山鉾巡行2013(祇園祭)その2.山伏山~鶏鉾編
          
f0155048_16212365.jpg
山鉾巡行、鉾一番は鶏鉾でした。
山伏山から鶏鉾までの行列をお届けします。





f0155048_1622770.jpg
山伏山がやってきました。


f0155048_16222938.jpg
その名の通り、山伏が乗っています。懸装品は中国由来。龍と麒麟が描かれた刺繍が渋い!


f0155048_1623521.jpg
おお、この布陣は!
綾傘鉾の棒振り囃子が始まります。


f0155048_16242361.jpg
彼が主役。


f0155048_1625445.jpg
最初は、棒を持って軽快に踊ります。


f0155048_1625235.jpg
そして、両手に持って棒を回し始め・・・次第に高速回転に。
片手でビュンビュンと棒を回し出すと、周囲から拍手が沸き起こりました。


f0155048_1626356.jpg
フィニッシュ!
見事な棒振り囃しでした。


f0155048_1626827.jpg
傘一番の綾傘鉾。
二基とも比較的新しい懸装品です。
天女さまが神々しいですね。


f0155048_16271186.jpg
お、人気者がやってきましたよ。
見物客も大注目!


f0155048_16272415.jpg
豪華な御車の上に乗るのはカマキリ。
唯一のカラクリ仕掛けです。


f0155048_16273244.jpg
勢揃いして、八坂神社に一礼。
壮観ですね。


f0155048_16283970.jpg
ほら、カマキリが動きましたよ。
「カマキリは拍手で元気に動きます~!」保存会の方が盛り上げます。


f0155048_16291566.jpg
実はこの御車の中に人が入っていて、このコミカルな動きを表現しておられます。
暑い中、おつかれさまです~。拍手!!


f0155048_16302230.jpg
さぁ、今年の鉾一番、鶏鉾がやって来ました。
揃いの赤い笠がトレードマークですね。


f0155048_1636476.jpg
音頭取りはスカイブルーの浴衣。


f0155048_1637354.jpg
囃子方の皆さんの浴衣の腰紐からは、カラフルな飾り帯が垂れ下がります。


f0155048_16371760.jpg
さぁ、辻回しのところまでやって来ました。


f0155048_16365538.jpg
車方さんたちが青竹を敷き・・・


f0155048_16383384.jpg
たっぷりと水をまきます。


f0155048_1631722.jpg
ヨーイトセイ!
鶏鉾は一気に45度回す作戦。青竹もカーブを描いて設置されており、見事回りました。


f0155048_16384156.jpg
45度回ったことで、稚児人形がよく見えるようになりました。
この子は名前がつけられていないそうですが、幕末頃の作だとか。


f0155048_1633451.jpg
二度目の辻回しで、ほぼ90度回りました。微調整であと一回!


f0155048_16385796.jpg
スムーズに回って、音頭取りさんも満足げ。さぁ、四条通を北進します。


f0155048_17444135.jpg
見送りが見えました。
「トロイの王子と妻子の別れ」を描いたタペストリー。現物は16世紀ごろの作成で重要文化財です。
鯉山の懸装品と、物語の連続性があることから、同時に購入されたものと思わます。
祇園祭の山鉾に、舶来物の懸装品が用いられているケースは多いですが、一つのミステリーですね。

次回は、油天神山~の巡行をお届けします。
by kwc_photo | 2013-07-21 11:09 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/20052836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rollingwest at 2013-07-21 11:13
コンチキチンの音が聞こえると京都もいよいよ本格的な夏ですね!日本人ユダヤ末裔説の記事を見るとすぐにアンテナをピピッと立てちゃいますが、祇園祭りもシオンの祭りとも云われまsyが、このタペストリーを見るとユダヤとの繋がりを感じます。
Commented by mituamikko109 at 2013-07-21 11:33
からくりかまきりは、御所車の中に入ってる人が操ってたんですね。
知りませんんでした(^^;)
全部の山をアップされるのかな~じっくり見たことなかったので楽しみです。
四条河原町での撮影は、辻回し以外にも、見ごたえがあるんですね。
いつか、場所とって、見てみたいけど、8時では、もういっぱいでしょうね(^^;)
Commented by 阿修羅王 at 2013-07-21 12:23 x
う~ん、見応えたっぷりですよ~(>_<)
鶏鉾の縦位置、これ素晴らしいです。

蟷螂山の指示をだすのは、案外難しいそうですね。
観客が喜ぶ歓声をきいたら、操作する方も暑さを忘れそうです。
Commented by miyakokoto at 2013-07-21 16:04
こんにちわ(^^♪
 中々行かれない祇園祭を魅せて頂き有難うございました。
近くで居ながら・・・(大阪ですが)矢張り暑い時の京都は大変です。
見事な作品を魅せて頂きました。
↓の紫陽花もお見事!! ここは坂が多いようで名前は知って居ますが
行けない所です。凄い紫陽花・・・見ごろに行くと素晴らしいですネ
感動しました!
Commented by arak_okano at 2013-07-21 21:02
KWCさん、巡行の中にもいっぱいのドラマが
あるんですね、これはアラックの駆け足京都では
全く無理だと痛感しました。
本当にいつも感動を有難うございます、バグース。
私が撮れるのは、庭のカマキリさんくらいです。
Commented by foto_k at 2013-07-21 22:28
Katsuさん、こんばんは。

絞られた深度深めでも判るドンピシャのピント、凄いですね!
色味からするとC社の画かな?
厳選の画並びに唸ります^^

5~8枚目、路面の水が多かったらもっと良かったでしょうね。
こればっかりは運でしょうけど^^;
その後ろのおまわりさん、目線は方々しっかり監視してはるのですね。
今年はマイク通すおまわりさんの言葉もちょっと洒落混じり楽しげでした。
和ませてくれた京都府警の皆さんにも感謝ですね(^^)

Commented by Ks at 2013-07-21 22:46 x
こんばんo(≧∇≦o)(o≧∇≦)oわ
UP早いなぁ..汗w
お隣に居たのにこの引き出しの多さ..
点描のセンスなんかは流石に写歴と比例しますね

pastelさん、お知り合いなのね?
(人´∀`)わお☆
Commented by prado9991 at 2013-07-21 23:15
こんばんは
綾傘鉾の棒振り囃子、一度間近で見たいんですよ~。
TVでは何度も見ているので生でこの迫力を感じたいです。
燈籠山はいつも人気のまとですね、からくりのカマキリ、中では人が操作しているんですよね、TVの特集でやっていましたよ。
トロイの王子と妻子の別れ、これは本当に美しい、晴れて本当に良かったですね。
Commented by kwc_photo at 2013-07-22 00:09
>rollingwestさん
シオンの祭りと祇園、との響きが似ているということで、
いろいろな説がありますよね。
きっと関連があるのだと思います。そういう意味では、
宗教というのも、意外と同じルーツのある行事や行為というものが
存在するのだろうな、という気がしていますよ。
いろいろなロマンを感じながら見るのも、祇園祭の楽しみ方の
ひとつですね(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2013-07-22 00:09
>mituamikkoさん
カマキリさんのからくり、もしかして電動?なんて声も
沿道からは聞こえていたのですが、その実は人力。
テレビで特集されていましたが、あの暑い日の行列で、
締め切られた空間の中でいろいろなからくりを操るのは
大変だろうなって思いました。
辻回しもすごい迫力ですが、棒振り囃しはまた特別ですよ。
8時入りだと、最後のあの9時前の横断歩道の歩行者天国
解禁の瞬間を狙うしかないですね。影がないのでめっちゃ
暑そうな場所ですが、うまく席が取れれば見晴らしは最高ですよ。
Commented by kwc_photo at 2013-07-22 00:09
>阿修羅王さん
ありがとうございます~。
鶏鉾、うまく青空が出てくれた時間帯でしたので、鉾頭まで
綺麗に見えて最高でした。
邪魔な報道陣も、うまく外せましたしね(^-^)。
蟷螂山、Bluetoothインカムをつけた保存会の方が、ビシバシ
指示を出しておられましたね。テレビで見ました。
中の人は大変そうですが、拍手で動きます~!というのが
よくわかりますよね。やりがいの有りそうな役割です。
Commented by kwc_photo at 2013-07-22 00:09
>miyakokotoさん
いつも、この巡行に撮影に出発するときは、「八時間耐久」と
思いながら準備しています(笑)
トイレのことを考えると、飲み食いも控えてますし、途中から
影がなくなるので、熱中症対策に凍らせたペットボトルとタオル。
肌のほてりを冷やすために、携帯用シーブリーズ・・・。
まぁ、巡行をバッチリ見られれば、疲れも吹っ飛ぶのですがね。
善峯寺の紫陽花は、ホント名所なんですよ~。
山奥のお寺ですが、年間に何度も通ってしまうお寺です(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2013-07-22 00:09
>アラックさん
巡行も、毎年見ていますがいろいろですね。
でも、この棒振り囃しは毎年踊りがキレキレでかっこいいです。
カマキリさんは、今年は望遠でとるぞ!と思ってましたので、
300ミリでバッチリすっぱ抜いておきました。
人気者なので、皆さんすごい拍手ですよ~。
Commented by kwc_photo at 2013-07-22 00:09
>Kさん
いぇ~す。C社です。
70-300のレンズが、結構ビシバシピントが来るので感動して
います。ペンタは50-135で、SDMで静かなのは良いのですが、
なかなかピントがジャストに来なくて。このあたり、AFは
C社に一日の長がありますよね。

棒振り囃しは、私も撮りながら思いました。もっと水撒いておいて
くれれば・・・なんて(笑)。まぁ、今年は綾傘鉾は順番が早かった
し、仕方がないですね。昨年は暑すぎて、水まいた瞬間から蒸発
してましたし(-。-;)

府警の方、北東角の担当は昨年と同じ方でした。
ユーモアありましたよね。ワールドカップ後の渋谷交差点の
方といい、市民へのアプローチが上手だと摩擦も少ないですよね。
Commented by kwc_photo at 2013-07-22 00:09
>KSさん
まだ最後まで現像作業が行かないんですよねぇ。いつになるやら。
とりあえず、現像できたものからアップしていっています。
ガッツリ撮った分、広角から望遠までいろいろネタがあるの
ですが、やっぱり選定作業がなかなかボリュームありますね。
pastelさんはbi-cameraさんですね?
そういえばリンクさせてもらってなかったので、今から作業しときます(笑)
Commented by kwc_photo at 2013-07-22 00:09
>pradoさん
棒振り囃し、あの棒を回す速さはなかなか見応えあります。
観衆がひときわ盛り上がる一瞬でもありますね。
蟷螂山、テレビ、私も見ましたよ。あれで人があの中で
操作していることを知りました。びっくりでした(^-^)。
見送りの中でも目立つ「トロイの王子と妻子の別れ」は、
とてもビビッドで、印象的でした。
Commented by violet-flow08e at 2013-07-22 00:41
こんばんわです。
なんとカマキリは人が動かしていたんですか!!すごいですね〜。
タペストリー、日本の祭なのにって思う画があるんですよね。不思議に思いますし深そうですね。
以前タペストリーだけ注目して撮ってみようと思ったことありましたがすぐ諦めました(^^)
Commented by kwc_photo at 2013-07-22 12:21
>violetさん
カマキリ、人力とは恐れ入りましたよ。
からくりの仕掛けが、全部御車の中にあって、外を歩く保存会の人
から無線で指示が飛んでいるようです。この間テレビでやってました。

タペストリーは、いろいろな説がありますよね。
舶来物は貴重品だったに違いありませんから、それを各鉾では宝物
として懸装品に仕立てたのだと思います。
そういう意味では、今、巡行で使われる懸装品も、本当に宝物。

全部が西陣織とか、そういうお祭りじゃないところがいいんですよね。
町衆の誇り、鉾町の宝物が街を巡っているのだと考えると、ワクワクします。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 愛の形を探して(三室戸寺・後編) 紫陽花咲き乱れる善峯寺・後編 >>