山鉾巡行2013(祇園祭)その8.南観音山~大船鉾
          
f0155048_2059436.jpg
さぁ、ついにラストアップ。
四条河原町交差点での山鉾巡行、大団円です。






f0155048_20594678.jpg
まずは南観音山。
松の真木が空に突き抜けます。
下から2~3番目の枝に鳥がとまっているんですが、わかりますか?
尾長鶏です。が、尾が短くなってしまっているので、鳩みたいなんですけどね(^-^)。

f0155048_20594974.jpg
ヨーイトセイ!!
辻回しにも力が入ります。
曳山とはいうものの、鉾と変わらない大きさですものね。


f0155048_20595381.jpg
こちらにももちろん観音様が。
楊柳観音像です。
こちらの観音様は、宵山の深夜、「あばれ観音」として担ぎ出されるんですよ。


f0155048_2101677.jpg
他の山鉾の車方や音頭取りは腰紐に粽を差しているんですが、南観音山は榊をさしておられますね。


f0155048_2102069.jpg
この山も、右後ろに柳を垂らしながら進みます。


f0155048_2122014.jpg
鈴鹿山がやってきました。
担ぎ手の洋装っぽいのが特徴ですね。
鈴鹿山で悪鬼を退治した瀬織津姫尊がご神体人形です。


f0155048_2122755.jpg
お次は八幡山。
見事な金のお社が特徴。石清水八幡宮が祇園祭に担ぎ出されるのは、それだけ八幡信仰が盛んだった証でしょうね。
鳥居の上で向かい合う一対の鳩は、左甚五郎作の重要文化財を模して昨年新調されました。
左甚五郎の鳩は、八幡山の会所へ行けば見せていただけますよ~。


f0155048_213913.jpg
鯉山がやって来ました。
この大きな鯉も、左甚五郎作。
そして、やはり目を引くのがこの懸装品ですね。


f0155048_2131471.jpg
伊達政宗の命を受けた支倉常長がローマ教皇パウロ五世から拝領し、持ち帰ったタペストリーと言われています。


f0155048_2131695.jpg
ホメロスの叙事詩「イーリアス」を題材にした、トロイア戦争の一コマ。見送りは「アポロン像を礼拝するプリアモス王と王妃ヘカベー」です。
川島織物が復元新調したものですが、宵山では重要文化財の本物が町会所に飾られます。


f0155048_2131837.jpg
辻回しではなんと3回転。
この懸装品をよく見てね!という意味でしょう。
観衆がドッと盛り上がった瞬間でした(^-^)。


f0155048_2132159.jpg
大トリを行くのは唐櫃巡行の大船鉾。


f0155048_2133625.jpg
来年の巡行復帰に向けて昨年から唐櫃巡行という形で参加となりました。
来年の大船鉾の勇姿が楽しみですね!

これにて、本年度の祇園祭・山鉾巡行(四条河原町交差点編)は掲載完了です。
8回に渡りご覧頂きありがとうございました。


・・・って、実はまだ新町通での戻り鉾のシーンのアップが続きます(^-^)。
巡行をお楽しみの様子の舞妓さんもこちらで。
もうしばらくお付き合いをお願いいたします。

f0155048_2134498.jpg
おまけ。

巡行終了直後の四条通。
車がいない、歩行者天国でもない四条通のシーンはある意味貴重ですね。
おや、誰かさんの背中が写り込んでいます(笑)
by kwc_photo | 2013-08-03 21:34 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/20110270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Ks at 2013-08-03 21:52 x
あっほんとだ、きた〇まさまだw

詳細な解説共々楽しませていただきました♪
この先は私には未知の世界ですので引き続き楽しみにしております

終始、お隣でレンズ交換を拝見してましたが。笑
特に終盤は頻繁に(青空が出てきた位です)


その落ち着いた身のこなしはデューク東郷w
来年は6X7で1枚どうですか?
Commented by arak_okano at 2013-08-03 21:55
KWCさん、こんばんは、アラックです。
水色揃いの皆さんの行進から、西洋の柄の鉾まで
あるのですね、凄いですね。
やっぱり私は行けないや&撮れないや。
道路に空間が、これこそ、ある意味バグースな瞬間ですね、
凄い。
Commented by 阿修羅王 at 2013-08-03 22:39 x
こんばんは。
長期にわたり、お疲れさまでした。
おかげさまでしっかり予習ができました。
来年もドタキャンがありますよう、今から祈っておきます。

後ろ姿、やっぱり彼ですね。この脚線美は。
Commented by deepseasons at 2013-08-04 00:21
こんばんは~
現場にいた人間なら理解できるのですが、このタイミングからやたら
交差点が広く感じましたね(笑) 私も広角にレンズ交換したかったの
ですが、足元がまったく見えない状態で諦めましたよ。 katsuさんの
場所なら段になった場所を上手く使えたのでしょうね。
Commented by 通りすがりの暇人 at 2013-08-04 02:26 x
大船鉾なんですが、唐櫃の写真がありませんね。
写っているのは囃子方の日和神楽に使われているもので、唐櫃ではありません。誤解をされる方がいるので修正をした方がいいと思います。
唐櫃は囃子方の前に巡行されています。二人で担がれているものです。
Commented by アッキーマッキー at 2013-08-04 08:37 x
おはようございます♪
これで夏の祭も終わりで、もうお盆ですね。
なるほど、図柄は東洋のものに限らず、ギリシャ神話を題材にしたものもあるんですね。
昨日は時間がなかったので、都内の等々力渓谷に出かけました。
アッキーマッキー
Commented by kwc_photo at 2013-08-04 09:21
>Ksさん
交差点でお別れしたあと、四条通を西に向かう途中の
ワンシーンです。やっぱりすぐわかりますよね、後ろ姿(^-^)。

途中からレンズ交換が増えたのは、CF機のカード容量が
いっぱいになり、CFの予備がなかったのが原因です(^^ゞ
SDの予備はあったのですがねぇ。
デューク東郷って・・・私ら世代で限界(笑)
せめて冴羽獠くらいで(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2013-08-04 09:21
>アラックさん
ありがとうございます~。
祇園祭の行列の楽しみは、おそろいの浴衣等の
衣装もその一つですね。そして、山鉾の懸装品は
舶来、しかも由緒あるタペストリーが分断されて
いくつかの山鉾に伝わっているというのも、ロマン
であり、ミステリーでもありますね。
Commented by kwc_photo at 2013-08-04 09:21
>阿修羅王さん
つい先日もみた後ろ姿ですからね(笑)
真夜中でもなく、これだけ空いた四条通はやっぱり
珍しくて撮っちゃいました(^-^)。
来年は撮れるといいですね。
あと2回ほど、アップがありますのでもう少しお付き合い
ください(^o^)
Commented by kwc_photo at 2013-08-04 09:21
>deepseasonsさん
報道陣が去ったあとの交差点は広かったですね~(笑)
私はその段になったところに望遠をおいてのレンズ交換
ができましたので、なんとかなりました。
(2台カメラを持って行きましたが、一台はCFカードだった
ために、容量一杯まで撮ってしまってからは無用の長物
と化しました(^_^;))
Commented by kwc_photo at 2013-08-04 09:22
>暇人さん
大船鉾、唐櫃は担ぎ手が1枚目にちらりと写って
います。唐櫃のアップは撮らなかったのと、お囃子の
行列と離れて歩いておられたので、行列としてたくさん
の人が写っている一枚を選びました。
唐櫃についてのご指摘は頂いたコメントで補足いただけ
たと思いますので、このままにさせて頂きますね。
Commented by kwc_photo at 2013-08-04 09:22
>アッキーマッキーさん
そうですね~。お盆が近づいて来ました。
祇園祭は、実はキリスト教とも関連があるのでは
ないか、という説を唱える人もたくさんいます。
例えば、南観音山の観音様(女性)は、実はマリア
様だ、とか。祇園祭とシオン祭り(イスラエル)が
響きも内容もよく似ているとか。

等々力渓谷、都内の緑豊かなポイントですね。
写真楽しみにしています。
Commented by Ks at 2013-08-04 09:48 x
そーいえば、カード容量がぁ..て
ブツブツw言ってた気が。笑

40Dでも撮ってたのですね

う~ん..
デューク東郷=すごい人
冴羽獠=えろい人
( ´艸`)


唐櫃、なるほどね♪
追加しとこ
Commented by kwc_photo at 2013-08-04 11:05
>Ksさん
そう、そのカード容量がぁっ・・・が、ちょうど後祭り行列が始まった頃に
発覚し、途中からバタバタとレンズ交換が発生したのでした(笑)
やっぱり同じカードの機種を2台持って行くべきですね(^^ゞ。

そして、私の場合、やっぱりどっちかって言うと冴羽獠ですw
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 唐招提寺・蓮 桔梗咲く廬山寺 >>