宵山ぶらり(祇園祭・お昼編) sanpo
          
f0155048_23285829.jpg
晴天の下の山鉾巡りも良いものです。
まずは先日、鉾建中だった放下鉾から。






f0155048_23292921.jpg
大好きな船鉾へ向かいました。
「舩」のマークの提灯がかっこいい。


f0155048_23293293.jpg
そして、伝説の鳥、鷁(げき)が船首に誇らしげについています。
中国ではこの鳥が水難よけとされています。
宝暦10(1760)年の作。


f0155048_23294839.jpg
北観音山でも青空に恵まれました。
この真木の松の下から2段目。鳩が飾られているんですよ~。


f0155048_23295892.jpg
こちらは八幡山。
紫織庵の真ん前に位置します。


f0155048_2330857.jpg
人気者の蟷螂山。
御車の鮮やかさもさることながら・・・


f0155048_23301188.jpg
やっぱりこのカマキリでしょう。
唯一、カラクリのある山。巡行の時は愛嬌ある動きを見せてくれます。


f0155048_233017100.jpg
四条傘鉾。
再建されて、まだ新しい傘鉾です。
巡行の際の子供たちの棒振り踊りで楽しませてもらえるんですよね~。


f0155048_23302157.jpg
これは何鉾でしょう?
ヒントは、中央の動物。
そう、月鉾です。やっぱり月には兎なんですよね。
ちなみに、この鉾に乗る稚児人形は於菟麿(おとまろ)くんと言います。兎の文字が入っていますね。


f0155048_23303868.jpg
綾傘鉾。
べっぴんさんの天女像に癒されます(^-^)。
棒振り囃しは勇壮で、祇園祭の山鉾の中でも最も長い隊列を誇ります。


f0155048_2330478.jpg
芦刈山は真木が立つのみでしたが、提灯に明かりが灯っていました。


f0155048_2331480.jpg
月鉾を道路越しに。
ビルと高さ比較しても、負けないくらいの高さがあることがわかります。


f0155048_23311290.jpg
さて、ここまで来たら・・・
お待ちかね、膳處漢ぽっちりが祇園祭限定で販売する「しみだれ豚まん」を食さずにはいられません(笑)


f0155048_23311584.jpg
お買い上げ~!
蒸したてでアッツアツでした。


f0155048_23311837.jpg
冷やしキュウリと冷やしトマトも美しく並べられています。ビールとキュウリで暑気払い!


f0155048_2333542.jpg
そして、やっぱりこれを聞かなくちゃ。
菊水鉾の祇園囃子です。


f0155048_23332516.jpg
笛方、太鼓方は大人の役目。そして鉦は子供の役目です。


f0155048_23334496.jpg
おじいさん、知り合いを見つけたのかいい笑顔でした(^-^)。


f0155048_2334088.jpg
最後は函谷鉾でも祇園囃子を聞いてから、電車のホームへ向かいました。


f0155048_2334674.jpg
暮れなずむ空にそびえる函谷鉾の鉾頭。

明日は巡行ですね。楽しみです。
by kwc_photo | 2013-07-16 12:20 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/20023304
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2013-07-16 17:29
大作をありがとうございます、バグース。
山鉾もいっぱいあるのですね、おらが町会の誇り、
失礼かな。
いよいよ明日が巡航ですね。
Commented by kanabo0319 at 2013-07-16 20:27
kanaboです。明日行ってきます。
Commented by prado9991 at 2013-07-16 20:33
こんばんは
私も宵々々山の朝から撮影しましたが、昼間の撮影はなんと初めてだったんですよ。
途中から豪雨に襲われ思うような撮影は、出来ませんでした。
Katsuさんの様に青空に恵まれれば良かったんですがね~。
Commented by violet-flow08e at 2013-07-16 23:18
こんばんわです。
青空にいろんな山鉾、いいですね〜。
あ〜、こちらにもしみだれ豚まんが・・・食べればよかった。
月鉾の先っぽ、すごい望遠ですね。
おおきく観たのは初めてです。
巡行いかれるんですね。今年は行けないので楽しみにしています。
Commented by 阿修羅王 at 2013-07-17 16:49 x
こんにちは。
昼間の様子もいいですね。来年は時間を作ろうと思います。
暑気払い、私はできませんでした。
タンドリーチキンも、凄い行列で諦めました。

お囃子は月鉾が好きです。
ちょっと威勢がいい感じで。
Commented by kwc_photo at 2013-07-17 23:18
>アラックさん
ホント、町衆の祭りなんですよね。祇園祭って。
今日も巡行を見ましたが、最後、新町の鉾町に帰ってきた
八幡山を、鉾町の皆さんが拍手で出迎えていたシーンを見て
改めてそう思いましたよ(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2013-07-17 23:18
>kanaboさん
お、今日の巡行、来られていたのですね~!
私も始発に乗って四条河原町へ行っていました。
今年はお天気が良すぎず、ちょっと楽でしたね。
Commented by kwc_photo at 2013-07-17 23:18
>pradoさん
14日、なかなか変化のある天候で翻弄されましたね。
私が京都入りしたときは青空だったんですよ。
これがどんどん怪しくなって、長刀鉾で大雨。
回復してから、またしばらく回って、これだけ撮りました(^-^)。
結局この日は傘を使わずに帰宅。ある意味これも晴れ男でしょうか(笑)
Commented by kwc_photo at 2013-07-17 23:18
>violetさん
あ、これは函谷鉾なんです。
月鉾は、この下の三角がないんですよね~。
300ミリで引っ張りました。
お昼間の鉾町めぐり、暑いですがおすすめですよ~。
山鉾巡行の予行演習みたいなものです(笑)
Commented by kwc_photo at 2013-07-17 23:18
>阿修羅王さん
昼間に鉾町を巡るのを結構楽しみにしているのですよ~。
夜は根性がないので、宵山にはとてもとても(笑)
なので、いつもフライング気味に提灯を見に行っています。
14日は、雨の前だったからか、しみだれ豚まんはすぐに
購入できたんですよ~(^-^)。

今日はお囃子をたっぷり聞いて、まだ耳に残っています。
今日はこの余韻のまま寝られそうです(笑)
Commented by 通りすがり at 2013-07-19 22:13 x
稚児人形ですが於兎丸(おとまる)くんと読みのではなく、
おとまろぎみと読みます。君はくんではなく偉い人のきみ
です。
八幡山ですが町に帰ってきた際、山の写真を撮るのでなく
芸舞妓の写真を取っているアホが一杯いました。さすがに
周囲の人が怒鳴りつけてました。
12時頃にならないと表に出てこないのに、10時半には既に
20人位が待機してました。困ったもんです。
当日は芸舞妓が4人プラス2人、仕込さんが2人と豪華でした。
Commented by kwc_photo at 2013-07-19 22:56
>通りすがりさん
あ、於菟丸じゃなくて、於菟麿くんでしたね。失礼しました。
昨年も一昨年もちゃんと書いていたのに、間違っちゃいました。
くん、は愛情込めて「くん」付けで呼んでみただけです(^-^)。
於菟麿さん、でもよかったんですがね。

八幡山、戻り鉾を見に行ったら、すごい人出でした。
舞妓さん、かわいらしかったですね。八幡山が帰ってきた時に、
鉾町の皆さんが拍手で出迎えていたのが感動的でした。
やっぱり町衆の誇り、なんですね。
Commented by 通りすがり at 2013-07-20 21:54 x
kwc_photoさま
すみません、つまらない突っ込みで。
わかってて「くん」と呼ぶのは構わないのですが、知らない人は
そう読むと勘違いしますので。

山が帰ってきたとき拍手で迎えるのが、町内に関係なくても礼儀
だと思います。北観音山の関係者がカメラマンの傍若無人ぶりに
怒ってました。
いくら舞妓ちゃんが可愛くても、次の山が来ているのに道の真ん中
で撮るのはあかんでしょう。
さすがに甲部No1の紗月ちゃん。8割以上のカメラが彼女に集中
してました。
Commented by kwc_photo at 2013-07-20 22:18
>通りすがりさん
巡行の記事では「さん」づけで書かせてもらうようにしました(^-^)。
誤字のご指摘は感謝です。嘉多丸、三光丸と丸がつく稚児人形さんが
続きますので、思わず・・ですね(笑)

八幡山の拍手は、本当に降り注ぐようで、感動すら覚えました。
やっぱりお祭りは町の皆さんのものですね。

私も紗月さんを撮影したクチですので(望遠でですが)
偉そうには言えないんですが(^^ゞ、確かに鉾が近づいても
白線の内側まで引かない人が目立ちましたね。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 2013 山鉾巡行(祇園祭)長刀鉾編 長刀鉾・豪雨(祇園祭) >>