沙羅の花を愛でる会(妙心寺塔頭・東林院)
          
f0155048_21591219.jpg
今年も行って参りました。
東林院「沙羅の花を愛でる会」です。

(※6/30をもって「沙羅の花を愛でる会」は終了しています)



f0155048_21591698.jpg
9:30の開門前に間に合いました。
やっぱりここは一番がいいですよね(^-^)。


f0155048_22191689.jpg
夏空が広がる日。
あまり晴れないほうがいいんだけどなぁ(笑)


f0155048_2159257.jpg
一瞬の静寂。
やっぱりこのカットは朝一番がいいですね。


f0155048_21594418.jpg
そして、ニンマリしたのは、この花の多さ。


f0155048_21594126.jpg
たくさんの花が、前日の雨も手伝ってか苔の上にいっぱいです。


f0155048_220371.jpg
住職がおっしゃいました。
「昨日の雨、今日のお天気。沙羅の花を見るのに最高の一日です。」
ほどよく雲が出て、いい光の加減になってきました。ホントに最高(^-^)。


f0155048_2201484.jpg
まずはお茶とお茶菓子を頂きます。
お茶菓子は沙羅の花をイメージしたもので、美味。


f0155048_2215187.jpg
さぁ、お庭をじっくり楽しんでいきますよ~。


f0155048_222957.jpg
昨日の雨で、苔も青くなり、また地面が冷えたことで、落ちた沙羅の花が茶色く変色するスピードが鈍るそうです。
なるほど、雨の翌日が良いわけですね。


f0155048_2224187.jpg
それにしてもたくさんの花が落ちています。
いい日に来たなぁ。

f0155048_2242986.jpg
木で咲いている花も美しいのですが・・・


f0155048_2251749.jpg
やはり「地面に咲く」かのように落ちる花のさまが美しいですね。


f0155048_22233242.jpg
岩に咲くもよし。


f0155048_226923.jpg



f0155048_2285878.jpg
苔に咲くもよし。


f0155048_22253267.jpg



f0155048_2291519.jpg
ご住職のお話が始まりました。


f0155048_22102022.jpg
ウイットに富んだ、そして、気付きの多いお話。
よい研修になりました(^-^)。


f0155048_22105514.jpg
石仏様も沙羅の花に彩られて楽しそう。


f0155048_22114044.jpg
8年前に枯れた沙羅の大樹の幹は撤去されましたが・・・

f0155048_22122630.jpg
その子どもたちが11本前庭に植えられ、年々花の数を増しているそうです。



f0155048_2216769.jpg
おかげで、こうやって庭一面に散る沙羅の花を楽しむことができますね。


f0155048_2217763.jpg



f0155048_2227982.jpg



f0155048_22173728.jpg
まだ昨晩の雨の潤いが残るお庭で、目を楽しませてくれた沙羅の花。


f0155048_22182629.jpg
願わくば来年も、その次の年も、こうやってたくさんの花をつけてほしい。


f0155048_2219499.jpg
そう願いつつ、東林院を後にしました。


f0155048_22193014.jpg
おまけ。
帰り道の大心院にて。
ノウゼンカズラが大木に巻き付いて、見事なオレンジ色のツリーになっていました。すごい!
by kwc_photo | 2013-06-30 21:36 | 京都(Kyoto) | Trackback(2) | Comments(16)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/19921856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from THE PHOTO DI.. at 2013-06-30 23:47
タイトル : 諸行無常の響あり!  ~沙羅双樹のお寺 東林院~
妙心寺の塔頭 東林院では今日まで沙羅の花を愛でる会が行こなわれていました。 苔庭に落ちる沙羅の花、儚くもあり美しいものですね。 住職の法話に耳を傾けながらなんとも穏やかな時間が流れていました。 LENS/ EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM EF 85mm F1.8 USM EF 35mm F2 CAMERA/ EOS 5D MarkⅢ... more
Tracked from 京都写真(Kyoto P.. at 2013-07-04 00:34
タイトル : 東林院(妙心寺塔頭)
沙羅双樹の寺へ 毎年訪れている沙羅双樹の寺・東林院。 今年は2回しか訪れる事が出来ませんでしたが 受付のおばちゃんとおっちゃんも毎年通っていると すっかり顔なじみになっています。 受付の際にお抹茶の接待の為に名前を聞かれるのですが、 何も言わなくても自動的に名前を書いてくれていました(笑) 開門時間を迎えて、一度閉じられていた山門が開かれます。 矢印に沿って石畳を進んでいくと 銀盃草が綺麗に咲いていました。 方丈へと入っていきます。まず抹茶のお接...... more
Commented by fumiko2011 at 2013-06-30 22:28
沙羅の花、きれいですね~。下に落ちたら今度は地面を彩るなんて。お茶菓子とお茶もしばらく見つめてしまいました。(笑)
Commented by prado9991 at 2013-06-30 23:27
こんばんは
被っちゃいましたね~。
でも、ここはどうしても行きたい所ですよね。
住職の法話もユーモアたっぷりで面白く聞き入っていました。
私もあの嵐の翌日でしたのでたくさん落ちていてくれて本当に良かったです。
↓の鹿王院も良いですね。
Commented by violet-flow08e at 2013-07-01 01:19
こんばんわです。
落ちてもなお人の心を和ませる・・
落ちても綺麗ですね。
前日の天候や気候でいろいろ左右される・・
まさに奇跡ですね。すばらしい瞬間のお写真ありがとうございます。
Commented by youpv at 2013-07-01 04:19
おはようございます~。
私も後日アップしますが
やっぱりここは外せませんね(^^)
法話を聞いていると、色々と現代の話や
「今でしょ」ネタも入っていて、面白かったです(^^)
Commented by arak_okano at 2013-07-01 06:53
おはようございます、アラックです。私も撮りたいです、話を聞きたいです、素晴らしい時間にバグース。
Commented by lecouple at 2013-07-01 07:00 x
おはようございます。
沙羅双樹、やはりこちらは見事の一言ですね。
週の初めに心洗われる情景を見させて戴きました。
今年は、ここに行けなかったので、色々な方々のブログで楽しませて貰っています。
Commented by たーや at 2013-07-01 09:18 x
おはようございます!
終盤はたくさん落ちていますね。
毎年恒例の研修会、ゆっくり時間をかけて楽しみたいですね。
雨も増えたので苔の彩が綺麗です!いいなあ~
夏の京都もどこかで!またよろしくお願いします。
Commented by belgium44 at 2013-07-01 15:07
こんにちは~♪
綺麗な苔に、沢山の沙羅の花が落ちていてい美しいですね。
沙羅双樹なら、やっぱりこちらに行きたかったのですが
行けなかったので、たっぷり見ることができてよかったです。
住職さんの仰る通り、最高の条件だったのですね。
生菓子も美しくて見て楽しんで食べて楽しんでですね。
Commented by kwc_photo at 2013-07-01 21:49
>fumikoさん
沙羅の花の美しさは、やっぱり落ちた花の風情ですね。
コケの彩りとなるも、岩の彩りとなるも、本当に味のある
花です。やはりこの時期の風物詩ですね。
お茶菓子もお茶も、とってもおいしいですよ。
Commented by kwc_photo at 2013-07-01 21:49
>pradoさん
偶然の賜物というか、今年は半ばあきらめていたのですが、
いい日に巡りあわせて行けました。なんせ都落ち出勤な
もので(笑)、日々みやこの四季を気にしつつ過ごして
いますよ(^-^)。
鹿王院も思いがけずたくさん落ちていて、良かったです。
Commented by kwc_photo at 2013-07-01 21:49
>violetさん
生きながらにして落ちる、落ちてなお生きる。
今を懸命に生きて、全うして落ちる。
いろいろな見方ができる花だけに、お寺にピッタリ。
このお花にちなんだ法話も味があって素敵でした(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2013-07-01 21:49
>youpvさん
もちろん行っておられましたよね(^-^)。
私もいけるかどうかと思っていたのですが、思いがけず
市内出勤の日があって、ラッキーでした。
まさにこれぞ「今でしょ!」でした(笑)
Commented by kwc_photo at 2013-07-01 21:49
>アラックさん
会期が短いですが、シーズンを狙ってこられれば、
バッチリ楽しめますよ~。来年はぜひ6月後半に!
ちょいと拝観料が張りますが、値打ちはあります。
Commented by kwc_photo at 2013-07-01 21:49
>lecoupleさん
ここの沙羅の花は、やっぱり見応えがありますね。
他でも咲いていますが、やっぱりこちらがいいなぁって
思ってしまいます。お茶、ご住職のお話もセットで
「沙羅の花を愛でる会」だなぁと感じますね。
平日にいけたのもラッキーでした(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2013-07-01 21:50
>たーやさん
ふふ、ホント毎年恒例の研修会!な感じです。
ご住職、きっとこの会のためにお話をねりに練っている
のだろうなぁって思います。途中で何度も笑いました。
花を見ている、花も見ている、もいいですね。
今できることを、今、懸命に。心がけたいです(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2013-07-01 21:50
>さおりさん
沙羅の花の見頃に訪れることができてラッキーでした。
雨の後が花がたくさん落ちていていいのかな、と単純に
考えていたのですが、ご住職のおっしゃるとおり、地面が
冷えてくれたことで、落ちた花の鮮度が保たれるというのは
なるほど!でした。
お菓子もお茶も美味しかったです(^-^)。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 雨上がりの空に(長岡天満宮) サツキ咲くお庭(詩仙堂・前編) >>