祇園囃子はじまる
          
f0155048_183469.jpg
いよいよ始まりました!
鉾の上から聞こえてくる祇園囃子に、しばし酔いしれる夜でした(^-^)。






f0155048_1858100.jpg
菊水鉾。


f0155048_191640.jpg
月鉾。


f0155048_192582.jpg
郭巨山はまだ準備されていませんでしたが、誇らしげにこんな張り紙が(^-^)。


f0155048_193274.jpg
こちらは船鉾。


f0155048_193625.jpg
鉾建て中ですね。
釘を使わない、縄絡みと呼ばれる方法で誇の土台が組まれています。


f0155048_110288.jpg
鶏鉾が見えて来ました。


f0155048_110317.jpg
高い!見上げる鉾頭は、はるか闇の中です。


f0155048_1104660.jpg
菊水鉾も負けてません。
高いなぁ。


f0155048_1114100.jpg



f0155048_1112252.jpg



f0155048_113688.jpg



f0155048_1125855.jpg
車輪には、誇らしげな菊の模様が。


f0155048_11126100.jpg
函谷鉾へやってくると、祇園囃子が始まりました。


f0155048_1113094.jpg
やはりこの音色を聞くと、祇園祭がやってきたなぁと感じますね。


f0155048_1113390.jpg
笛の音が夜空に響きます。


f0155048_1114583.jpg
美しい音色、そして提灯に彩られた鉾。
祭り本番の到来を、肌で感じました。


せっかくですので、祇園祭の雰囲気を少しだけ動画で。




f0155048_1131673.jpg
忘れてならないのはこの長刀鉾。
祇園祭のメインとも言える、一番位の高い鉾です。
装飾品が見事。


f0155048_1132290.jpg
屋根の裏の部分にもたくさんの鳥が描かれています。


f0155048_1132875.jpg
縄絡みもしっかりしています。
生稚児さんが乗る、唯一の鉾。この麦縄が鉾の揺れを支えてくれます。


f0155048_113399.jpg
放下鉾は懸装品がまだ飾られていない状態。
鉾建の様子がよくわかります。


f0155048_1134461.jpg
さっきの船鉾と、似ているようでまた違う。
縄絡みの技法も、鉾によって違うのだそうです。


f0155048_1135229.jpg
そして、古い材木には、こんな文字。
誰かさんの苗字じゃないですよ。鉾を建てるときの材木の方角と場所が書かれているんです。


f0155048_1142629.jpg
さぁ、最後に月鉾にやって来ました。



f0155048_1145369.jpg
こちらは名誉冠の樽が積み上げられています(^-^)。


f0155048_11549.jpg
明日は雨の予報。
懸装品を守るビニールの覆いをしっかりと掛けていきます。
背中の文字と模様がかっこいいですね。


f0155048_115319.jpg
夜が更けていきます。
明日以降は、すごい人出でしょうね。
暑さに気をつけて、祇園祭を楽しみましょう。
by kwc_photo | 2013-07-13 01:38 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/20005309
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pengini at 2013-07-13 05:10
おはようございます。
祇園祭のメインがいよいよ始まりましたね。
本日は、皆さんいろいろと繰り出されるのでしょうね。
私は本日仕事&用事の為、行けません。(TT)
皆さんのレポートを楽しみにしています。
Commented by arak_okano at 2013-07-13 05:36
祇園祭りですね、夏ですね、いよいよですね。
暑く熱いですね。
山鉾は出来ている物だと思っていたら、毎年
作るのですね、その情熱と技術にバグース。
Commented by ei at 2013-07-13 08:52 x
昨日午前中、所用で京都へ出かけたついでに、この界隈を歩きました。
殆どがまだ骨組み状態でしたが、夜には灯りが点きましたね。
今日はバテてしまっていますので(笑) 明日の夜に又覗きます。
Commented by たーや at 2013-07-13 09:13 x
おはようございます!
素敵ですね~、こんな時期に見れるのは最高です。
混雑がなくてゆっくり撮影できそう!
私は連休中に攻め込みます(笑
討ち死にしない程度に頑張ります。
関東からの仲間とともに現れます。
Commented by 阿修羅王 at 2013-07-13 15:14 x
雷雨が続いている市内です。
今頃皆さん、ひやひやされていることでしょうね。

郭巨山と船鉾は今年はぜひとも拝見したいところですが、
リクエストだけしておきます。
郭巨山の山一番は、この春結婚されたばかりの男性が
「お前は新婚やから縁起がいい」と、引き当てたとか。
2年続けては本当に縁起のよい山ですね。
Commented by London Caller at 2013-07-13 18:45 x
祇園祭はほんとうにすばらしいですね!
夜の提灯もきれいです。
Commented by violet-flow08e at 2013-07-13 19:28
こんばんわです。
おお〜、もう点灯してるんですね。しかも人少なさそうでいいですね。
12日の昼に若干見に行ってました。
めっちゃ綺麗ですね。夜の撮影の仕方とってもご教授していただきたいです(>_<)
Commented by kwc_photo at 2013-07-13 20:30
>penginiさん
今日もまだ屋台などは出ていないはずですが、昨晩と
同じ感じで、祭りの雰囲気が楽しめると思います。
ちょっと大雨でしたので、どうなったか心配ですが・・・
ビニールを昨晩かぶせておられたので、そのままになる
のかなぁと思います。明日も雨が降る予報ですし・・。
巡航当日は降らないことを祈りたいですね。
Commented by kwc_photo at 2013-07-13 20:30
>アラックさん
ついに本番が近づいて来ましたよ~。
山鉾は、巡行後は一気に解体されてしまうんです。
巡行で集めた厄を払うためだそうです。
なので、毎年組み立てられるんですが、これを見るのも
一つの楽しみになっています。なかなかお昼間に出かける
のは難しいんですけどね~。
Commented by kwc_photo at 2013-07-13 20:31
>eiさん
鉾建中の山鉾を見るのも楽しいですね。こんな風に
組まれているんだ!という仕組みが見えて。
昨晩は提灯にも明かりが灯りましたので、すっかり雰囲気は
お祭りモードに。そこへ祇園囃子ですから、もう最高ですね。
Commented by kwc_photo at 2013-07-13 20:31
>たーやさん
12日のフライング気味の訪問は久しぶりです。
ちょうど市内出勤だったもので、行って来ました。
人はそこそこいましたが、宵々山などと比べると
ものすごく少ないですので楽々歩けます。

連休中はkirafuneさんがこられるとか。
宵山に繰り出すことになるんでしょうかね?
私は出勤なので、夜のお祭りを楽しむのは難しそうです(-。-;)
Commented by kwc_photo at 2013-07-13 20:31
>阿修羅王さん
今日は北からすごい雷雨がやってきましたよ。
なんと城陽は局地的大雨に見まわれて、一気に冠水し、
うちの家の前の溝蓋もめくれ上がるくらい、すごい水量
でした。被害がまた出てしまったのでは・・・という
気がします。

郭巨山、二年連続というのはすごいですよね。
なるほど、新婚さんだったのですか。こりゃぁ縁起がいい!
Commented by kwc_photo at 2013-07-13 20:31
>London Callerさん
祇園祭の本番が近づいて来ましたね~。
一人勝手に盛り上がってはいたものの、やっぱり現地で
祇園囃子を聞かないことには、なんですよね~(笑)
Commented by kwc_photo at 2013-07-13 20:31
>violetさん
ふふ、12,13日は結構狙い目なんですよ。
ただ、まだ鉾建中のものも多いですけどね。
祇園囃子は7月に入ったら練習されていますから、
鉾がたったら、すぐお披露目してもらえます。
情緒たっぷりの通りを歩きましたよ~。
Commented by prado9991 at 2013-07-13 21:55
こんばんは
宵山前だとこんなにスイスイ撮れるんですね。
私は混雑も祭りの一部と思っていて宵山しか行った事がありませんが、これもブラブラしながら撮るのには良いですね。
祭囃子が聞こえると一気に雰囲気が盛り上がりますね。
Commented by kwc_photo at 2013-07-14 00:03
>pradoさん
そうなんですよ~。まぁ、それなりに人出はありますが、宵々山以降の
あの感じと比べると、1/3くらいの人出に感じます。
鉾建も見たかったのですが、12日ならその余韻も感じられて
その上お囃子も始まるので、一足早いお祭り気分が満喫できますね。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 紫陽花咲く智積院 サツキ咲くお庭(詩仙堂・後編) >>