40
なんとも良い雰囲気の写真ですね、心が和みます、バグースです。漢字の読み方も分からないアラックですが、振り仮名を有難うございます。
Commented by aya at 2013-08-30 08:36 x
それぞれ趣向を凝らした灯篭が綺麗ですね。
温かみのある人柄が伝わってくる画像に
心が和みました。 ありがとうございました。
Commented by kwc_photo at 2013-08-30 17:44
>violetさん
土曜日に一番のりを目指して行ってきましたが、
入り口で並んでいたらいつものメンツが揃いました(笑)
夜の撮影も、以前に比べると楽になりましたよ~。
カメラが高性能になりすぎましたね(^-^)。iso6400とか
以前は考えられませんしね。
平野屋さんのあたりの雰囲気も素敵でした。
夜に歩くと、お昼とは違う散歩の味わいがありますね。
Commented by kwc_photo at 2013-08-30 17:44
>penginiさん
千灯供養と合わせてのイベントで、楽しみにしている
灯籠たち。今年のメインは風神・雷神でした(^-^)。
平野屋さんも、もう少し明るいうちに撮りたかった
のですが、こういう闇の雰囲気に浮かび上がる光景も
また良し、ですね(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2013-08-30 17:44
>アラックさん
このイベントのタイトルは本当に読みにくいんです。
化野念仏寺の近くにある愛宕念仏寺は「あたご」
じゃなくて「おたぎ」と読むのですが、このイベント
では「あたご」が採用されていますしね(^-^)。
でも、古道街道灯し、という名前の通り、この細道を
灯籠が照らす雰囲気はとても素敵なんですよね。
Commented by kwc_photo at 2013-08-30 17:44
>ayaさん
手作り感のある灯籠は、どことなく暖かで、味が
ありますよね。
毎年趣向が違うので、それもまた楽しみではあります。
町の方の間では、灯籠づくりもまた楽しみになって
いらっしゃるのでしょうね(^-^)。
Commented by みりおじ at 2013-08-31 17:13 x
prado さんとは違った切り口で印象的ですね。ほんと、お二人とも、行動力、抜群です。私なぞ、長時間、列車に揺られてますが、歩く距離は少ない(;^_^A

しかし、こちらの読みは『あたご』で念仏寺は『おたぎ』、京都は奥が深いですね~。
Commented by kwc_photo at 2013-08-31 22:17
>みりおじさん
同じ日、同時刻で撮っていても、やっぱり少しずつ違うのがまた面白い
ですね。pradoさんとは約束してなくても行動範囲が重複することが
多いです。行き先でバッタリ、は何度あったことか(笑)
愛宕街道の灯火、味があって結構好きなんですよね~。
読み方は難しいけれど、あったかいイベントです(^-^)。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 佐志郎 ゆかた会(上七軒編) 花脊・ルドベキア咲く >>