山鉾巡行2013(祇園祭)その3.油天神山~霰天神山
          
f0155048_18554274.jpg
山鉾巡行、パート3です。
月鉾を中心に、油天神山~霰天神山までの巡行の様子をお届けします。




f0155048_1919723.jpg
やってきたのは油天神山。



f0155048_1856324.jpg
天神さま(菅原道真公)を祀っているから、梅が添えられています。油、とついているのは油小路通に鉾町があることに由来します。


f0155048_19105011.jpg
伯牙山がきました。
琴の名手、伯牙が、友人の訃報を聞き、哀しくも怒気を孕んだ表情で、目の前の琴を叩き割ろうとしている様子を表しています。
このことから、明治以前は、「琴破山」と呼ばれていたそうです。


f0155048_19164033.jpg
占出山が登場。
釣竿を持った神功皇后のご神体人形が乗っています。


f0155048_19111153.jpg
鮎を釣って、戦勝を占った故事にちなみます。


f0155048_19111471.jpg
懸装品には三十六歌仙と、日本三景松島、宮島、天橋立が描かれています。



f0155048_1911223.jpg
月鉾が登場!
祇園祭の鉾の中でも、もっともノッポなこの鉾。
鉾頭はもちろんお月様です。


f0155048_1914404.jpg
すでに辻回し用の青竹を敷いてスタンバイ。
カブラと呼ばれる材木を車輪にかませ、角度を微調整しながら進みます。


f0155048_19145896.jpg
さぁ、うまく青竹に乗りました。
やっぱり高いなぁ~!月鉾は。


f0155048_1915471.jpg
この鉾に乗る稚児人形は「於菟麿」さん。
稚児人形の中でもイケメンだということで知られます(^-^)。


f0155048_19165795.jpg
さぁ、辻回し!
綱を引く引き手さんに力が入ります。


f0155048_19171325.jpg
ヨーイトセイ!


f0155048_192108.jpg
ヨーシ!とストップの声がかかりました。
月鉾も見事3回で辻回し成功です。



f0155048_1918194.jpg
鉦から下がるカラフルな組紐を弾ませながら、戻り囃しにかわった音色を奏でて月鉾が行きます。
昨年復元新調されたメダリオン緞通も見事ですね。


f0155048_20185492.jpg
月鉾の見送りは、染色家の皆川月華作「黎明図」です。
動く美術館を堪能ですね。

f0155048_19292524.jpg
さて、次の山は、孟宗山。


f0155048_19351530.jpg
病気の母のため、冬に筍を探し求める中国24孝の孟宗の姿を表しています。


f0155048_19293265.jpg
この山の特徴は、なんとも異国情緒を感じる、平山郁夫作「砂漠らくだ行」の胴懸。
こちらは月。逆側は太陽のもとで砂漠をゆくラクダが描かれています。


f0155048_19344645.jpg
次は四条傘鉾。
棒振り踊りをする子たちが、八坂神社に向かって一礼。


f0155048_19353324.jpg
棒振り踊りは、この交差点では披露してくれないんですよね~。
祇園唐草模様の四条傘鉾が行く様子はとても素朴ですが、味がありますね。


f0155048_19355425.jpg
霰天神山。
こちらも天神さんをお祭りしていますので、梅が飾られています。
鳥居の向こうに見える社殿は、檜皮葺の立派なもの。
f0155048_19362296.jpg
京都で火事があった際に、霰が降って鎮火し、天神像が降りてきた、という逸話に基づく山です。
京都は何度も大火に見舞われていますが、この山だけは一度も焼失していないんですよね。
雷除け、火除けに霊験あらたか、というお守りを、町の子供達が売ってくれる歌声はとてもかわいいんですよ。

この前懸はイーリアスの物語が描かれたベルギー製タペストリー。

f0155048_19362873.jpg
胴懸は上村松篁、上村淳之が下絵を書いたものです。

私は、上村松園さんの美人画が好きなのですがね(^-^)。
松篁、淳之親子は鳥の絵が代表作です。

さて、次回は、菊水鉾~の巡行の様子をお届けします。
by kwc_photo | 2013-07-23 00:02 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/20053722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pengini at 2013-07-23 05:10
おはようございます。
今年は、雨が多くシートが掛かっていたので
懸装品に注目して拝見しています。
Commented by 阿修羅王 at 2013-07-23 05:52 x
おはようございます。
動く美術館、ほんまにため息が出ますね。
平山郁夫の画が大好きです。
Commented by youpv at 2013-07-23 06:05
おはようございます~。
やはり見事でしたね。
動く美術館というのはぴったりの言葉ですね。
結果的に見やすい天気でもあったと思います(^^)
Commented by kirafune at 2013-07-23 06:50
おはようございます!
動く美術館をたっぷりと堪能させていただきました。
本当に美しいものですね。
巡行行った気分です。
ありがとうございました^^
Commented by arak_okano at 2013-07-23 06:55
KWCさん、おはようございます、アラックです。山鉾の謂れをいっぱい有難うございます、バグース。私が行っても撮って終わってしまいます。夏の京都のお薦に感謝します。実はブロ友の方が、今週末に行かれるのですが、近くで一ヶ所くらいと希望なんどす。東寺さん良いですね。あ、日曜日ならDYが走る!
Commented by violet-flow08e at 2013-07-23 19:42
こんばんわです。
月鉾はやっぱり人気なんですね〜。今年のちまきは月鉾をと思ってましたが売り切れで買えませんでした。
「動く美術館」いいですね!部屋で涼みながら鑑賞させていただきました。
Commented by kwc_photo at 2013-07-23 20:59
>penginiさん
今年は宵山までの間が「夕立三日」にかかってて、
いずれもビニール掛けになっていましたね。
巡行の日は晴れてくれたので、すっきり見える状態で
写真を撮るにもいい条件でした。
引き続きアップしますのでお楽しみくださいね~。
Commented by kwc_photo at 2013-07-23 20:59
>阿修羅王さん
平山郁夫画伯、左右の胴懸に見事なラクダです。
なんとも異国情緒漂いますよね。
祇園祭の懸装品の中でも、独特の味わいがありますね。
上に乗っているのが冬に筍を探す姿なのに、
足元は夏!ですから、これまた不思議な組み合わせです(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2013-07-23 20:59
>youpvさん
本当に動く美術館、というのがしっくりくる山鉾たち。
それぞれに特徴があるから、見ていても飽きませんね。
光も強すぎず、懸装品をじっくり鑑賞できました。
来年の大船鉾も楽しみですね。
Commented by kwc_photo at 2013-07-23 20:59
>kirafuneさん
緞通や西陣織、染色物にペルシャ絨毯・・・
おらが町の宝物が、鉾に満載されて、京都の中央を
練り歩く・・・これぞ祇園祭の真骨頂ですね。
まだまだ続いてしまいます。いつ終わるんだろう(笑)
Commented by kwc_photo at 2013-07-23 20:59
>アラックさん
山鉾はそれぞれに由来があって、それを知れば一層
巡行が楽しくなりますね。
京都に来られるのはお友達でしたか。今週末なら
まだ蓮が十分楽しめますね。法金剛院も綺麗でしたよ。
東寺だったらDYと絡められるのですね~。
でも、蓮は朝のうちが良いですよ。花が閉じちゃいますからね。
Commented by kwc_photo at 2013-07-23 20:59
>violetさん
月鉾は何となく雰囲気が雅ですよね。
お囃子も良い感じです。そして、なんといっても
トレードマーク!
Tシャツもこのハッピを見ると買いたくなりますよね。

動く美術館、まだまだ続きます~(^-^)。
Commented by prado9991 at 2013-07-23 23:07
こんばんは
月鉾は貫禄がありますよね、最重量なので辻回しも大変でしょうね。
占出山の神功皇后は少し怖い感じがしますね。
あの可愛いろうそく売りの歌声に反して・・・
Commented by kwc_photo at 2013-07-23 23:53
>pradoさん
月鉾、さすが山鉾のなかでは「大関」級ですよね。
おそらく、長刀鉾についでファンの多い鉾じゃないかな、とおもいます。
粽もすぐ売り切れますもんね。
神功皇后は、占出山、船鉾、そして大船鉾と、3つの山鉾のご神体と
なっていますね。
日本の神話の中でも、強烈な個性を放つ神功皇后。
このお顔立ちのおどろおどろしさも、女性本来の強さを表しているのかもしれませんね。
ちなみに、この神功皇后、征韓の際に応神天皇を妊娠中だったとされ、
山鉾巡行の際に、このご神体人形には岩田帯がたくさん巻かれていて、
巡行後には妊婦さんに配られるそうです。(船鉾、占出山とも)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 桔梗の頃(東福寺塔頭・光明院) 愛の形を探して(三室戸寺・後編) >>